000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

新之助とクミョンの房子

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

フレンチ

2008年04月10日
XML
カテゴリ:フレンチ

今回は久々のフレンチ、「パトゥ」でランチです。
場所は中山手通り、鯉川筋とトーアロードの間、2005年からこちらに
移転されたようです、オープン仕立ての頃お邪魔したことがあります。

その時も一緒でしたよね?さぁイノシシ山のMちゃんと突入です。

店内.JPG

入り口にウェイティングスペースもあるプチメゾン風です。
客席も落ち着いた大人の雰囲気、席間は広くゆったりとしています。

まずアミューズにホタルイカ登場です。

ホタルイカ.JPG

あっさりとトマト味の効いたおいしい一品でした。

前菜.JPG

魚介と新鮮野菜のおいしい前菜です。
トマトが甘くておいしい、蛸もぷりっと良い歯ごたえです。

スープ.JPG

春キャベツのスープ。
お天気のよろしくない日だったのでこの温かさがうれしい。

魚.JPG

二人ともお魚を選びました。イサギのポアレです。
お味はあっさり、春らしいメインです。

パン.JPG

フレンチにはめずらしい、パンにオリーブオイルです。
最近はバターが貧窮してるから???まさかですよね???

でざ1.JPG でざ2.JPG

左はMチャンのデザート、こちらの名物クレームカラメルパトゥ風です。
右はクミョンのパッションフルーツを使ったデザート。
どちらも上品でおいしいお味でした。

神戸では今一番注目されていると言ってもいいフレンチのレストランです。
ものすごく期待して行きました。でもあまり印象に残らないお料理でした。
食ったぜ!」という感覚がない。もう1つなにかに欠ける食後の空気。

そしてソムリエのオッ様、サービスが喫茶店でした。
満席に近い状態でしたがあれは興ざめでした、しかしお店を後にする時
マダムが深々と頭を下げておられたのはとっても印象良かったです。

少人数のクラス会などによろしいのではないでしょうか?

松園.JPG

その後大丸で開催中の日本画を鑑賞。
上村松園の画く美しいい明治の女達にため息です。

END







最終更新日  2008年04月17日 13時19分10秒
コメント(0) | コメントを書く


2008年03月08日
カテゴリ:フレンチ

看板.jpg

かなり前から気になっていた「レストロ・エスパス・トランキル」
北野の帝王の妻マーリンさんとランチです。

エスパスは「空間」、トランキルは「心の静けさ」、を意味するんだそうな。
土曜のお昼、静けさとは縁遠く店内満席、予約してて良かったです。

場所は生田神社の西側を北に、中山手通を渡って少し上にあります。
「ホテル本陣」の横って言ったほうがわかりやすい人も多い?かな。

魚.jpg

前菜が3種とメイン、デザートのコースにしてみました。
まず最初の前菜、お魚のマリネに黒オリーブのソースがかかっています。

マーリンさんによるとこのソースはプロバンス地方のソースでタブナードという
そうな、そういやここのシェフはプロバンスのレストランで修行されたのでした。

パテ.jpg

お次の前菜はこちらの名物のパテが登場。
横の岩塩をちろっと付けて食べます。こりっと軟骨の残りの歯ざわりが
良くて見た目より重くなくさらっといただけました。

北海度アスパラ.jpg

北海道のホワイトアスパラに生ハムとパン粉のソース。
季節感溢れるさわやかなお料理です。

鳥.jpg

メインの登場です。淡路地鶏を香ばしく焼き上げたお料理。
皮は文字通りパリッと、身はものすごくジューシー。
素人のクミョンが言うのもおかしいですが上手なお仕事してはります!

ここ、おいしいーやん!

デザート.jpg

最後のデザートもしっかり驚かせてくれました。
春菊のプリン!いい香りです、容器もおもしろいです。

いやぁ、参りました。もっと早く来ればよかった!
いい意味まったく予想を裏切られました、シェフはかなりの腕前ですぞ!

それでいて気負いがなく、お友達とわいわい夜に来たら楽しいだろうな。

再訪間違いなしでございます。

☆マーリンさんのコスチューム&デコメイルを楽しみにしていた皆さん、
ごめんなさい撮り忘れました!来月にご期待くださいませ☆

END







最終更新日  2012年04月06日 09時48分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年02月04日
カテゴリ:フレンチ

北野の帝王の妻マーリンさんと先日の「怒るで!イタリアン」のリベンジです。
さて、今日で二人の気分が晴れるか、それとも益々憤怒の嵐となるか?

