031809 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

真我開発講座 受講生のブログ

PR

X

Profile


岩手童子

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

2018.10.29
XML
カテゴリ:真我
宇宙無限力体得コースを再受講しました。
一昨日、風邪に似た症状(喉の痛み、発熱、怠さ)が現れ不安を抱えながらの今回でした。

最初のワークでは書きながら
「運命は決まっているのだ」
「死ぬのは決まっている。決まっていたのだ」
「何をしてもダメなのだ」
「もう決まっているのだ」
「うわーーーー!!!!!お父さん」
「殺される」
「殺される方がいい」
「殺されるしかない。だからお父さんは死ぬしかなかったのだ」
「いなくなるしかない」
「お父さんさようなら」
「死ぬのは殺されるのは仕方なかったのだ」
「私は○○を見殺しにしたのだ」
「首斬塚」
といった思いと言葉が出てきました。
他に
「赤い全体の中に黒い粒々がある」
「片腕の肘辺りを斬られている誰か」
「刀」「鎌」
「父の様な眼鏡をかけた男性が「帰ってきたじゃ~」と話している」
「死体」
「死体がある位置」
のイメージが出てきました。

書いている途中何度も喉が痒くなり、かなり咳が出ました。

ワーク終了後に気付いたのですが以前なら湧き出てきた思い、言葉、イメージに対してこの位のレベルになると「受けて」「かかって」いた筈です。
でも今回は「そういうモノもあるのだろう」程度で済んでいました。
そこで立ち止まらなくなった自分に変化を感じました。

メインのワークでは
「お父さんが私にしてくれた事はそんなものじゃなかった。お父さんの愛は私の思っていたものなんて比べものにならない位、私の事を考えてくれていたんですね」
「お父さんが若くして亡くなった事で命の大切さ、人生の短さ、時間や心の大切さに気付く事ができました」
「お父さんが亡くなった事はお父さんからの無償の愛そのものでした」
「お父さんが私のお父さんでいてくれたお陰で私とお父さんが一つである事を教えて下さいました」
等湧き出ました。
とにかくどんどん書きました。

講座中は身体中に熱が籠る様な状態で力が入らなくなりました。
説明しづらいのですが、身体全体が「身の置き所が無い様な窮屈な状態」が最後迄続きました。

実はこの様な状態は丸2日経った今も続いています。

講座中は自分の体調に不満でしたが体調に現れた
「身の置き所が無い様な窮屈な状態」
は私にメッセージを与えてくれていると思います。

「身の置き所が無い様な窮屈な状態」から脱け出す為に「身の置き所が無い様な窮屈な状態」が現れていると捉えています。

これからも覚悟を持って受講に取り組んでいきます。



























Last updated  2020.05.05 20:39:41


Calendar

Favorite Blog

秋田真我友の会☆ 真我333さん

Comments

再受講@ Re:7/7宇宙無限力体得6時間集中コースを再受講して(07/08) 再受講を永遠に続けてください。
旅の者@ Re:6/26未来内観6時間集中コースを再受講して(06/27) 「こんな感情や訳のわからない認識を抱え…
天国のお父様@ Re[2]:平成元年3月24日(03/24) ShingoOzawaさんへ 沢山泣いたら力が湧い…
天国のお父様@ Re:平成元年3月24日(03/24) 天国のお父様はきっと喜ばれています。 最…
アセンション@ Re:3/3宇宙無限力体得コースを再受講して(03/04) 文章を読ませていただくと、明らかにアセ…

Headline News


© Rakuten Group, Inc.