000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SHINのわくわく広場

PR

X

全42件 (42件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

ナゴヤの見どころ

June 2, 2012
XML
カテゴリ:ナゴヤの見どころ

こんばんわ。今日は夕方から近くのスーパーに買い物に出かけたのですが

買い物を済ませ帰ろうと思い、出口のほうに行ってみると

バケツをひっくりかえしたような大雨が降っていたのでビックリ!

しょうがないので30分ほど館内で時間を潰し

様子をみていると

傘をささなくても帰れるような小雨になったので

「今や!」

大慌てで帰ってきたのですが

最近の天気の急変は本当、シャレにならないですよね~

さて、名古屋の旅ですが

今回初めてテレビ塔に登ってきました。

これまで名古屋には何回も行っているのに

オアシス21から見るのみに終わっていたスポット

名古屋の観光名所としては名古屋城の次に

思い浮かぶスポットでありながら

どうしてこれまで登っていなかったかというと

感覚的に

ここに一人で行くというのは

大阪で言うところの空中庭園に一人で行くようなものだと

いうのがあったので

さすがにそれはできないやろ・・・

こんなことで外から見ることはあっても

決して建物の中に入ることはなかったテレビ塔

だったのですが

今回行ってきた時間はOPEN直後の午前10時過ぎ

展望台に上がって

朝からカップルがチュッチュしていたらどうしようか?

なんてことを思いながら展望台に上がりましたが

実際はもちろん平日の朝からそんなことをしているカップルなど存在せず

来ていたのはオッチャン1人と学生の団体さんだけだったので

僕の心配していたことは全くの杞憂!

なんてことありませんでした(笑)

サンシャイン栄のスカイポート

サンシャイン栄のスカイポート 

柵越しではありましたがバッチリ撮れました。

この他に名駅方面はミッドランスクエアやルーセントタワー

方角は違うけれど名古屋城の景色もバッチリ見えました。

お次は屋上ではなく1フロア下の展望台から撮った景色ですが

オアシス21

テレビ塔からみたオアシス21 

パッと見、何かの展示物みたいだけど

実在する街並み

これまでオアシス21を上から見下ろせるような景色を

見たことがなかったので

これは値打ちがありましたねえ~

アナログ放送が終わり

テレビの電波塔としての役割は終えた

テレビ塔ですが

名古屋市内でこれだけの景色を堪能できるスポットは

なかなか無いと思うので

いつまでも名古屋のランドマークとして

残してほしい

これは素直にそう思いました。

ちなみにスカイツリーはテレビ塔の高さの5倍近くあるのだとか

135Mの高さでもけっこうな眺めを堪能できましたが

それの5倍近くの高さって

どんな感じなんだろう?

そう思わずにはいられませんでした。

皆さんも名古屋観光の際はテレビ塔に足を運んでみて下さい。

地下鉄の栄、久屋大通駅から徒歩圏内なので

アクセスも便利!オススメです。







Last updated  June 3, 2012 12:06:05 AM
コメント(2) | コメントを書く


May 31, 2012
カテゴリ:ナゴヤの見どころ

こんばんわ。先日、あるバラエティ番組で

男なら一度はやってみたいワイルドな事は?というのがやっていた。

バーでバーボンロックを飲んだ後、くしゃくしゃのドル札を

ポケットから無造作に出して

「釣りはいらねえぜ!」

とか

ポーカーで美人ディーラーにわざと負けてあげ

何も言わず立ち去る

しかし実は自分の手の方が上だった・・・

などということが取り上げられていましたが

自分ならば

彼女から電話がかかってきて

電話に出る時の第一声

「あ~もしもし 俺だあっ!!」

これは昔、僕が学生だったころ

バイト先の主任さんが実際にやっていた事なんだけど

どうですか?

バカみたいな事だけどなかなかできない事だと思いません?