元町大丸近くのビル内にある「オルフェ」でフレンチをいただくことにしました。
クミョンはこちらがオープンして早々お邪魔してから数年ぶりに2回目です。

最初の板.jpg

テーブルに置かれていた薄いチーズ煎餅(汗)
こちらはグランメゾン風な店内、平日にもかかわらず女性客でほぼ満席。

黄色いジュレ.jpg

まず「人参のムースとジュレ」美味しかったですがこれに対して
「突き出しです」という表現でした。はぁ?なスタッフの感触はここから始まりました。
お味はとってもおいしい一品でした。

前菜.jpg

「海の幸と旬野菜のサラダコンポジション新春バージョン」
これの説明も「オル
フェ自慢の~」ときました、自慢してどうする?
素材は新鮮で爽やかな一品でした、けどジュエンヌのあれを食べた二人は
もひとつ感動が薄かったですねー、文句が多いって?

SOUP.jpg

+600円で「レンズ豆のあたたかいスープ」もいただきました。
まったりとした良いお味でした。

マーリンメイン.jpg

マーリンさんのメイン「本日の鮮魚のポアレ、菜の花のクーリソースとフリット添え」
春を楽しめる美味しそうなお料理です。
この時の説明も 「なんと!天然の。。」 なんと、言わなくていいですから。

クミョンメイン.jpg

クミョンのメイン「柔らかく赤ワインで煮込んだ牛頬肉、サツマイモのピューレ添え」
とろけるようなお肉にソースがものすごく美味しい一品でした。これはうまい!

きんかん.jpg マーリン.jpg

デザートの2品です。
左がクミョンの金柑のコンポートとミカンのグラニテ、はちみつアイスクリームと」
右はマーリンさんの「柿の冷たいスープ、アールグレイのジュレとアニス風味の
アイスクリーム」どちらも手抜きなしでおいしい。

ガトー.jpg

お料理はコスパもお味も大満足と言っていい程の内容でした♪

ただ、サービスが倭人男は凛々しくあれって思想のクミョンは好きでない種類でした、
もしかしたらこういうのが好きな人もいるかもしれない。行ってみて体験してください。

マーリンさん.jpg

今回もゴージャスなマーリンさん♪
帝王の御近影、ありがたく拝見いたしました。こちらにアップしようと
思いましたがこれ以上ファンが出来ても問題だろうから控えました。

また次なる挑戦に爪を磨いておいてね!

END



 







最終更新日  2008年02月06日 00時35分57秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年01月30日
カテゴリ:フレンチ

従妹のCちゃんと久々に大阪ランチです♪
ブログをいろいろ調べる内に人気の高いこのお店に行ってみたくなりました。

IMG_5316.JPG

肥後橋の「トゥールモンド」、ビストロ的なフレンチのお店です。
予約時に2500円のランチを指定したのですがとランチも夜と同じアラカルトで
オーダーするシステムに変ったそうです。先日改装して再オープンしたみたいですね。
 

IMG_5307.JPG

一皿がガツンと大きいとので二人で分けたら調度いい量でした。
「自家製スモークサーモンとラタトゥーユ温泉玉子のせ」

IMG_5310.JPG

山形県産米沢豚肩ロースとキャベツの蒸し焼き
ルクルーゼにドカンと入ったままサーブされてきました。

IMG_5314.JPG  IMG_5312.JPG

1人分をお皿に盛り付けた状態です。たっぷりの野菜で身体も温まります。
おいしいマスタードをつけていただきました。

二皿とも素材が吟味されてるのでとても美味しいお料理でした。
ここはランチ使いより夜に3,4人ででワインを開けて、という方がベターかもです。

IMG_5318.JPG  デザ1.jpg

Cちゃんのデザート「黒豆入りクレームブリュレ」、クミョンの「蜂蜜のアイスクリームがのった
生チョコのガトーショコラ」どちらもすごくおいしい♪

Cちゃん、今回も楽しい大阪ランチでしたね。次は春真っ盛りにどこかで♪

寒い日が続きます、こんな時にダイエットなんかしたら風邪ひきますよー。
なぁんて身勝手な言い訳作って毎日飽食状態のクミョンです。

END

 

