000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

真我開発講座 受講生のブログ

PR

X

全137件 (137件中 71-80件目)

< 1 ... 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >

2020.02.09
XML
カテゴリ:真我
昨日の未来内観コースに引き続いての受講になりました。

2ヶ月振りの学長講座になりますが、普段の未来内観、宇宙無限力体得の両方の再受講を経ての自分の成長を確めたい思いを強く持って受講しました。

初めのワークでは自分に内在している心を吐き出しました。

頭で考えずに現れたものは、大量の「ころせ」「しね」等の言葉でした。
それは私が普段絶対に口にしない、むしろ常に発想外の言葉でした。
誰かに対してそういう思いがある訳では無いのに、そういうものが現れる。

でも今回は其処だけに囚われず、とにかく学長の誘導で自分を掘り下げてゆきました。

家系の闇、父が亡くなった事が私の一番の問題点である
このままだと私の未来は、家系の闇に巻き込まれ誰からも望まれない生き方、死に方をする

ここからどんどん意識が上がってゆくのがわかりました。

私が抱えていた一番の問題点は、私の真我を磨く為に現れてくれた出来事だった
私は真我を磨きながら歩んで生きてゆく

問題点は全て愛だった 沢山の愛だった
私は愛の存在として人生を生ききる

ありがとう
生まれてきてよかった
感謝の気持ちを持って生を全うする

全てが一つだった
完璧だった
私にとって善も悪も一つだった

自分の中の太陽を認められる人間になる
自分、相手を認められる大きな人間になる
見たくないもの
良く分からないもの
言葉にできないもの
言葉にならないもの
大事にして生きてゆく

私は天からプレゼントを頂いていた
真我で生きる事が私の役割だったのだ
私は導きに沿って楽に生きる
楽に楽しく生きる

黒い雲は太陽だった
全てが太陽
私は太陽で生きる

私は真我で生きる
ただただ真我で生きる

私は元々太陽だった
私の過去世、前世も太陽だった

私は、
人の痛みがわかる人間になる
人を認める人間になる
自分を認める人間になる
みんなが大好きになる
過去世、家系の過ちを許す
相手を許したくなる
自分を許したくなる
太陽を認められる人間になる
人の迷いを大きな心で認められる
自分の迷いを大きな心で認められる
恨み、悲しみ、悲しみ、苦しみにもっと向き合う人間になる そしてそれを許せる太陽の存在になる

太陽の存在として生ききる為にも、人間のみたくないもの、よくわからないもの、言葉にできないもの、言葉にならないものを大切に扱えるようになろうと強く感じました。

受講してよかったです。










Last updated  2020.08.24 13:30:02


2020.02.08
カテゴリ:真我
再受講にあたり期待する事として、
「 全てを愛と捉えられるようになる」
「 全てを愛と捉えた心を言葉と行動で現して行けるようになる」として取り組みました。

最初のワークで自分を掘り下げてゆくと、父に対して沢山の心が現れました。
「おとうさん なんでしんだんだ」
「こわいよ」
「しにたくないよ」
言葉にするとこのようになるものの一番印象に残ったのは父が亡くなった当時、父の死に向かい合えず父の死を認められない、情けない自分を責める心があった事でした。

自分を責める心が自分自身を徐々に蔑ろにしていった。
当時の私は自分を貶める事しかできなかった。
やがて緘黙になっていった原点がここにあった気がしました。

メインのワークも父で掘り進めました。

ワークの途中で気付いていたのですが今回の受講では、今迄にあった過去世や家系から現れる感情に対して、自分の中であまり大事にしませんでした。

確かに良く分からないものを抱えているのだから、だから「何の為に生きるのか」という目的を大事にしました。
例え何も感じるものが無かったとしても、ここをやろうと思いました。

メインのワークは今迄以上にあっという間で記憶が残っていません。

「お父さんが私を育ててくれました そのありがたさにやっと気付きました。」
「何て素晴らしい事に気付いたんだろう」
「お父さんの存在は私の認識では捉えられない深い愛の存在でした」

今回一番印象的な心は、
「お父さん もっと生きてて欲しかった」というものでした。
それは今迄は思っていても外に出せませんでした。
その心は私の愛の叫びに感じました。
父に届くように言葉にして出したりもしました。


