000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

さすらいのダイバー しもちゃん旅行記

沖縄リベンジ! 沖縄本島編

 沖縄リベンジ! 沖縄本島編

     首里城の入り口、守礼門です。

 期間:~10月29日(月)~30日(火) (6日目~7日目)   

 朝食の席で隣り合った男と意気投合してしまい、一緒に首里城に行くことになった。
 こういうのも、素泊まりの宿ならではの事だろう。急なパートナーの出現も悪くないよね。
 
 路線バスに乗って首里城公園に到着~♪。初めてやって来たので、とっても楽しみ~♪
 守礼門を抜けて歩いていくと、巨大な城壁に圧倒されてしまった。さらに石の階段を
 上っていくと、高台からの景色が気持ちいい。晴れると、慶良間諸島まで見えるのだそう。
 琉球国王の生活の場所である正殿には、豪華絢爛に再現されたウサスカというのがあって、
 「ここから御庭を見下ろしていたんだなぁ。」と、王様になった気分で眺めていました。
 王様の衣装を借りてきて、ここに立ってみたいねぇ。

 首里城公園ホームページ
 
 首里城公園から出て、『金城町の石畳道』を歩いていく。石畳だけでも風情があるのに
 どこからか聞こえてくる三線の音が、より一層、風情を盛り上げてくれて、い~感じ。
 途中で道を曲がると、アカギの大木が、市街地とは思えないほど生い茂っていました。
 (実は、国指定天然記念物でした。)
 「こういう所にキムジナーがいるのかな?」なぁ~んて考えてみたりして。
 残念ながらキジムナーはいなかったけど、蚊がいていっぱい刺されてしまった。あ~カユイ。

 石畳道を下りきった所でお腹が空いたので、沖縄そばでも食べに行こうと思ったら、
 一緒にやって来た男が、飛行機に間に合わなくなるというので、バス停で時刻表を見ると・・・
 ・・・次にやってくるのは1時間後。大きな道路まで歩いて、やっとバスに乗れました。
 (ここはバスの本数が少ない(30~70分間隔)ので、首里城公園に戻るのが正解らしい。)

首里城正殿。きれいですねぇ。    金城町の石畳です。


 那覇バスターミナルで別れた後、私は昼飯を食べる間も無く高速バスに飛び乗った。
 本部町にある、おいしい沖縄そば屋『きしもと食堂』に行くためである。
 さらに名護バスターミナルでバスを乗り換えて、本部町に着いたのは14時を過ぎていた。
 国道沿いを歩きながら店を探したが、ぜんぜん見つからない。国道から少し入った住宅街を
 戻っていくとやっと発見。苦労してたどり着いた沖縄そばは、すっごいおいしかったぁ~。
 (でも、お腹が空いていたので、大盛りを頼めば良かった・・・。)

 インターネットウルマ 『きしもと食堂』

 高いバス代をかけてやってきて、すぐ那覇に戻るのももったいないので、やってきたのが今帰仁城跡。
 バスを降りて歩いていると、学校帰りの子供たちが「こんにちはっ。」と声をかけてくれる。
 (渡嘉敷島もそうだったけど、沖縄の子供は素直でいいやねぇ~。)
 ちょっと照れながらも、買ってあった天ぷらを食べながら坂道を歩いていくと、やっと城壁が。
 入場料を払って、さらに長い石段を上がっていくと、広大な城跡が見渡せる頂上に出ました。
 遠くにはきれいな海も眺められて、いやぁ~絶景だねぇ~♪

 今帰仁城ホームページ

 今帰仁城跡の頂上からの眺め。    今帰仁城跡、上ってきた石段。長いよ~。

 頂上にある祠では、地元のおばぁがお供えをしてお参りをしていました。
 尋ねてみると、昔、このあたりを統治した北山王の月命日?と言っていたような気が・・・。
 (方言で早口で言われたので、聞き取れなかった。)
 現在でも昔の王様を(しかも統一国王ではない。)を讃えている・・・、そんな姿を見て
 一瞬だけど、悠久の歴史の流れに触れた気がしました。

 すっかり日も暮れて、今帰仁→名護→那覇と(居眠りしていて、運転手に起こされた(^^ゞ)
 バスを乗り継いで戻ってきた。
 途中で、北谷の『ハンビーフリーマーケット』にも寄ってきたけど、週末じゃないので
 店もチラホラ。それでも、激安のアクセサリー屋とか怪しいモノも売っている店もあって
 なかなか楽しめました。ぜひ週末の賑わっている時に来てみたいねぇ。

 インターネットウルマ ハンビーナイトマーケット

 晩ご飯は、栄町市場にあるおでん屋『東大』にやって来ました。
 『インターネットうるま』に載っていて、絶対に来ようと思っていた店のひとつ。
 店の玄関は怪しさたっぷりだけど、中は普通のお店でした。
 もちろん、定番のミミガーも、テビチ入りのおでんもうまい!そして、なにより店の雰囲気がいい。
 始めて来たお店じゃ無いような気がして、とっても居心地が良かった。
 常連のおじさんから泡盛もごちそうになったりしちゃって、とても楽しいひとときでした。

 インターネットウルマ おでん屋『東大』


北谷・ハンビー地区のアクセサリー屋。   おでんとミミガーが絶品!おでん屋『東大』

 そして翌朝。とうとう沖縄を離れる日。
 またまた宿で知り合った人と、国際通り郵便局にある三線屋にやって来ました。
 もちろん、三線を買うためにです。
 所長さんとは、2日前に上の居酒屋で会っていたので、すでに三線が準備してありました。
 持って帰りたかったけど、ダイビングの荷物がかさばっていたので、隣の郵便局で送って
 もらう事に。(この三線屋は、現在、平和通りに引っ越ししました。)
 一緒に来た人も、三線を体験することが出来て喜んでいました。

 宮里三線店ホームページ
 
 店を出て国際通りを歩いていると、久米島のダイビングサービスで一緒だった夫婦とばったり。
 三線の話をすると、「私も体験したい。」という事で、また三線屋で無料体験させてもらいました。
 その後、一緒に牧志公設市場そばのスーパーに行き、レトルトの山羊汁などを買いあさり。
 (自分用のおみやげ)、あとは、友人達のおみやげを購入し空港に向かったのでした。
 

 ←久米島編4に戻る




Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.