 

 

 







最終更新日  2012年04月10日 01時19分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年12月18日
カテゴリ:フレンチ

いりうち.JPG

今日は泣く子も黙る二人組、北野の帝王の妻マーリンさんとクミョンの忘年会が
御影のフレンチ「ジュエンヌ」で催されました。

「ビストロジュエンヌ」と名乗っていた頃数回訪れたことはありましたが神戸の中心地に
フレンチのお店が次々出来たこともあり遠ざかっていました。2年ほど前にリニューアル
されメニューもかなりイケテルという噂なので約10年ぶりに
襲撃してみることにしました。

親子.JPG 厨房内.JPG

店内は以前と全く様相が変わり幅の広いカウンターがきれいに磨き上げられた
厨房の前に設えてあります。後ろにテーブル席、広い店内ではありませんが席は
ゆったりとしています。父(シェフ)と息子のペア、他に男性二人、厨房の中から
4人がきびきびと緊張感をもって動いているのが伝わってきて気持ちがいいです。

ワインそそぐ.JPG

マダムが選んでくださったワインで、お食事の始まりです。

赤ピーマン.JPG

一品目は赤ピーマンのムース、こちらの定番だそうです。美しくおいしいスタート。
これを食べたらこの後のお料理のレベルの高さが直感できました。

サラダ仕立て.JPG

お次はお花畑のようなお料理です!丹波産の味の濃いお野菜が一つ一つ丁寧に
飾り付けられています。明石の蛸、本鮪も新鮮でとってもおいしい。

ただ、このガラスのお皿を使うなら下に白いお皿を重ねた方がベターでしょう。

スープ.JPG 黄色い蕪.JPG

黄蕪のスープがなんともこれまた美味♪
黄蕪って始めて目にしました。黒い野菜の次は黄色い野菜がブーム?

フォアグラ.JPG

マッシュポテトの上にフォアグラとトリフです。
このお料理も今日頂きたかった品の一品です。
濃厚なんだけれどものすごくおいしい!
パンを使ってお皿に残ったソースまでしっかりいただきました。

口直し.JPG

口直しの新生姜のシャーベット。

魚.JPG 仔羊.JPG

マーリンさんはメインにお魚、クミョンは仔羊を選びました。
添え野菜もとてもおいしく、盛り付けもきれい。

プリン.JPG

デザートの前の小さなデザートが出てきました。
グレープフルーツのプリンです。

ブラマンジェ.JPG  ミルフィーユ.JPG

左はマーリンさんのブランマンジェ、クミョンはアズキのミルフィーユにしてみました。
デザートも気持ちの行き届いたすばらしいものでした。

少しお財布が軽くなりますが、再訪は間違いないでしょう。
マーリンさん、今年は再会出来てうれしかったわん♪来年もどうぞよろしく。

キバチャン全身.jpg  エルメス.jpg

歩く○百万。。。この後他のお友達とディナーだそうですが夜道は御注意あれ。
特にこのバッグ、これ一個で韓国何回行ける?そういう問題違うって?

END

余談ですが。。。。。

豚足.JPG

カウンターの端にこれが・・・・クミョンは豚の顔は美味しそうに見えますが
この毛の生えたままのグロい生ハムは目に入れたくないんです。怖い。

自分の脚が燻製にされてこうして肉を剥がされるところ想像してみて、不気味っす!







最終更新日  2007年12月23日 11時59分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年12月11日
カテゴリ:フレンチ

最近赤い料理ばかりだ、ここらでフランス人に一度なって軌道修正しておかなくては。
そんなところで本日は北野の「Recette」で久々フレンチのランチです。

ここはオープン当初(2000年)から時々お邪魔しているお店です。
元町のR兄さん、K女史、クミョンの3人で襲撃してみました。

カクテル.jpg

まずは、伊勢海老のカクテル。おいしいスタートです。

ワインボトル.JPG  ワイン.JPG

ランチなのでハーフでいただきました。口当たりのいいおいしいワインでした。
一度K女史が酔っぱらった所を見たいのですが今回も作戦は失敗でした。

R前菜.JPG

R兄さんの前菜、根室産季節の蟹とアボガドの冷製 ガルグイユ仕立て 
バジルのジェノバ風ペーストとクルスティアン風味

K前菜.JPG  くみ前菜.JPG

左はK女史の前菜、本日市場よりの海の幸たっぷりサラダ ハーブ風味
右はクミョンの前菜、サーモンと温泉玉子(チョイスしたのが無くて特別メニュー)

