000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

真我開発講座 受講生のブログ

PR

X

全129件 (129件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 13 >

2020.06.16
XML
カテゴリ:真我
メインのワークに入りました。いつもより落ち着いて取り組めているのが自分でもわかりました。
 
私の生まれてきた目的は
 母の愛に感謝する事でした
 幸せに生きて御先祖様に安心してもらう事でした
 生まれてきた事に喜びながら生きる事でした
 生まれてきた目的をみつけてゆく事でした
 私が生まれてきた事そのものでした
 私が喜びの存在そのものだと受け入れる事でした
 生まれてきてよかったと感じながら生きてゆく事でした
  
 私に現れる出来事は私の生まれてきた目的を気付かせてくれていたのですね
 全て私にとって必要な出来事でした

 この辺りで生まれてきてよかったという喜びに正直気が狂いそうになりました。
 良かったのか悪かったのかわかりませんが、平静を保ちながら取り組みました。
 真理とは今の私にとって気が狂いそうになる程の喜びなのだという事を体感しました。

 私は生まれてこなければよかったと思っていた
 ずっとそうだと思っていた
 でもそう思っていた時期も必要だった
 そういう時期もあったから生まれてきてよかったのだとわかりました
 
 私の生まれてきた目的は
 私がどう感じようが私が喜びの存在である事に気付いて生きる事だったんですね
   
 意識が変化してゆく中で『生まれてきてよかった』という事は自分だけでなく全ての生命、御先祖様、未来の生命、全てが『生まれてきてよかったのだ』と体感しました。

 私は生まれてきてよかった
 みんな生まれてきてよかった
 その事に気付けてよかった 
 その事に気付く事が私の生まれてきた目的でした

 沢山の事に気付きました。又再受講します。






Last updated  2020.08.24 13:26:01


2020.06.14
カテゴリ:真我
今回の再受講は「自分の生まれてきた目的」をテーマに掘り下げました。
 今まで未来内観、宇宙無限力体得コースを中心に再受講してきた中で変化してきた意識を現実生活に反映させる為にも、もっと前向きな掘り下げ方をした方がいいのではないかと思いました。過去にも取組んだテーマでしたが途中で終わっていたので今回は特に拘ってみようと思いました。

 最初のワークでは普段は具体的に現れない感情が出てきたのですが、始めはそれは言葉にならない生きにくさのようなものしか出てきませんでした。それから徐々に過去の記憶が出てきました。
  
 誰も助けてくれない
 誰も見つけてくれない
 助けてくれ   
 ここから出してくれ  
 殺してくれ  

 ワークの途中で今回はこの私ではわからない過去の記憶が自分を支えていると感じました。そして真我開発講座に取り組んでゆくことが私の姿なのだと感じました。普段自分が感じているものは御先祖様が抱えてきたそのものなのだと感じました。再受講しているのは自分の為だけとは捉えられなくなりました。

 出してくれ
 助けてくれ
 離してくれ

 それは加害者が抱える苦しみのようにも感じました。

続きます。






Last updated  2020.08.24 13:26:11
2020.05.14
カテゴリ:日常
今の仕事に就いて2ヶ月目になります。
今朝感じたのですが、今の仕事は仕事だと思うと大変に感じてしまい、修行だと思うと自分にとってとても大切な事をしている感じる事に気付きました。

大切な事をしていると捉えられるその感覚は今までに自分が真我開発講座に取り組んできた、そしてこれからも取り組んでゆく、その気力にとても似ているような気がします。








Last updated  2020.05.14 08:30:35
2020.05.10
カテゴリ:関連記事
岩手童子 関連記事

最高の人生 捨てる哲学 佐藤康行との会話

2017年8月31日
真我の実践を唱え続けると、全然違う?
http://satya.red/2017/08/31/






Last updated  2020.05.10 16:47:38
2020.05.06
カテゴリ:真我
メインのワークは両親、ご先祖様で掘り進めました。

僕に現れる全ての出来事は僕に最高の人生を送る為に現れていたんですね
そしてその事に気付いて生きてゆく事が私の生まれてきた目的だったんですね
僕の生まれてきた目的はこんなに素晴らしい両親、ご先祖様に恵まれていた事に気付く事だったんですね
僕の生まれてきた目的は僕の全てがご先祖様である事に気付いて生きてゆく事だったんですね


この辺りで感じたのですが、このワークを自分事として進めると、このワークが何かの作業のようにしか感じられなくなり全人類の事として進めると、このワークが人間として生きてゆく中で最も必要な事と感じられました。


