029536 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

真我開発講座 受講生のブログ

PR

X

全129件 (129件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 13 >

2020.09.21
XML
カテゴリ:真我
今回の再受講にあたり期待する事として「自分がまだ知らない本当の自分に出会いたい」と決めました。

9/15の未来内観3時間集中コース再受講時の終盤に、生まれてきた事と死ぬ事の両面に向き合えている自分を感じた時がありました。

今回の宇宙無限力体得コースでも自分が生まれてきた喜びと、心の奥にある死に対する意識に怖がらずに向き合おうと思いました。

今回は開始前から家系の事や死に対する意識が強く現れました。現れれば現れる程にそれを書き出したくなりました。
父と過ごした場所の雨、雪、風、土の思い出が頭を過りました。そこで過ごしていた時に抱えていた感情も出てきました。それは複雑なものでした。咳も沢山出ました。

開始前から受講は始まっていました。

講座が始まりました。最初のワークでは沢山の感情が出ました。
大量の
・死にたくないよ
・おれも死ぬ
・こわい
・わからない

・小さい頃、喜びを持って生まれてきたのに何かを抱えてしまっている家系に対しての諦めの感情

・お父さんごめんなさい
・お母さんごめんなさい
自分と一緒に自分以外の人も同じように感情を露にしていた気がしました。

・ごめんなさい×大量
感情や言葉にすると何か違うのは、沢山のごめんなさいを抱えているからだと思いました。

いやだ×大量
死ななくてもいいんだよ×大量

この他に小さい頃から抱えていたイメージも現れました。
このように様々なものが現れ、自分を捨てたくなりました。
(続きます)






Last updated  2020.09.21 00:39:31


2020.09.18
カテゴリ:真我
メインのワークは中盤に差し掛かりました。


僕は生まれる前から生まれてきた目的がありました
お父さんは僕が生まれる前からお父さんの肉体が無くなっても僕と一つだったのですね

お父さんと僕は肉体が有っても無くても僕とお父さんは永遠に一つだという事 この事に気付いて生きてゆくことが私の生まれてきた目的だったんですね


この辺りで感じたのは、今まで父の愛に集中できているか?愛と捉えられているか?そこに強く意識を置いていたのですが、集中していても集中できていなくても、愛と捉えられていても、愛と捉えられていても既に父と一つだったのだと気付く事ができました。

他に今回は父がしてくれた事に感謝が足りなかった事を感じました。
感謝が足りなかった事をこんなに感じられたのは初めてだと思います。
感謝が足りなかった事によって、相対は絶対なのだと深く捉える事ができました。

あっという間の講座でしたが参加できてよかったです。又再受講します。







Last updated  2020.09.18 06:54:58
2020.09.17
カテゴリ:真我
講座が始まりました。最初のワークでは沢山の感情が現れました。
特に開始前から決めていた訳ではなかったのですが、父が亡くなった当初からあった周囲に対する「お父さんをバカにしやがって」や、他には「お父さんお父さん」という言葉にする前段階の感情が強く大量に出てきました。

次のワークに移りその時に感じたのは普段生活している時、私が感じる事は雑念も含めて全て父を通して私に現れているのだという事でした。

そしてメインのワークが始まりました。


父が亡くなった事は私の生まれてきた目的と一つでした


そうは感じられたのですが未だ父の愛に集中していない、できていない自分がいたような気がしました。
その後に感じたのは、今回は父の愛に未だ集中していない、できていないのではなく、今迄もその時は集中できていたつもりになっていても未だ未だ未だ父の愛に集中できていなかった気がしました。
頭を整理すると父の愛は無限なのだという事だと気付きました。同時にどこかで父の愛を有限に捉えていた自分がいた、自分で勝手に制限をかけていた思いが頭を駆け巡りました。
(続きます)






Last updated  2020.09.17 07:14:33
2020.09.15
カテゴリ:真我
今回の再受講にあたり、亡くなった父にもっと近づきたいと感じて取り組もうと決めました。
前回(9/6)の未来内観コース再受講時、『いつも父は私の事を静かに見守ってくれた』という事に気付き始めたのですが、その事を今回も開始前から頭から離れずにいました。10時の開始前に一人でワークをしてみました。