見た目もお料理の大事な要素だと思います、どれもきれいで美味しい前菜でした。

Rメイン.JPG 白子.JPG

R兄さんのメイン、白子のお料理です、本日優勝の一品。
おすそ分けをいただきました。口の中でほわーっと広がって美味し過ぎ~♪

Sメイン.JPG  くみメイン.JPG

K女子のメインは本日のお魚料理シェフスタイル、クミョンのは仏シャラン産鴨のロースト
アカシアの蜂蜜と7種のスパイス風味セロリ・ラブのチュイル添え

Rでざ7.JPG

R兄さんのデザート、ぶどう風味のクリスタル・ゼリーとフルーツのフェスティバル

Kデザ.JPG  くみデザ.JPG

左はK女史のデザート「紫芋のモンブラン サツマイモのクリュスタードとグラス添え」
クミョンはこちらの定番「フレーズ(苺)のブリュレ シュクル・フィレ(飴糸)を纏って」

お料理もデザートもどれもこれも食べたくなってしまう、素敵なものばかりです。

おいしいおいしいは連発しませんでしたが、全て花丸のランチでございました。
楽しいおしゃべりも花を添えて3人とも大満足♪

ツリー.JPG 犬.JPG

エントランスではなぜだか渋い面構えの番犬が、クリスマスバージョンの衣装ですが
こいつ、接客業向きではありません。

END

 



 


 







最終更新日  2007年12月20日 10時23分37秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年11月29日
カテゴリ:フレンチ

tennai.jpg

GWに東播の皇后が御家族で来神した際に利用して以来だから半年ぶりです。
元町商店街入り口の「igrek」でランチしてみました。

前回は豪華ファミレス1号と認定してしまったお店ですが、今日は?
韓国文化研究会の3人娘、ユイチャン、イグラオンマさん、クミョンで襲撃しました。

アントレ一皿とメイン一皿のコースを選びました。

soup.jpg    pan.jpg

まずはぽちっと小さいスープ様のものが登場。
パンは出来立てで香ばしくておいしかったです。

kisihmoto zensai.jpg  kishimoto main.jpg

ユイチャンのアントレ(左)ミル貝、キャビア、冬野菜のコンポジション。タピオカのドレッシング
が珍しいですね。メインは骨付きヒラメ、西洋牛蒡、ノワゼット風味のジュです。
ここのお料理はビジュアルにすごくこだわりがあるようで美しいです。

igura zensai.jpg  igura main.jpg

イグラオンマさんの前菜(左)ホロホロ鳥、フォワグラ、カリンのキューブ。こちらもきれいな
お料理です。カリンのお味が少しきついかな。メインは仔牛フィレ肉、うすい豆のリゾット、
野菜のタタン。奥に立っているパスタの容器に入った添え野菜が面白いです。

  ebi.jpg kumi main.jpg

クミョンの前菜(左)アシアカ海老、オレンジ、グレッキュ野菜です。こちらの前菜は冷、温から
選べるような設定で温たかい前菜にしてみました。普通に美味しい。メインは子羊の煮込み、
トマトのラヴィオリ、蕪とコリアンダー。子羊の煮込みがとっても美味しくてチョア。

dezato.jpg

追加でケーキもぺろっといっちゃいました♪この中から3種選んで食べ比べました。
お紅茶もコーヒーもおいしくて今回は3人とも満足の笑みでランチは締めくくられました。

GWの時はいったい何だったのだろう。ええやん!Igrek♪
けどー、けどー、前もいた男子、相変わらず無愛想全開でやな感じ~
女子達はてきぱきと好印象なのに残念なり。

END



 







最終更新日  2007年12月01日 12時28分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年11月02日
カテゴリ:フレンチ