で、電話を切る時

本当は今から彼女に会うのが嬉しくてたまらないのに

「たく!うるせえヤツだ!!」

これを周りに聞こえるような声で叫ぶんですわ(笑)

当時は笑いをこらえるのに必死やったけど

今思えばワイルドやなあ・・・と

ちなみに僕がもしこれを本当にやったとすると

相手の子にコンコンと説教されると思うので

恐らく・・・一生かかってもできないと思います。

何事も謙虚が一番・・・ですよね~(笑)

さて、名古屋の話の続きですが

時は5月24日の木曜日

この日は宿泊のホテルからほど近い

科学館に行く予定にしていました。

ここの名物はプラネタリウム

なんでも平日でも朝から行列ができるということで

それならば・・・と僕も並んでみようかな?と思ったのですが

その日は午前中の回が団体の貸切となっていて

時間的に合わなかったので

僕は午前中、お昼ご飯までの時間を使って

通常料金で入れるところだけを見ることに

しようと思っていたのですが・・・

9時前に科学館に到着すると

平日にもかかわらず既に並んでいる人が

「あれっ?今日って木曜日だよね」

「マジっすか・・・」

噂では聞いていたものの

心の中でそう思わずにはいられなかった

それでも列は100人も並んでいなかったので

まあプラネタリウム以外やったら見れるやろ・・・

こう思っていたのですが・・・

科学館の開門時間、9時半が近くなっていると

どこに隠れていたんや?と思うくらいの

学生の団体がドッとやってきて

プラネタリウムの列の最後尾に・・・

「おいおい!ウソやろ~」

名古屋市科学館 

写真ではわかりにくいけれど凄いことになっていました。

これを目の当たりにしたことで

今回は科学館に入ることを断念・・・

それならばと思い

近くにあるでんきの科学館に行こうと思ったのですが

ここは無料で入りやすいということもあったのか

学生の団体が来ていてごったがえしていたので

アカン・・・

これもオミットすることに。

これに伴い、お昼ご飯までの時間が白紙に・・・

このお昼ご飯を食べるところというのは

さきほどの科学館の近く

お店の名物となっているあるものを

絶対に食べたいと思っていたので

あまり遠くには行きたくない

この近くで・・・観光スポットとなっている所

どこか無いかな?と考えていると

「あっ!テレビ塔や!!」

と、いうことで

次回はこれまで名古屋に何回も行っておきながら

登ったことのないテレビ塔の話をカキコしたいと思います。

ただ、予定変更を余儀なくされたことで

実は伏見~栄は徒歩10分ほどで移動できるということを知ったので

またひとつ勉強になりました。

そして行列のできるプラネタリウム

いつかは・・・見てみたいものです。

 

 

 

 







Last updated  May 31, 2012 11:52:08 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 27, 2012
カテゴリ:ナゴヤの見どころ

こんばんわ。今日は競馬の日本ダービーというレースが行われましたが

応援しているディープブリランテという馬が優勝!

馬券も3連複をGETできたのでハッピーな一日となりました。

このブリランテ君、2歳時に東京スポーツ杯というレースを

圧勝した時はダービー最有力候補と言われていたのですが

近走は馬券圏内には必ず絡んでいるものの

最後の詰めが甘く、必ず何かに足元をすくわれるという

不本意なレースが続いていたので

「それでもこの馬がダービーを勝つんですよ!」

競馬好きの同僚にそう言うと

「いや~・・・ブリランテは思っているほど強くないで!!(笑)」

思いっきりバカにされ、悔しい思いをしていたのですが

久しぶりに強いブリランテ君が見れて本当によかった!

明日は休みですが、明後日!

同僚と会社で顔を合わせるのが楽しみです。(笑)

さて、名古屋の旅の続きですが

みそかつを堪能した後は

地下鉄東山線、本山駅から歩いてすぐのところにある

桃巌寺(とうがんじ)

このお寺の境内にある名古屋大彿とねむり弁天を見てきました。

名古屋大彿というのは全身が緑色の巨大な大仏様

京都、奈良のお寺をあちこち歩いても

そのような色の大仏様はまずいないので

実際見た感じがどのようなものなのか

とても楽しみにしていたんですよ。

看板の方向に沿って歩いていると

その姿が目の前に

名古屋 桃巌寺の名古屋大仏 

すんげえ~!!