生前いつも静かに見守ってくれていた父の姿があったから··········
今も父は私を静かに見守ってくれている事がはっきりわかりました

何も話してくれない父だった 何も話してくれないお父さんだった お父さんが生きている時 何も話してくれなかったから私はお父さんの愛を感じる事ができました

お父さんが生きている間も亡くなった今もお父さんは静かに僕の事を見守ってくれているのですね

お父さんは完璧でした 生前お父さんが静かに見守ってくれたから お父さんが今も僕の事を見守ってくれているから··········

お父さんとどんな時も一つである事に気付く事が私の生まれてきた目的だったんですね 今やっとわかりました


父が亡くなる前から今も静かに見守ってくれている事が漸くわかってきた気がしました。
(続きます)






Last updated  2020.09.16 09:56:20
2020.09.13
カテゴリ:真我
メインのワークは父で取り組みました。
中盤辺りで父や家系から受け継いでいるように感じている苦しい認識を目の当たりにしました。当初は根本原因にフォーカスしてしまったのが原因かと思いましたが講師のサポートもあり、その苦しい認識があったからよかったのだと舵を切る事ができました。

途中で別のワークがあったのですが、そのワーク後に父が亡くなった後どんなに苦しかった時があっても、私は父の事を大好きだったのだと感じることができました。


そう感じた直後に講師の元に向かうと、大きな声で泣いている自分がいました。当初それは呻き声のようも感じられました。
その時、お父さんの事が大好きだったんだ。亡くなったけど大好きだったんだという当時の心に戻れた気がしました。
そして、それは自分が一番なりたかった気持ちだったのだと気付きました。

そう気付いた後、呻き声は得体の知れないものではなく当時16歳だった自分の感情だった、あの時に戻れたのだと感じました。

・大好きなお父さんお母さんから生まれ、周りの人から歓迎されて生まれてきました
あの時の喜びそのままで生きてゆくことが私の生まれてきた目的だったのですね

・僕はお父さんが生きている間も亡くなった後もお父さんに甘えていました お父さん甘えて支えられてきました お父さんに甘えて支えられてきたから私は素晴らしい人間になることができました

ワーク中、以前学長が話していた「親が犯罪者だったとしても、親を恨む事はできない。親がいなければ貴方はいない。親を恨む事は失礼な事なんです」という言葉が思い出されました。

父が生前どうであったか?何をしたのか?何をしていなかったのか?そういったものは関係無く、全て父のお陰で素晴らしい自分がいるのだと感じることができました。

今回も参加してよかったです。意識の折り返し地点にいるからこそ、少しでも早く又再受講します。
(終わり)






Last updated  2020.09.13 22:43:29
2020.09.12
カテゴリ:真我
8/23の宇宙無限力体得コースの再受講が意識の折り返し地点に感じています。今回の再受講では、亡くなった父と今も繋がっている体感を得ようと決めて取り組みました。
開始前から、父に向き合う前に自分と向き合おうと思いました。
父が生きていた時、父に対してどういう思いで接していたのか?父が亡くなった直後、父に対してどんな思いがあったのか?

今迄はあまり子供の頃の自分が思い出せませんでした。父の死が衝撃的だったからだとは思えていても、本当の理由迄はわかりませんでした。
理由は自分の感情を押さえ付けていたからだったのだと30年経った今、本当の意味で漸くわかってきた気がしています。今回は父と自分の為に取り組もうと決めました。

最初のワークでは沢山の感情が現れました。

父が亡くなったのは自分の責任だ


周囲に対し、父の死の悲しみを隠している自分。

お父さんはおれがころした

周囲に隠せば隠す程、自分に責任や罪を感じてしまう。
今、自分が生きている事に罪を感じてしまう。
生まれてきた事にさえ罪を感じてしまう。
生まれてきて、生きてきて申し訳無い。
やがて周囲に対してもそのように感じてしまう。

ワークに取り組む事で今まで苦しんできた方程式のようなものが出てきた気がしました。

(続きます)






Last updated  2020.09.13 08:17:57
2020.09.02
カテゴリ:真我
メインのワークに取り組みながら、このワークに取り組むことこそが父のおかげだと感じました。