僕の生まれてきた目的は僕の全てがご先祖様からできている事
こんなに素晴らしいご先祖様であった事
素晴らしいご先祖様に近い存在がお父さんお母さんであった事
この事に気付いて生きてゆく事だったんですね


両親、ご先祖様からも会話がありました。

あなたが幸せでいてくれたおかげで私達は救われたよ
あなたの幸せだけが私達の幸せだよ
私達を大事にしてくれてありがとう


講師の元に最後のワークシートを持ってゆくと身体の力が抜けたようになり、机に伏せる姿勢になりました。

わめき声のようなものが出続けました。
後で聞くと3~5分位出続けていたそうです。

原因は自分でもよくわかりませんが、何か私以外の他のものなのだろうと思っています。
そして、それは今後真我を追求してゆく中での指針にしていいものだと捉えました。

気付きの多い再受講でした。
これからも参加を続けます。






Last updated  2020.08.24 13:27:57
2020.05.05
カテゴリ:真我
2ヶ月振りの未来内観コースを再受講しました。
自分の中で解決したい事として自分に内在している先祖、人類から受け継いだ業、カルマを消し去りたい。期待している事として喜びを持って人生を生きられるようになる、と決めて取り組みました。

最初のワークではこのようなものが出てきました。

殺す
殺せ
死なせてくれ
死ぬ
死ね
死ねる

こういった感情。
脇目も振らずに取り組めば取り組む程、迷わず大量に出てきました。
こういった感情に平行して私の身体に、このようなイメージが現れました。

右耳の上辺りを鋭利な物で刈られた後
右腕に障害を抱えている人

他に、田んぼか畑に無造作に埋められた死体のイメージが2~3通り浮かびました。

このようなものが出た後で、

ごめんなさい
ごめんなさい
というのも出てきました。

次のワークでは父方のご先祖様に対して感謝の言葉が出ました。

父の事。
2人の叔父さんの事。
お祖母さんのお姉さんの事。

生まれる前からなのか、生まれてからなのか、小さな頃から何かを感じていた事。
何かを感じていた事に小さな頃から怯えていた事。
みたくないものに向き合うのなら自分を殺してでもいいから、みてみぬ振りをしようとしていた事。
自分を殺せば殺す程みたくないものに押しつぶれそうになった事。


でもはっきりわかりました
僕は愛に包まれて生まれてきていました
生まれる前から愛に包まれて生まれてきていました
みんな僕を愛してくれていたのですね
みんなに感謝が足りませんでした
僕に素晴らしい人生を作ってくれてありがとうございました
僕の人生は素晴らしい人生でした
ご先祖様のおかげで僕は素晴らしい人生を送る事ができました


(続きます)






Last updated  2020.08.24 13:28:06
2020.04.10
カテゴリ:日常
今朝ふと自分の中からあらわれたのですがそれは、私が感じている事にそれを私が愛で捉えようが捉えられまいが、全て御先祖様が私を導いてくれているのだ。どんな時も御先祖様は私を見守ってくれているのだ。 というものでした。
生きてゆく中で このあらわれたものを大切にしたいと感じました。







Last updated  2020.04.10 09:49:44
2020.03.16
カテゴリ:真我
メインのワークに入りました。
序盤は特に正直な気持ちは出ても、表に出て来づかった感じがしました。
それでもワークを続けました。

とにかくワークを続ける事で徐々に表に出てきた感覚はありました。
段々と表に出て来づらかった事がよかったように感じました。
だから表に出てきた。だからよかったと感じました。

今の私があるのはお父さんのおかげです
お父さん 本当にありがとうございます

お父さんの存在があるから私がある
お父さんが亡くなった事は愛そのものだった
喜びそのものだった

父、母に対しての心も湧き出ました。

お父さん、お母さん 私の両親でいてくれて本当にありがとうございました
私は今魂の底からお父さん、お母さんに感謝しています
お父さんはずっと静かに見守ってくれていましたね
お父さんのその優しさがあったから私も優しい人間になる事ができました
お母さんは私に対する愛情を言葉に表す優しい人でした
お母さんのおかげで私は優しい人間になる事ができました
私はお父さん、お母さんの存在がなければこの世にいなかった事、この当たり前の事に感謝が足りませんでした
お父さん、お母さんは愛そのものでした
そしてお父さん、お母さんから生まれた私も愛そのものです
何て素晴らしい事に気付いたのだろう
お父さん、お母さん ありがとうございました