真我開発講座に取り組み続けてゆく事が私の人生なのだ。
講座に取り組めるのもお父さんとお母さんが私を生んで育ててくれた、そのおかげなのだ。


愛を受けた事も恨んだり、憎んだりした事の境目が無くなってきました。
どちらもお父さんの愛に感じられたからだと思います。

今私がここにいるのは誰のおかげなのか。
お父さんのおかげです。

終盤では、このワークに取り組めるだけの強い身体を作ってくれた事にも感謝が沸き上がりました。

「お父さん 大好きです お母さん大好きです」
「僕は生まれてきてよかった 僕は生まれてきてよかった」


沢山の気付きを得ました。
又再受講します。





























Last updated  2020.08.24 13:31:36
2020.01.13
カテゴリ:真我
一昨日の天使の光コースに続いて今年初の未来内観コースを再受講しました。

再受講にあたり解決したい事として、父の死に対する恐怖を無くしたい。期待している事として、(自分は)導かれて生きているという自覚をもっと深められるようになる。として取り組みました。

最初のワークで自分の心に向き合うと父を亡くした時の沢山の感情が現れました。

それは父に留まらず母や兄弟、親戚、友人、周囲全てに対して抱えていた怖さからの感情。
その内にそんな自分自身も怖くなり知らず知らずの内に自分の殻に閉じ籠ってしまった感情。
父に何もしてあげられなかった後悔から自分を責め希死念慮も現れたあの時。
その当時に戻った気がしました。
父や自分の問題以外にも何か問題があるように感じました。

それからメインのワークがありました。
今回も父に対して沢山の湧き上がるものがありました。
改めて父の大きさを感じました。

父の大きさは感じたのですが、今回を振り返るとよくわからない内にあっという間に時間が過ぎました。
原因はよくわからないのですが、どうしてもよくわからないのはそれだけ私にとって未来内観コースが深い内容だから、それだけ父の愛は深い愛だったからという捉え方はできました。

まだまだわかっていなかった事がわかりました。

帰りの電車移動中に今の仕事に対しての意識が変化が湧き上がりました。
今回の再受講の現れだと感じています。

沢山の気付きがあった未来内観コースでした。










Last updated  2020.01.14 06:31:04
2020.01.12
カテゴリ:真我
今回の再受講にあたり解決したい事、期待している事として、抱えたままになっている感情を完全に解放させられるようになり全てを愛で捉えられるようになる、と決めて取り組みました。

開始早々、右目と右頬に違和感が出てきました。それはそのまま今の自己評価のようにも感じました。

今自分が抱えている問題点を整理してみると、自分も家系と同じ道を辿るんじゃないか、先祖や前世から受け継がれている業やカルマが明らかに自分に内在している事に恐ろしさを感じて常に怯えている事等がありました。

このままだと父、先祖家系、前世から感じるものがそのまま人生や自分以外の未来にもに映し出されるだろうと思いました。

もっと心を掘り下げてみると沢山の感情がありました。
大量の「死ぬ」「殺せ」「殺される」
他に「おれも死にたくない」「ごめんなさい」「裏切ってしまった」が出てきました。
普段からこういうものがあるから、体調もよくないのだと改めて思いました。