なんか・・・見ればみるほど味のある大仏様だと思いませんか?

ただ、ここに行くにあたって注意点が2つ

季節柄なのか虫が多くて

半袖、短パン姿の僕はあちこちかまれまくって

この後、痒み止めの薬を買いにいかないといけないのでは?と思ったほど

また、この日は紫外線も強くて

露出している部分が一部赤くなってしまったので

こちらに行かれる際には長袖&短パンではないパンツを着用

そして線香が100円(これをお賽銭箱に入れる)なのですが

備え付けのマッチでは線香に火がつかないので

100円ライターを持ってお出かけされることをオススメします。

大仏様に参拝をした後は

いよいよ「ねむり弁天」を見せてもらうことに。

これは受付で1000円を払う必要があるのですが

料金を支払うとお寺の冊子とねむり弁天の写真を受け取ることができる。

建物の中に埋蔵されているありがたい置物

これはほとんどが撮影OKなのですが

唯一、ねむり弁天様だけが撮影NGなので

最初にお寺さんが撮影した写真を渡しているのだということ。

さて、中に入ってみると

これは芸術といっても過言ではない

ありがたいものがズラリと置かれていることにビックリ!

部屋の中には有名人のサイン色紙が飾られており

その中には若かりし日のトシちゃんの写真があったのでビックリ!

うまく撮影することができなかったので

ブログ掲載は見送りさせていただきましたが

アイドルブームの80年代

トシちゃんがあれだけの人気者になったことを考えると

「ここの神様ってメチャメチャ凄いのでは?」と

思わずにはいられませんでした。

唯一、見れる写真を1枚

名古屋 桃巌寺の巨大木魚 

この大きな木魚に片手を触れると

過去の悪事をきれいに洗い流してくれるとのこと。

それにしてもこれだけの立派な木魚(日本一の大きさ)

他じゃ絶対にお目にかかれないですよ~

あと、他にも書きたいことが色々とあるのですが

これ以上書くと宗教みたいになってしまうので

興味ある方は検索サイトなどで

調べてみてください。

さて、次回は名古屋グルメの登場!

「えっ!こんなものまで味噌で煮込むの?」というものを

食べてきたのですが

その「こんなもの・・・」とは一体何なのか?

どうか、お楽しみに~!!







Last updated  May 27, 2012 10:31:05 PM
コメント(2) | コメントを書く
March 25, 2012
カテゴリ:ナゴヤの見どころ

こんばんわ。3月もいよいよ最終週に突入ということで

そろそろ・・・春らしい気候になってほしいところでしたが

僕の住んでいる大阪

今日は真冬並みの寒さに加え

夕方には突然のにわか雨が降ってきて

風の冷たさが倍増・・・

この分だと梅に続いて

桜も・・・見る機会を逃がしてしまうのでは?と

思わずにはいられませんでした。

さて、名古屋旅のお話ですが

覚王山を後にした私は

次どこに行こうか?とガイドブックで検索した結果

東山線1本で行ける中村公園

ここに行ってみることにしました。

駅を降りて地上に上がると大きな鳥居がお出迎え

地下鉄 中村公園駅の鳥居

僕は関西に住んでいるので

巨大な鳥居は平安神宮のを見ているので

メチャメチャビックリするような事は無かったんだけど

よくよく考えてみると

駅降りてすぐのところにこの鳥居があって

鳥居の下、参拝するための歩行者道路ではなく

普通に車がバンバン通る車道というのは

ちょっと珍しいんじゃなかろうか?

