1331446 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

形成外科医のアメリカ留学計画

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


shimpei-ono-PRS

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

Dr 1496@ Re:de Quervain syndromeの生じる第1コンパートメントの解剖(11/25) 本日の業務にて、当然ページを参考にさせ…
Anita@ Re:手の外科 参考書(10/08) Please links of download. Thanksss
コロ助@ Re:精密頭蓋骨模型 HUMAN BODY(05/12) すごーーーーーーーーーーーーーーーーい…
#geddasnnick[Ksjzengfdczkbioeb]@ Re:12/01/21 ???????????? (2)(01/21) <a href="http://www.nsskating.n…
#geddasnnick[Ksjzengfdczkbioeb]@ Re:???????????????(11/06) <a href="http://www.nsskating.n…

Freepage List

Headline News

2010.09.20
XML
Latissimus dorsi muscle transfer 広背筋(皮)弁/手術予習

◆Anatomy
-Blood supply: Thoracodorsal A&V
-Consistent long pedicle: up to 10-15cm
-下端が腸骨稜から上5cmより末梢では血行が不安定になる

RIMG0079_3.jpg
-Subscapular A→背面にCircumflex Scapular A(CSA)を分岐→Thoracodorsal Aとなり広背筋枝と前鋸筋枝に分かれる
-free flapとして用いる場合、通常はSubscapular Aレベルで切断する

RIMG0080_2.jpg
-(1)中腋窩線、(2)広背筋起始部と肩甲骨下端を結ぶ線の間に広背筋は存在する
-皮島はこの広背筋上に作成すれば血行に問題ない
-幅≦8~10cmであれば単純縫縮可能

◆Indication
-Optimal for small to very large upper extremity wounds
-Excellent for free functional tissue transfer

◆Advantages
-Large, Broad flap
-Can take segmental area of flap
-Can be used as a free functional muscle transfer for large volar forearm injuries when hand reinnervation and wrist powering are required
-Sensory flapとして挙上可能(肋間神経後枝の皮枝を含める)

◆Operative procedure

RIMG0082.jpg
(1) 体位=側臥位

RIMG0083_2.jpg
(2) 広背筋前縁を見つける

RIMG0084_2.jpg
(3) 広背筋前縁を翻転し、血管茎を確認する
-広背筋の裏面に胸背動脈の広背筋枝が何本かに分かれながら走行している

RIMG0085.jpg
(4) 広背筋全体を剥離する
※広背筋と大円筋の境界に注意する

RIMG0086.jpg
(5) 胸背動脈の分岐部を確認する
-前鋸筋枝を結紮し、胸背動脈を中枢に向かって剥離する

RIMG0087.jpg
(6) 広背筋付着部(中枢端)を切離する→神経血管茎のみで栄養された状態に
-さらに神経血管茎を中枢に剥離し、血管茎長を確保する

RIMG0088.jpg
整容的ドナーの工夫=皮島を二分割する






Last updated  2010.09.20 12:16:34
コメント(3) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.