メインのワークでは父で取り組みました。

父が亡くなった事は私を目覚めさせる為に父が命をかけてしてくれた愛の行為だった

最も喜んで欲しかった父から一番の悲しみを与えられた事が私の人生で最も大事な事だった

父が亡くなった事は私を粉々にしてくれた父の愛だった
愛の存在だった

父は私の将来の為に亡くなってくれた

父が亡くなった事は完璧だった

父は喜びも悲しみも全て愛だったという事を教えてくれていた

父が亡くなった事は父の強烈な父の愛だった

私を成長させる為に必要な事だった
私の成長の為に起きた出来事だった

父は私を大好きだったから亡くなった

父の痛みは私の心の痛みであり、その心の痛みは私の真我を開く為に必要な出来事だった

父の痛みは私の成長の為に命をかけてしてくれた事だった
全てを愛で捉えられるようになる為に必要だった

お父さんが亡くなった事を通じて、お父さんの存在の大きさ素晴らしさを教えて下さっていました

お父さんが亡くなった事はお父さんが完璧な役割としてしてくれた愛の行為だったという事を教えて下さいました

私の人生の目的に目を曇らせない為に必要な出来事だった

父は愛の塊だった
父が亡くなった事も愛の塊だった
愛の塊は私の成長の為に必要だった
私は感謝が足りませんでした。
感謝が足りなかったから私は苦しかった

家系の闇、父自身、私、他の全ての為に必要な出来事だった

父の成長、私の成長、人類の成長の為に必要だった

父の無限の愛でした
父の私への愛だった

お父さんの無償の愛でした

お父さんは亡くなった事を通じて私を育ててくれていました
お父さんは私の人生の役割を導いてくれていました

お父さんは今も私を育ててくれていました
お父さんは今も私の事をいつも近くで見守っている
お父さんは私を真我に導いてくれました
お父さんありがとうございます
私は感謝が足りませんでした

お父さんは亡くなった後も落ち込んでいる私を心配してくれていました
お父さんは亡くなった後もずっと私の事を応援してくれていました

お父さんは私の事が大好きです
大好きだから今もずっと私の事を心配してくれています
僕は真我を開いて素晴らしい人間になります

いつも心配ばかりかけてごめんなさい
お父さんはいつも私を育ててくれていました
無償の愛で私を育ててくれていたのだ

全てはありがたい出来事だった

私はお父さんから沢山の愛を今も受けている
私は幸せだ
私は太陽だ
私は恵まれている
私は光そのものだった
お父さんありがとうございます




沢山の気付きがありました。
再受講してよかったです。




























Last updated  2020.01.14 20:52:52
2020.01.04

カテゴリ:日常
日常の些細な事がきっかけで年末から急に苦しくなりました。

叔父や父が受け継いできて、自分にも受け継がれた苦しい認識が目の当たりにされている感覚があります。

苦しい認識は言葉にできないものなのですが、確実に自分に内在しているのを改めて感じています。

誰からも苦しめられていないのに苦しい。訳もわからず身体は疲れきる。
心だけでなく身体も苦しい。

日常生活を送りながら、日常では捉えられない認識を抱えているのが浮き彫りになっています。

苦しいのは、よくわからないもの、言葉にならないものが原因だからだと思います。

苦しみは全て必要だった

このように捉えられるようにこれからも生きてゆきます。






Last updated  2020.01.31 19:24:42
2019.12.24
カテゴリ:真我
メインのワークの後半に入ると意識はどんどん変化してゆきました。
その中で最も印象に残っている事があります。

それは、私は父が小さい頃から父を愛で包んでいたという感覚が湧き上がった事でした。

感覚が湧き上がったのと一緒に涙が溢れてきました。
溢れた涙と一緒に大量にうめき声のようなものが出てきました。
うめき声は自分に内在している過去の記憶のように感じました。
それからも淡々とワークに取り組みました。
ワークを通じて、自分の過去の記憶が芋づる式に掘り下げられていっているのが僅かながら感じられた気がしました。

真理は変わらない
完璧は変わらない
父は完璧だった

相対は絶対だった

今回の再受講で全ての完璧さが深まりました。
参加して本当によかったです。
又再受講します。






Last updated  2019.12.24 21:48:25
2019.12.22
カテゴリ:真我
今年最後の宇宙無限力体得コースを再受講しました。

解決したい事、期待する事として【自分に内在しているものに向き合い出会う】と決めて取り組みました。

最初のワークでは沢山の心が現れました。

なんでしんだんだ
もういやだ
ころせ
ころす

沢山の心と同じように沢山の咳も出ました。
現れた咳の方が現れた心を上回っているように感じました。
堰を切ったように現れた心でしたが、終盤あたりになるとその心はあまり掘り下げられなくなりました。

あまり掘り下げられなくなった原因は、自分の存在そのものが塵なのではないか?と感じられたからなのだと感じました。
自分を塵なのではないかと感じた根本原因は現れた心を掘り下げたからなのだとしか捉えられませんでした。
わからなさは感じながらも、自分は未だ未だ内在しているものに向き合えていなかった。その時は向き合っていたのだとしても、それは本当に僅かであって無限であったのだと感じる事はできました。