そう思わずにはいられませんでした。

今、車が走っている進行方向と

逆の方向を向いて歩いて行くと

豊臣秀吉誕生の地である

豊国神社があります。

ここは明治18年に創建

豊臣秀吉公を御祭神とし

出世、開運、茶道、建設等にご利益があるのだとか。

もちろん、しっかりと参拝してきました。

豊国神社 本堂

神社の隣には公園があって

大きな池を見ながらくつろぐことができます。

地下鉄だと名駅も近いので

夕方、名駅で晩御飯を食べる前に

ちょっと立ち寄って一休みするのに

ちょうどいいスポットなのでは?と思いました。

さて、ここまで行ってきたスポットのおさらいをすると

熱田神宮~大須を経由して

興正寺(八事) 日泰寺、揚輝荘(覚王山) 

そして今回の豊国神社と

まあ地味ではありましたが

それぞれ趣があってよかったなと・・・

名古屋観光

1泊2日の旅であれば

1日目はメジャーな観光地(名古屋城、テレビ塔、リニア鉄道館など)を回り

2日目に・・・こういったお寺、神社を回ってみると

色んな意味で名古屋を満喫できるんじゃないかと思いました。

さて、次回は名古屋の美味しいラーメンの話をしたいと思います。

今週は仕事が忙しくて

更新が少し遅れるかも知れませんが

どうかお楽しみに~!!

 







Last updated  March 25, 2012 11:12:49 PM
コメント(2) | コメントを書く
March 23, 2012
カテゴリ:ナゴヤの見どころ

こんにちは。最近、仕事が忙しくなってきて

更新が滞っておりましたが

今日は休みということで久しぶりの更新です。

先日患った咽頭炎

喉の痛みはだいぶん取れてきたのですが

抗生物質に代わり、咳止めの薬を飲み始めた途端に

今度は違う症状が出てきて

なかなか完治とはいかないです。

今日は夕方から病院に行かないといけないのですが

朝から降り続いている雨

やむ気配は全く無いので

家でゆっくりはできているものの

なんか・・・憂鬱な気分です。

さて、名古屋旅の続きですが

日泰寺を後にした私は

すぐ近くにある無料の観光施設

揚輝荘(ようきそう)へ

こちらは松坂屋の創業者である伊藤次郎左衛門祐民が

大正から昭和にかけて20年がかりで建てた別邸

行く前は正直、無料ということで

そんな大した施設じゃないやろ・・・

と思っていましたが

実際に見てみるとどの建物も趣があってなかなかいい感じ。

本当、都会のド真ん中にこんなところがあったのか・・・

心からそう思える、癒しのスポットでした。

写真は三賞亭(右)と白雲橋(奥)

覚王山 揚輝荘にて 

後者はTVドラマの収録に使われた事もあるのだとか

また、覚王山に来る機会があれば

日泰寺とセットでリピしてみたいと思います。

さて、次回はまたまた一休みできるスポットを紹介します。

地味な写真が続きますが

「ああ・・ここはこんな感じの場所なんや」

何かの参考になれば幸いです。

それでは次回の更新まで

どうか・・・お楽しみに~







Last updated  March 23, 2012 02:48:49 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 18, 2012
カテゴリ:ナゴヤの見どころ

こんばんわ。先日、喉の痛みが治まらなかったので病院に行ってみると

風邪から来る咽頭炎だったことが判明

貰った薬を飲んで症状は治まってきたものの

まだちょっと咳込む事があるので

なんだか気分的にしんどいです。

TVのCMで

人間の体は歳を取るごとに錆び付いてくる

セサミンで錆びない体を!

なんてことを言っていましたが

自分くらいの歳になると

色んな健康食品を摂取しないとアカンのかな?

