1347148 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

形成外科医のアメリカ留学計画

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


shimpei-ono-PRS

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

Dr 1496@ Re:de Quervain syndromeの生じる第1コンパートメントの解剖(11/25) 本日の業務にて、当然ページを参考にさせ…
Anita@ Re:手の外科 参考書(10/08) Please links of download. Thanksss
コロ助@ Re:精密頭蓋骨模型 HUMAN BODY(05/12) すごーーーーーーーーーーーーーーーーい…
#geddasnnick[Ksjzengfdczkbioeb]@ Re:12/01/21 ???????????? (2)(01/21) <a href="http://www.nsskating.n…
#geddasnnick[Ksjzengfdczkbioeb]@ Re:???????????????(11/06) <a href="http://www.nsskating.n…

Freepage List

Headline News

2011.11.25
XML
de Quervain syndromeの生じる第1コンパートメントの解剖

■1st compartmentの位置
extensor tendons.jpg
→1st compartmentは橈骨の橈側面に位置する
→1st compartment内にははAPLEPBが走行する
→1st compartmentに生じる狭窄性腱鞘炎のことをde Quervain syndromeと呼ぶ

■APL、EPB、EPLの位置関係
F1.medium.jpg
(Ref 1より)

■APL: abductor pollicis lomgus
・機能:母指CMCJにおける母指の外転&伸展
・解剖:変異が多いことで有名
→腱数が複数(1-5本)あり、停止部も様々
→2本で第1中手骨骨底に停止するパターンが最も多い

■EPB: extensor pollicis brevis
・機能:母指MCPJにおける伸展
・解剖:
→腱数は1本で第1基節骨骨底に停止する
→5-7%でEPBは欠損
→snuff boxの橈側壁を形成している

■APL-EPB間の隔壁の存在
・1st compartment内でAPL・EPBがそれぞれ別々の腱鞘内に存在するのが1/3に見られる

■参考文献
1. Ilyas AM, Ast M, Schaffer AA, Thoder J. De quervain tenosynovitis of the wrist. J Am Acad Orthop Surg 2007;15:757-764.
2. 上羽康夫. 手 その機能と解剖(金芳堂)

■まとめ
・APBは解剖学的変異が多い腱
・APBは腱の数が2本ある場合が1番多く、腱停止部も様々(基本的には第1中手骨骨底)
・EPBは基本的には1本で第1基節骨骨底に停止する
・APLーEPB間に隔壁を認めることがあり(1/3)、de Quervain治療の際に注意が必要






Last updated  2011.11.25 09:06:16
コメント(1) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:de Quervain syndromeの生じる第1コンパートメントの解剖(11/25)   Dr 1496 さん
本日の業務にて、当然ページを参考にさせて頂きました。
ありがとうございます。 (2020.01.13 21:53:06)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.