メインのワークは父で掘り下げました。

ワークシートを書き上げると何枚目かに【今迄だったらこれでもいいけどこれからは違う】という思いが現れました。
今までにあまり無い舵を切った気がしました。

僕は小さい頃からお父さんの身体の弱さを恨んで哀しんでいました
お父さんを死に至らしめた身体を恨んで哀しんでいました
お父さんを死に至らしめた病気を恨んでいました
私も同じ病気で死ぬのだといつも不安でした
でもそうじゃなかったんですね
お父さんの身体は完璧でした
私は間違っていました


ご先祖様お父さんが私を生んで育ててくれたおかげで私は真我を追求できている
本当に私は恵まれている
ずっと私は恵まれていたのだ


お父さんは身体が弱かった
病気がちだった
だからずっと僕も僕の事が不安だった
でもそうじゃなかった
お父さんは完璧だった
お父さんは愛そのものでした

私はお父さんの子供でよかった


今回はワーク中に今迄に無い気付きもありました。
最初から真我なのだからという思いから、今迄なら納得行くまで粘り強く進めていた部分を瞬時にやってみたりもしました。

私の全ての認識は感じた認識の分だけ愛であり完璧なのだと今迄以上にすんなり捉えられた感覚がありました。

私が常に抱えている不安は父の身体を弱さに対して、それを鏡のように受け止めていたからなのだと感じました。
そしてそう感じると不安が消えた、無くなったようにも感じました。

後半に入ると、父の身体が弱いのを知っていたのは私が母のお腹の中にいた時からであったように思い出されました。
そして自分が生まれる前から父の事を心配していた事に涙が溢れてきました。

2に続きます。














Last updated  2019.12.22 11:34:23
2019.12.19
カテゴリ:日常
年末に差し掛かり日々忙しくしています。先週の(火)からずっと仕事の日々です。
私は日課として毎日ダイアリーを付けています。(特に朝に記入する事を心掛けています)
今朝何を書こうかと考えた時、最近の自分を見つめると、朝から晩まで忙しくて昼休憩もなかなか取れなくて、身体も疲れていて首や肩はこるし肘や腰は痛いし、ものもらいはできるし、怠くて眠くて、でも思うように休めないし...

忙しさに苛々してしまい、それが仕事中に表情に出てしまっているんじゃないか、まずいなと気になっていました。

そして何よりも、今まで自分はそういう苛々を抱えている自分自身を認めたがらず、絶対に回りの人々に気付かれないようにしながら瞬時に自分を責めて自分の感情を押し殺して生きていた事にようやく気付く事ができました。

心の変化・・・忙しい今イライラするのは仕方が無いと思った。
↓イライラするのは仕方の無い事。このイライラをしながらでも何でもいいから、全ての人を愛として捉える事。そして自分が愛そのものとして生きてゆく事が自分の本当の仕事なのだと感じた。
と書きました。

このような気付きは真我開発講座を繰り返し再受講してきたお陰だと感じています。又、拙い文章ですが自分の成長記録としてブログに書き綴ってきた積み重ねが大きいと思います。

ブログとダイアリーを書く事の大切さを改めて感じた1日でした。







Last updated  2019.12.19 21:46:39
2019.12.10
カテゴリ:真我
初めてのYSカウンセリングセンターでの講座だったのですが、入室して席に座った途端に何とも表現し難い頭痛がしました。 その頭痛があった事に少し驚きました。

今回の未来内観コースに予め解決したい事として、自分に内在している拘りを消し去りたい。
期待している事として、自分に内在している拘りが自分の亡くなった父とどう関係しているのかを体感したい。

その決意で取り組もうと思いました。
開始前から、根本原因に真っ正面から向き合っているふりをして向き合っていなかったと感じました。
今回は逃げずに向き合おうと思いました。

最初のワークでは沢山の感情が湧き出ました。

何で死んだんだ
こわい
死んでおめでとう
わからない(大量)
おれも死ぬ運命なんだ
みんなも早く死んでくれ

沸き上がったこのような感情に淡々と向き合いました。

父で取り組んだメインのワークでは、先ず自分の中にはこんなに父を死に至らしめた病気を恨み憎む心があったのだと感じました。
父を死に至らしめた病気を恨む事ができ、父を死に至らしめた病気を憎む事ができました。
ここから意識が変わってゆきました。