そう思うことがありますわ・・・

さて、先日行ってきた名古屋旅の話ですが

八事、興正寺の次に向かったのは

最近、愛知版の情報誌などでよく取り上げられている

覚王山

八事からだと名城線の大曽根方面に行く電車に乗り

本山という駅で東山線に乗り換えると

次の駅だったので

ルート的には効率よく行くことができました。

目指すは五重塔のある日泰寺

こちらは明治33年に

シャム国(現タイ)の皇帝から

日本国民に贈られた仏舎利と

釈尊金銅仏を安置して

同37年に創建した超宗派の仏教寺院。

覚王というのは釈迦を表しており

日本とタイの友好を願い

この名前が付けられたということです。

さて、この日泰寺の本堂まで歩くときに

気をつけないといけないのは

名古屋は車社会ということで

なんと!本堂のすぐ手前まで

車が入ってこれるようになっているので

歩く時は前だけでなく

後ろから車が来ていないか

気をつけながら歩かないとダメです。

もっとも自分の行った時は

その場面に遭遇しなかったのでよかったですが・・・

本堂はこんな感じ

覚王山 日泰寺(本堂)

さきほどの興正寺とはまた違った

どことなく個性的な雰囲気を感じました。

こちらは五重塔

覚王山 日泰寺(五重塔)

なんか建物の配色がきれいやな・・・と。

茶色や黒っぽい色の五重塔って

なかなか目で見た色と同じように

デジカメで撮影するのは難しいのですが

光の当たり具合が完璧であれば

こちらの五重塔の方が

映えるいい写真が撮れるのでは?

そう思いました。

あと、ここに来るまでの参道

駅からだとスタバが出発点となるのですが

新しいお店と昔ながらのお店が

うまいこと混同していて

なかなかいい感じ

さすが情報誌で注目されているだけのことはあるなと

思わずにはいられませんでした。

さて、覚王山のみどころは

ここ日泰寺ともう1箇所あるんですよ~

次回はそのもう1つのスポットを紹介したいと思います。

名古屋旅の話は暫く続きますが

どうか・・・お楽しみに~!!







Last updated  March 18, 2012 08:49:36 PM
コメント(2) | コメントを書く
March 15, 2012
カテゴリ:ナゴヤの見どころ

興正寺 本堂

こんばんわ。この時期、私は花粉症に悩まされているのですが

朝起きてみると喉が痛くてたまらなかったので

花粉症対策で飲んでいるコンタック600STに加え

風邪をひいたときに飲むエスタックイブエース

これを同時に服用

したのがいけなかった・・・

鼻水が出る症状は緩和されたものの

喉の痛みは全然よくならず

それどころかやたらと体がダルくなってきて

辛抱たまらない状態に陥ったので

家に帰ってお互いの薬の成分を調べてみると

被ってた・・・

少し仮眠をして・・・体のダルい症状は改善されましたが

薬の飲み合わせ・・・気をつけないとダメですね。

さて、名古屋旅の話ですが

みそかつを堪能した後は徒歩で神宮西駅まで行き

名城線に乗って八事で下車

愛知県下唯一の木造塔で

重要文化財にも指定されている

興正寺の五重塔を見てきました。

八事 興正寺の五重塔

なんか、奈良で見る五重塔とはまた違った雰囲気

歴史を感じさせる木造塔は圧巻でした。

ちょっと写真を貼り付けるのをミスってしまいましたが

一番上の写真が本堂

喪中でお正月に初詣の参拝ができなかった分

しっかりと・・・お参りしてきました。

うっかりミスで

近くにある隼人池公園は行くことができなかったのですが

途中でちょっと一休みしたい時に行くと

心が癒される・・・そんな雰囲気のお寺でした。

さて、次回は情報誌などで

今注目されているスポットを歩いてきたので

その話をしたいと思います。

まだまだ旅の話は続きますが

どうか、お楽しみに~!!

 







Last updated  March 15, 2012 11:30:46 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 24, 2011
カテゴリ:ナゴヤの見どころ

カレーうどんとスパムおにぎりを満喫した後は

オアシス21の夜景を撮影するため

東山線に乗って栄へ

4Aの出口を出るとそこはもう目的地

ですが、到着した時はなんか照明の具合が

いまひとつのように感じたので

ちょっとの間、近隣をブラブラして再度訪れたところ

「あ~・・・」

テレビ塔はいい感じにライトアップされていたものの

オアシス21のライトアップはさっき来た時と殆ど変わっていないではないか・・・

「あちゃ~・・・これも節電ということなのかな?」

心の中でそう思いながらデジカメで撮影

しかし・・・

景色モードで撮影するとブレてはいないんだけど

なんか全体的に暗い・・・

ベストショットの写真が撮影できるインテリジェンスモードで撮影すると

明るい写真にはなるものの

今度は画像が粗くて話にならない・・・

フラッシュを使おうか?

