2018.08.05

8/4宇宙無限力体得コースを再受講して

カテゴリ:真我
昨日、宇宙無限力体得コースに参加しました。

受講にあたりこの3つを必ず守るという意識をもって取り組みました。

1 絶対に手を止めずに動かし続ける事
2 自分の感情をスピードを上げ書く事
3 実際にあったお父さんに関する出来事を書く事

メインのワークに入る前のゴミ出しでは過去に溜め込んでいた、
「引っ越ししたくない、このままがいい」
「優しくされたい」
「大事にされたい」
「死にたくない」
「皆で俺を裏切りやがって」
「身内迄俺を裏切りやがって」
「お父さんが亡くなった事実を消したい、無かった事にしたい」
「お父さんは死んでない、生きてるんだ」
「何で死んだんだ」
「お父さんは死んで身体は無くなってるけど魂は生きてるんだ。俺がお父さんをずっと悲しんでばかりいる私をみたらどう思うだろうか?」
等、湧き出ました。

午前中の内にふと、
『田んぼのあぜ道に立っている子供』や
『首と右手に障害を抱えている女性』の様なモノが現れました。

でも今回は相手にしませんでした。何故なら相手にしていると精神が消耗して身が持たないし、目標にしている3つの内容に相反するからです。


メインのワークでは、父を恨んでいた自分、亡くなった事実を受け入れない自分が浮き彫りになりました。

ワーク中に「無償」という言葉に引っ掛かりました。「無償」って何なの?と。

「父が亡くなった事こそが、父が私にとって無償の愛を通してみせてくれた神の愛そのものだった」
のに、私は亡くなった事実をいつまでも受け入れず、世間体を意識し過ぎた事もあり感情を押し殺し生きてきた事が露になりました。

『父の無償の愛を全くわかっていなかった』
『私は父の無償の愛の真逆をやっていた』
事に気付きました。

受講中、終わりに近づくにつれ胸が圧迫される様に痛み出しましたがなんとか最後迄参加する事ができました。


今迄に無い気付きのあった今回の宇宙無限力体得コースでした。









TWITTER

Last updated  2020.08.24 13:37:41