♂が山へ出かけた間隙をぬって夜のお出かけです♪

元町商店街の北側、狭い路地にひっそりと存在するフレンチ
「Kobayashi」でディナーです。
K女史、Sちゃん、クミョンの3人で襲撃してみました。

tennai.jpg

入り口近くはカウンターが数席、奥のテーブル席に案内されました。
色を抑えた店内は清潔感があります。私達の横に上品な御夫婦が来られました。

かなり前から噂を聞いて楽しみにしていました。
昼も夜もおまかせのメニューです。さて、どんなお料理が登場してくるのでしょう。

zensai 1.jpg

前菜の一皿めです。キノコのソテーと温泉玉子?
大部分がお皿にくっついてお味がわかりにくかったです。

ebi zensai 2.jpg

お野菜と海老をフライしたものが前菜2皿目で登場しました。
この海老、頭から全部食べられるという説明でかぶりついたら
ヒゲが口の内にグサッとささり悲惨な状態に。危険でした。

zensai 3.jpg

前菜にフォアグラ?のポアレです。じゃがいものピューレにマデラソース。
もう少し火を入れていただいた方が食べやすいかもしれません。

前菜3品には驚きましたがどれも「これ」といったお皿はなく。
一皿でもいいので上質な前菜で勝負して欲しい。特に一皿目は閉口。

soup.jpg

アスパラのスープです。あっさりとしたお味。普通においしかったです。

sakana.jpg  kutinaoshi.jpg

本日のお魚料理、赤ピーマンのソースがきれいでした。
そういえばここはお皿が全部白、白白白、で口直しも白。

buta.jpg hituji.jpg

かなりお腹いっぱいになったところでメインのお肉料理が登場です。

左はK女史とSちゃん御注文の鹿児島産黒豚のソテー。
右はクミョンのオーストラリア産子羊、ごめんなさい、残してしまいました。

お料理が違うのに添え野菜が全く同じです。
ビジネス街のランチではないのですから、少し変化が欲しいと思います。

manngo deza.jpg   

yakirinngo deza.jpg   tyoko deza.jpg

デザートは3人違うものをオーダーしました。
マンゴと林檎のは普通においしかったです、クミョンの胡桃の入った
チョコレートのテリーヌは。。。まぁまぁでした。

うーん、かなり辛口の書き方してしまいました、オブラートに包むのがヘタなクミョン。
ゆっくり元町でお食事したい時には隠れ家的でいいかもしれませんよ。

時間に余裕をもって行ってください。この日は普通に食べて3時間。
部屋に戻ると暗闇の中で新之助の目が怒っていました。

END

 


 







最終更新日  2007年11月07日 09時57分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年10月30日
カテゴリ:フレンチ

ougi.jpg

ネットでレストランを探しているとびびびびっとくるお店に極稀に行き当たりますが
ここもそんなお店でした。

京都祇園町南側にあるフレンチ「KEZAKO」

京都にくるついで、というよりメインイベントの1つとして
OZW真理ちゃんと訪れました。

上は二皿目に現れたお料理ですが、声の上がる様な一品でした。
三層になった下の段は赤ワインで煮たうなぎ、中間は葱と林檎の煮たもの、
上の段は燻製したうなぎです。和の材料とこの銀杏の器が見事なうつくしさ。

zennsai 1.jpg  pan.jpg

一皿目はアスパラをヨーグルトソースで和えたもの、赤紫蘇のムース、下には
鯵と葡萄のタルタルが隠れています。シェフはガラス食器がお好きなようで
インテリアの雰囲気も透明感を感じます。このお皿は斜めになっていたのですが
画像でうまく表現できていません。パンのお皿もすごく可憐で美しい。

glas.jpg  table shiturae.jpg

ドイツ製のミネラル用グラス、テーブルのしつらえ、どれも洗練されていてうっとり。
ただおいしいお料理だけ提供するだけでなく、ここにいる時間を特別なものする。
シェフの思いがすべての所に現れています。

soup.jpg  soup kakudai.jpg

濃厚で色々な香りの素敵なかぼちゃのスープ。秋色の京都を感じました。
きゃー、お料理に興奮してここらへんから内容が飛んでいってます~!