やってみたところ

元々の照明が足りていないため

これもお話にならない写真に・・・

しかし、ここまで来てオアシス21の夜景を

撮影せずに帰るワケにはいかないので

景色モードで撮影した後

画像修正でなんとかならないかな?

その作戦でできた写真がこちら!

毎回のことですが

本当、夜景を撮影するのは難しいですねえ~

自分のデジカメが1000万画素以上のものなら

何てことないんだろうけれど

悲しいかなそこまでのものじゃないのが現状・・・

願わくば・・・被写体にもっと光を当ててほしかったなあ~







Last updated  May 24, 2011 08:47:22 AM
コメント(4) | コメントを書く
May 22, 2011
カテゴリ:ナゴヤの見どころ

初味でどて玉丼を堪能した後、近くにあったスーパーをのぞいてみると

地元の人なら知らない人がいないほどの超有名店

あんかけスパ ヨコイのソース&パスタが販売されていた。

関西では通販で取り寄せをしない限り

お目にかかれない逸品なので一瞬購入しようかと思ったのですが

パスタって・・・作るのが面倒くさいですよね(苦笑)

鍋にたっぷりの水を沸騰させて麺をゆで、

茹で上がったらザルで水気を切り、

サラダ油もしくはオリーブオイルを加え

麺をフライパンで炒める・・・

俺しか食べることないのにしんどいな・・・

そう思い残念ながら見送ることに。

お店を出て駅に行くまでの間の時間を利用して

JR東海にTEL

目的はリニア鉄道館の混雑状況を聞くため

リニア鉄道館に行くには名古屋からあおなみ線という電車に乗るのですが

電車賃が往復で700円

行ったわ、入場制限で鉄道館に入れないのでは

お話にならないので行く前に確認のTELをしたというワケ

ちょっと難儀したものの2番の運行情報で

オペレーターに電話が繋がれば教えてくれるようです。

入場制限などの情報は無いということで

予定通り

本日のメインイベントであるリニア鉄道館に行くことに。

目的地に着いたのは2時

お昼を食べてちょっとスーパーに立ち寄っただけなのに

時間の経つのは早いなあ・・・と思わずにはいられませんでした。

入場すると抽選券付きの来場記念カードをくれるので

新幹線シュミレーターなどのアトラクションを体験したければ

抽選券を切り取り、指定された箱の中に投函

暫くしてから抽選結果の発表

当選者は各アトラクションの窓口に行き

そこで指定された料金を支払うと

何時~何時の間でアトラクションが利用可と書かれた券を貰えるので

その時間にアトラクションの利用が可能になる。

ただ・・・抽選券を投函してから実際にアトラクションを利用するまで

かなり時間が空いてしまうので

時間にはゆとりを持って来場するのがオススメです。

さて、入場するとシンボルコーナーというのがあり

そこではSLの車両とリニアが展示されていて

写真を撮るには照明が暗くて厳しいものがあるのですが

目で見る分にはなかなかいい感じ

そしてシンボルコーナーを抜けると

歴代の新幹線をはじめ、昔懐かしい在来線の特急などの車両が

ドーンと展示されていて迫力満点!!

座席に座るのはNGながら

実際に車両の中を見る事ができるので

これは1000円の入場料と電車賃を払ってでも

見に来た甲斐があったと心から思いました。

車両展示もさることながら

ここのもう一つの目玉が巨大ジオラマ

東京~名古屋~大阪までの3大都市をイメージしたそれは

20分で朝から夜へと景色が変化していき

見ごたえ満点!!

