1349396 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

形成外科医のアメリカ留学計画

PR

全795件 (795件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 80 >

2012.05.12
XML






Last updated  2012.05.12 08:49:28
コメント(3) | コメントを書く


2012.04.30
カテゴリ:■救命救急関連
9784758106665.jpg

ICU実践ハンドブック
病態ごとの治療・管理の進め方

清水 敬樹 /編
定価 6500円+税
ISBN 9784758106665






Last updated  2012.05.01 02:37:01
コメント(0) | コメントを書く
2012.04.07
カテゴリ:■救命救急関連
壊死性筋膜炎 necrotizing fasciitis

■定義・病態
浅筋膜(皮下組織、深筋膜周囲組織)の壊死が本態
・陰部に発症した場合はフルニエ壊疽

■症状
・局所の疼痛・紅斑・腫脹ではじまり、水疱(血疱)・紫斑・壊死へ移行する
・局所病変が急速に広がるのが特徴
・重症例では敗血症,DIC,MOF,ショックへ移行

■起因菌
A群溶血性連鎖球菌(溶連菌)および嫌気性・好気性菌の混合感染
・A群β溶連菌は特に急速進行型であり"人食いバクテリア"と呼ばれる

■診断
・CT・MRIが有効
・血液培養、創部培養
・溶連菌迅速診断検査

■治療
・切開排膿、デブリードマン
・抗菌剤投与(グラム染色でグラム陽性の連鎖球菌→ペニシリン系抗菌薬,確認できなかった場合→広域スペクトルの抗菌薬)
・重症例ではガンマグロブリンも

※抗生剤の具体例
1.溶血性連鎖球菌の場合
処方例(下記のいずれか)
1)ビクシリン 注 1日4-8g 3-4回に分けて点滴静注
2)ペントシリン 注 1日4-8g 3-4回に分けて点滴静注
 あるいは,1)ないし2)の常用量(1日4g)に3)を併用する
3)ダラシンS 注 1日1,200mg 2回に分けて点滴静注

2.溶血性連鎖球菌以外の場合
処方例(下記のいずれか).
1)カルベニン 注 1日1-2g 3-4回に分けて点滴静注
2)メロペン 注 1日1-2g 3-4回に分けて点滴静注
 あるいは,1)ないし2)の常用量(1g/日)に3),4)のいずれかを併用する.
3)ペントシリン 注 1日3-4g 3-4回に分けて点滴静注
4)ダラシンS 注 1日1,200mg 2回に分けて点滴静注

■まとめ
・壊死性筋膜炎は浅筋膜壊死がその本態
・局所の疼痛・紅斑・腫脹が水疱(血疱)・紫斑・壊死になり、急速に広がる
・治療は外科的デブリードマンが基本
・抗生剤選択:G染色でG+連鎖球菌→PC系抗菌薬,そうでなければ広域スペクトルの抗菌薬






Last updated  2012.04.07 21:18:15
コメント(1) | コメントを書く
カテゴリ:■学会関連
15th International Course on Perforator Flaps

■November 29-December 2, 2012
■New York: NYU Langone Medical Center






Last updated  2012.04.07 08:33:59
コメント(0) | コメントを書く
2012.03.23
カテゴリ:☆日記
今晩は長庚大学形成外科による歓迎食事会。
長庚大学から車で5分の距離にあるグランドホテルのレストラン。

THE GRAND HOTEL KAOHSIUNG

P1100475_3.jpg  P1100474_3.jpg






Last updated  2012.03.24 01:07:32
コメント(1) | コメントを書く
カテゴリ:☆日記
KCCに交渉してUofMのIDを維持することができることになった。

UM-IDがあればミシガン大学の電子図書館にアクセスできるため、
論文のPDFが今まで通り入手することが可能になる。






Last updated  2012.03.24 00:21:22
コメント(0) | コメントを書く
2012.03.22
カテゴリ:☆日記
今日は、高雄長庚大学形成外科の朝カンファレンスで
穿通枝プロペラ皮弁に関してプレゼンテーションをした。

同医局の教授であるDr Kuoは
世界のTop medical schoolとの医局間交流、講演依頼、若手Drの留学を通して
自分の医局のWeak Pointsを強くしていこうという意識が非常に高い。


午後はDr Linが美容外科手術(重瞼術)をするとのことで
美容外科施設、手術を見学させてもらった。

P1100457_2.jpg

台湾のDrは美容外科手術の技術を勉強するために
韓国まで講習を受けにいくとのこと。
1つのコース(例えば隆鼻術)が約2000$するため、
医局のなかで美容外科を専門にしたい英語のできるDrが
韓国まで勉強しに行き、それを医局のスタッフに教えているそうだ。

若手Drは頭頚部再建手術で忙しいため、
美容外科手術に携わるのは講師以上のDrが多いとのこと。

大学病院における美容外科の教育システムをどうするか
日本でも時々話題になるが、現実的且つ有益な方法と思う。






Last updated  2012.03.24 00:56:08
コメント(1) | コメントを書く
2012.03.21
カテゴリ:☆日記
今日は、友人の誘いで
義大医院整形外科の食事会に参加させてもらった。

整形外科/外傷/マイクロの分野で世界的に有名な
Prof Yuan-Kun Tuにお会いすることができた。
突然の訪問にも関わらず
教授・医局員は皆とてもフレンドリーで、
明るく勢いのある医局という印象を受けた。


ちなみに台湾、中国では
整形外科のことを"骨科"といい、
形成外科のことを"整形外科"という。
日本人から見るととてもややこしい。

P1100250_5.jpg







Last updated  2012.03.24 02:04:26
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:☆日記
P1100440.jpg
左奥に見えるのが高雄85ビル。高雄市で最も高い建造物。

P1100360.jpg
高雄は台湾最大のコンテナ港であり、多くの大型船が往来する。

P1100296.jpg
なぜか日本人に人気があるという寺院。龍の口から入って、寅の口から出ると運気が上がるとのこと。

P1100319.jpg
世界で2番目に綺麗な地下鉄駅。1番はフランスにあるとのこと。

P1100345_2.jpg
牛肉麺。






Last updated  2012.03.24 01:36:35
コメント(0) | コメントを書く
P1100423_3.jpg






Last updated  2012.03.24 01:22:05
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全795件 (795件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 80 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.