僕が生まれる前からお母さんと二人で僕の誕生を待ち望んでくれていた事
僕が生まれてからいつも僕の成長を喜んでくれていた事
僕はお父さんの事が大好きでした
大好きだったお父さんが亡くなった事はショックだった 認めたくなかった 大嫌いになった
でもそうじゃなかった
僕はお父さんの事が大好きだった

私は感謝が足りませんでした
私は生まれてこなくてよかったと思っていました
でもそうじゃなかった
私は生まれてきてよかった
生まれてきてよかったんですね

ワーク中で嗚咽が止まらなくなりました。
父からの思いに自分が近づけたからだと感じました。

お父さんは今までずっとこんなに僕の事を心配してくれていたんですね
僕は心配かけていたのはわかっていました
自分を責めてばかりいたけれどそうじゃなかった
お父さんが心配してくれていたのはお父さんの僕に対する愛そのものだったんですね
僕の事を愛してくれていたからだったんですね

父の病気の奥にある真我に感謝できました。
沢山の気付きの得ました。
又再受講します。
















Last updated  2019.12.10 22:44:29
2019.12.01
カテゴリ:真我
大宇宙の覚醒を受講しました。

開始早々に右手中指に水脹れのようなものが出てきました。5分程で治まったのですが、ちゃんと身体が反応している事に少し驚きました。

学長の講話を聴きながらもっと未来内観、宇宙無限力体得を再受講したくなりました。
学長の講話を聴いていてもよくわからない自分がいて、少しでもわかるには少しでも谷に黄金を流れ込ませるには、私には三層構造の二層目を書き直す為に未来、宇宙の再受講が最適なのだと改めて感じました。

真我に出会う前を振り返ってみました。

不安
焦り
怯え
恐怖
イメージ
希死念慮
自殺願望

父を愛せない
母を愛せない
兄弟を愛せない
人を愛せない
自分を愛せない
自分を好きになれない
自分を認められない
無視
盲目
孤独
作り笑い
殺人
被害者
加害者
冤罪
原罪
取り越し苦労
徒労
不毛
無駄
他力
不意


観念
無学
緘黙
自滅
etc.

真我に出会った後を振り返ってみました。

全てが愛だった
真我に出会う前は全て妄想だった
私が感じていた事は全て妄想だった
妄想も愛だった
全ての真実は妄想の上にあった
妄想はなかったのだ
妄想の上の真我が真実だった
今迄の私には捉えきれなかった
全てが愛だったのだ

様々なワークの中でどうしてもワークに入り込めていなく感じた時がありました。
そんな私はまるで、『よくわからない人』そのものに感じました。

よくわからないが、何かよくわからないもののお陰でこの講座を受講している

そんな風に感じながら、よくわからなくても、そのよくわからないが愛なのだという事は自分の想像を超えた深い部分で感じる事ができました。
これは今回の受講に至る迄の未来内観、宇宙無限力体得の両コースの再受講のお陰だと感じました。

ワーク中に意識が上がってゆく感覚がありました。

父は私を育てる為に自分の命を受け入れた
父が亡くなった事は全て父の愛だった
父が亡くなった事は過去世、家系から引き継がれていた
過去世、家系の闇を粉々にするのが私の仕事
父が亡くなったのは愛だった
私では到底捉えられない程の深い愛だった
私は愛で生きてゆく
お父さんの愛は完璧だった
妄想は無かった
真実しかない
真我しかない


学長の講話の中で心に強く残ったものがありました。
【闇も光を求めているけど、光も闇を求めている】
私には『相対は絶対』なのだと感じられました。
学長が以前話していた、
【絶対を愛として捉えるなら、絶対に気づかせるための愛ですよね、相対は。
だから、相対も絶対なんです。】
という部分を思い出し、改めて父は愛そのものだったと気付かされました。

明日から大切にする事として、
生き辛く感じたら全て愛と捉える
何も感じられなくても、それも一つ一つ全て愛と捉える
と決めて生きてゆく事にしました。
それは私の生まれてきた目的にも繋がるのだと感じました。

今回受講してよかったです。
又再受講します。














Last updated  2019.12.01 21:26:52

全137件 (137件中 71-80件目)

< 1 ... 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >


© Rakuten Group, Inc.