写真が撮りにくかったことと

「おいおい!本当の大阪はこんなんとちゃうで(笑)」と

思うところはあったものの

この小さい子供から大人まで楽しめる巨大ジオラマ

20分という時間がアッという間に思えるほどでした。

さて、2時すぎに投函したアトラクションの抽選の結果が

3時45分に発表されるというので行ってみました。

すると!在来線シュミレーター体験のアトラクションに当選!!

これは3つあるアトラクションのうちで

一番当選確率の高いアトラクションだったのですが

外れることを考えればラッキー

「よっしゃ~!」という気分で

受付の窓口で100円を支払い

指定された4時30分にコーナーに行ってみると

「え~っ!!」

何のことはない、ゲーセンの電車でGO!だったのですが

ここではその名前ではなく

あくまで在来線シュミレーターだと言っていました。

僕は制限時間の10分間、フルに遊べるものだと思い

一番簡単な入門コースを選択し、チャレンジしたところ

まあまあ無難にこなすことができた。

次はチャレンジコースをやってみようかな・・・と思っていたら

「はい!お疲れさまでした~」

「えっ!もうおしまいかよ~!!(泣)」

これには苦笑いせずにいられませんでしたが

一番人気の新幹線シュミレーター(当選人数5名)や

在来線の車掌体験(当選人数5名)

これを体験したければ

かなり通い詰めないと無理やなと

思わずにはいられませんでした。

結局3時間近く滞在しましたが

ここは大人も子供も楽しめる充実のスポット

夏休み期間、土休日は混雑必至だと思いますが

名古屋に行かれる機会があればぜひぜひ!!

場所もあおなみ線の終点(金城ふ頭)から歩いてすぐなので

初めてでも迷うことなく行くことができ便利です。

さて、長くなりましたがリニア鉄道館の写真はこちら

歴代の新幹線、僕にとっては0系が存在感満点でした。







Last updated  May 22, 2011 11:17:05 PM
コメント(4) | コメントを書く
May 20, 2011
カテゴリ:ナゴヤの見どころ

こんばんわ。昨日、無事に名古屋から帰ってきました。

1泊での旅というのは2009年のGW以来だったのですが

いや~・・・今思えば夢のような2日間!(笑)

大残業とかしんどい時期もあったけど

仕事頑張ってきて良かったあ!!と

思わずにはいられませんでした。

そして僕が旅行に出かけた5月18、19日というのは

両日ともに晴れのいい天気!!

これまで・・・僕が名古屋方面に出かける時というのは

どんよりとした天気が多かっただけに

これも大変有り難かったです。

さて、一人旅の朝は早く

出発の日は朝の5時起き!!

高槻という駅を6時45分に出発する新快速電車に乗るのが

第一の関門でしたが

これを無事にクリア!!

米原で東海道線の電車に乗り換え

名古屋着は9時17分

そして最初に向かった先は

名古屋城

定番のコースで1度行ったことのある観光名所ですが

初めて行った時はどんより曇り空

加えてGW期間中だったため

館内は多くの人でごったがえしていて

ゆっくりと見ることができず・・・

昨年は写真を撮影したものの

名城公園側・・・城の裏側からの撮影だったため

表から城を撮影するのは実に2年ぶり!!

平日やから人も少なくて

ゆっくり堪能できる・・・そう思っていたのですが

ちょうど自分が到着した時、あれは女子高の遠足だったのかな?

団体様がこれからお城の中を散策するというところだったので

写真撮影スポットとなっている

金鯱コーナーは押すな!押すなの大人気!!

もちろん、2年前のGWの混雑を考えると全然快適でしたが

京都の清水寺と同じく

観光名所を侮ってはいけないと心から思いました。

さて、名古屋城の写真はこちら!!

2年越しのベストショットに感動モノでした(笑)







Last updated  May 20, 2011 09:57:20 PM
コメント(2) | コメントを書く

全42件 (42件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


© Rakuten Group, Inc.