お父さんが亡くなった事の奥にどんな出来事も深い愛だと捉えて生きてゆく事が私の生まれてきた目的だったんですね

この辺りで、今いる時空間も私に味方してくれているような気に初めてなれた気がしました。
徐々に父の存在する時空間に私も近付けた気がしました。
そして今迄は父と私は別の空間にいるものだとばかり思っていたが、そうではなく空間も一つなのだと捉えられた瞬間がありました。
あっという間の6時間でした。又再受講します。

(終わり)






Last updated  2020.10.04 22:03:48
2020.09.01
カテゴリ:真我
メインのワークは「生まれてきた目的」としました。父を通して親類との出来事を掘り下げました。

お父さんがお母さんと私を大事に育ててくれたおかげです

お父さんが夏休みに叔父夫婦に行く事を許可してくれたおかげです。

お父さんを通じて現れた出来事の奥にお父さんが私に与えてくれた愛を受け入れる人間になるという生まれてきた目的があったのですね

お父さんのおかげで僕はどんな事でも私に与えてくれた愛だったと捉えられる人間になるという生まれてきた目的を持って生まれてきたのですね

最高の人生を生きてゆく事最高の人生を生きてきた事が私の生まれてきた目的だったんですね

私の周囲の人々は僕のありがたい協力者だったんですね
それを感じて生きる事が私の生まれてきた目的だったんですね


この辺りでワークシートにいつもと違い、最初から延々と父への感謝を書き続けた時がありました。でも書き方を通常通りに辛かった、悲しかった、苦しかった、わかって欲しかった、でもそれがあったおかげです と書いた方が体感が深まりました。

認識も真理と一つなのだという事を感じられた気がしました。

(続きます)






Last updated  2020.10.04 22:02:35
2020.08.31
カテゴリ:真我
受講開始前に今迄わだかまりを感じてきた複数の親類との思い出しをしてみました。
それは父が亡くなった直後から私が親類に対して抱き始めた嫌悪感の原因となるものです。
30年以上圧し殺してきた親類に対しての嫌悪感、悪感情、不快感、反感、敵意の原因をとにかく書き出してみました。
特に、今回は小学校3年生の夏休みの大半を叔父夫婦の家で過ごす事になった時に夫婦から暴力を受けた事を約40年振りに思い出しました。

常に夫婦から言葉の暴力を受けていた事。
叔父から竹刀で頭を叩かれ、血を流しながら血の付いた夕食を強制されながら口にした事。
空手の道場に嫌々連れて行かされ、みんなの前でボコボコにされて吐いてしまった事。
朝夕のマラソンを強制され、帰宅が遅れると奥さんから暴言や腹を蹴られたり、無理矢理に夕飯を与えられた事。
宗教に連れて行かされた事。

この辺が思い出されました。

最初のワークでは上記の叔父夫婦以外の人も含めて、当時抱いていた感情を叩きつけてみました。

何で蹴るの?
何でいじめるの?
マラソンしたくない
(家に)帰りたい
お父さんは死んでない
お父さんを馬鹿にしやがって
お母さんを馬鹿にしやがって
弟を馬鹿にしやがって
俺の事も馬鹿にしやがって
お父さんもお母さんも俺も馬鹿にしやがって
(住んでいた場所に)帰りたい
何も言わないで欲しい
何もしてくれなくていい

こういった当時の感情が大量に湧き出てきました。

(続きます)






Last updated  2020.10.04 22:01:38
2020.08.30
カテゴリ:真我
8/23宇宙無限力体得コースに続き今回の再受講になりました。
宇宙再受講の3日後に約25年振りに疎遠になっていた親類の一人から連絡が入りました。その相手は私だけでなく、父が亡くなった当時から私を含めた家族全員がわだかまりを感じている人でした。
このまま一生会う事は無いと思っていたので驚きでした。極めて短時間の電話のやり取りでしたが次回の連絡を約束して電話を切った後、これからもこのような思ってもみなかった出来事が起きる人生を味わいたいと感じました。
こういった気持ちは本当に久し振りの事です。

今回の再受講で解決したい事として、
・親類とのわだかまりを解消したい。
・生まれてきて、身の回りに起きた出来事全てが自分にとって必要だったともっと捉えられるようになりたい。
というものでした。その為にも今回の再受講で扱う「具体的な出来事」は、生まれてきて実際にあった出来事を特にテーマに取り上げるべきだと感じて講座に臨みました。

(続きます)






Last updated  2020.08.30 00:35:27

全129件 (129件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 13 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.