sakana.jpg  skana kakudai.jpg

メインの登場です。鯛の上にかぶさった山芋の焼いたのがすごく香ばしい。
美しい京野菜がそれぞれの味をしっかり出していました。

deaz-to.jpg

otya.jpg  yakigashi.jpg

最後の焼き菓子を食べる頃にはすっかりKEZAKO信者になっていました。
久々に「必ずまたくるぞ!」と心に誓わせてくれる店に出会えました。

お店は1階にカウンター席があり、そこだと目の前でシェフの手さばきも
拝見できるようなのですがあいにく2階の個室に通されました。
ゆったりと落ち着いてお食事できて良かったですが次はカウンターで食べたいな♪

最後ですがシェフのStephan PANTELさん登場

sutefan.jpg

お食事の終わった頃席までご挨拶にみえました。クミョンと真理ちゃんは久々に
使うフランス語で会話が出来て楽しいひと時でした。

うそ。

ステファンさん在日12年、関西弁ぺらぺらの歯に衣着せぬマシンガントーク。
なんだか始めて会ったとは思えないくらいしゃべりまくってしまいました。

今日、おいしいという表現がなかったように思いますが、いちいち書いていると
めんどうなので集約してここに書いておきますね。

ここはムッサおいしい!

END

 ☆予告☆

shishi.jpg

明日はもう1つのメインイベントとその他をアップいたしまする







最終更新日  2007年11月02日 09時41分45秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年08月15日
カテゴリ:フレンチ

ドラリオンなお盆のランチはOZWの真理ちゃんと
御堂筋線淀屋橋駅から5,6分の

name.jpg

行く前も行った後も名前が覚えられなくて困った
「ラペティ ロ アラブッシュ」に行ってみました。

今はなきプラザホテルで22年間腕を振るった方が箕面に出店、
去年こちらにこの支店もオープンされました。1周年アニバーサリーメニュー
を頂いてみることに。店内はあっさりとしたデザインで素敵です。

asupara.jpg

まず、香川県産の白アスパラガスのスープです。
外は暑かったので冷たさがうれしい、量もたっぷり、半分くらいでいいかも。

zenssai.jpg

北海道産の鮮魚と帆立、きゅうりのサラダ、トマトのグラニテ添え。
シェフが野菜にとってもこだわっているので一つ一つ産地の説明が
ありました。そのお味を生かす為でしょうか?全体的にあっさりしています。
生のオクラをかじって食べたの始めて、キュウリも美味しい♪

supu.jpg

エビの香りが濃厚なスープ、真ん中はお魚のムース?
最初にスープ状のものが出てまた?って感じでした。量が多い!
おいしいのだけれど疑問の残る一品。
メニューはメインとデザートを数種類から選びます。
紙面に書いて欲しかった。早口で聞かされてもわからないでーす。

main.jpg

うずらのロティとマッシュルーム型のパンに入ったリードヴォーの軽い煮込み。
お野菜はおいしいけれどうずらが少し硬い。リードヴォーもぐにゅっとしてて
お盆にこんな殺生していいのかと二人はしばし黙祷。けど完食。

gyokuro.jpg  itigo.jpg

デザートは二人ともパフェを選びました。これまたすごい量!
左が真理ちゃんの玉露のアイス、右がクミョンのイチゴのアイス。

ネットで見つけて前から気になっていたお店なのですが、今回はお盆と
いう特別な環境だからかしらん?このお店の実力があまり発揮されて
いなかったような感じです。また機会があったら行ってみてもいいかな。

それと、またまた災難にあったの、私たち。。。。
テーブルとテーブルの間がかなり狭い御店だったのですが横に
また変な自慢タレのきたないおっさんが一人で座ってスタッフに
何かとうるさく話しかけたり、一人でぐちゅぐちゅ言いながら食ったり。
それが気になって気になって。。。集中出来ませんでした。
おっさん!金のブレスレット!今時不気味ですから!

sara.jpg

ここのシェフのいらしたプラザホテルの初代会長が描かれた
絵をデザインしたお皿のテーブルが入り口近くに拵えてありました。

クミョンの在籍した某アホ女子大の謝恩会もそういやプラザだったなぁ。
ホテル業界もバブルこの方外資の影響も受けたりして様変わりしました。
クミョンの勤務していたホテルも消えてしまったし。
新しいピカピカも良いけど、古き良き物は残して欲しいですよね。

END

 

 







最終更新日  2007年08月21日 10時00分38秒
コメント(0) | コメントを書く

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.