新たな気付きを得た今回の再受講でした。
又参加したいと思います。








Last updated  2020.03.16 17:06:33
カテゴリ:真我
今回の再受講にあたり、父ともっとつながりたい。父にもっと感謝を伝えたいという決意を持って取り組みました。

前回の宇宙無限力体得コース(2/24)の再受講時、私が父が亡くなる前後に父に対して抱いていた感情を30年振りに出す事ができました。

今回の未来内観コースの再受講で、その30年振りに出せた感情を生かして取り組もうと思いました。

あくまで一部分ですが最初のワークではこのように感情が現れました。

どうせ死ぬ
おれはどうせ死ぬ
死にたい
お父さんここがこわい
生きていたくない
死ぬのがこわい
お父さんと同じく死ぬ
お父さん僕はよくわからない
死にたくない

このように現れたものはその当時の確かな感情でした。

自分を認められない。
自分を抑え付ける。
常に相手から責め続けられるように感じる。
お金に対してネガティブな感情しか出て来ない。

父に対してこんな事を考えてしまっていいのか?
どう捉えたらいいのか?

行き場のないエネルギーは私の人生に影響を与えた事にようやく気付きました。
ここに全てに躊躇いながら生きてきた根本があったように感じました。

次のワークの前に父が亡くなった事によって気付けた事を掘り進めてみました。

命の大切さ
肉体の命よりも魂の方が大事
亡くなる事に善悪は無い
正直な感情を出す事の大切さ
真我に導かれた

(続く)












Last updated  2020.03.16 14:49:31
2020.03.07
カテゴリ:真我
今回の再受講に対し期待する事として、もっと真我を開発したい、もっと本当の自分で生きたい、と決めて取り組みました。

最初のワークの前に改めて表面的な事に囚われず、私の両親は私に何を望んでいるのか考えてみました。

今まで自分を抑え付けて苦しんでいる姿を知ったら、両親はどう思うのだろう?
今のままでは自分が苦しいだけでなく、両親も苦しいのではないか?
今回は抑え付けて生きてきた感情を強く出す事に決めました。

お父さんごめん
お父さん苦しいよ
お父さん何で死んだの
お父さんごめん
どうしていいかわからないよ
どうしていいかわからないよ
お父さんごめん
お父さんごめん
お父さんごめん
お父さんごめん
ゆるして下さい
自分を抑え付けてしまってごめんなさい
お父さんお母さん自分を抑え付けていてばかりでごめんなさい

このように感情が出てきました。
父との思い出も振り返ってみました。

一生懸命仕事してくれた事
仕事のできる人だった事
中学生の時、盛岡にプロ野球を観に連れて行ってくれた事
お母さんを大事にしてくれた事
弟も大事にしてくれた事
私のお父さんでいてくれた事
お母さんと結婚してくれた事
身体が弱く病気がちだった事
若くして亡くなった事

このように出てきました。
メインのワークに取り組みました。

僕はお父さんのおかげで、こんなに立派な素晴らしい人間になる事ができました
お父さんありがとうございました


ワーク中、今迄まだまだ自分の正直な思い(辛かった 悲しかった 苦しかった)を出し切れていなかった事に気付きました。
気付きながら、どんどん自分を掘り下げてゆきました。

お父さんと私は一つでした
お父さんのおかげです
ありがとうございます


その後も、お父さんの愛に集中して取り組みました。

もっと生きてて欲しかった
もっと生きてて欲しかった
もっと生きてて欲しかった
お父さんの事が大好きだった

取り組みながら、始めて父に「悲しかった 苦しかった 辛かった」感情を強く出せた気がしました。

そして今回はとても大きな気付きがありました。
それに気付いた時、何故今まで30年近くも両親、兄弟、周囲に対して自分を押さえ付けて生きてきたのか、ようやくわかった瞬間がありました。
その瞬間を感じた後は正直複雑な思いがしました。
それでも手は止めずに取り組みました。
後半はワーク中に頭の右側に今まで経験した事の無い違和感を5回連続で感じたり、並行して耳鳴りもするようになりました。
これが好転反応なのだと感じました。
身体の反応が物凄い事になっているなと感じました。
ワークの体感が身体への反応に現れている事にも気付きました。

身体への反応は受講終了後も続き、二日後の夜中に痛みとして現れました。
耳鳴りは今も続いています。

貴重な気付きとありがたい好転反応を得た今回でした。
又再受講します。
































Last updated  2020.03.07 23:21:05

全129件 (129件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 13 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.