000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

諸行無常

PR

Calendar

Freepage List

Category

Archives

2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11
2018.10
2018.09

Recent Posts

Rakuten Ranking

2007.05.19
XML
テーマ:ニュース(75453)
カテゴリ:資産運用

 ちなみにふるさと納税のような税金では無いですが、ふるさとに貢献できる方法としては、他にもミニ公募債ご当地ファンドというものがあります。

 ミニ公募債というのは地方自治体が出す債権で、国が出す国債みたいなものです。 地方の自然保全や、防災、病院、子育て支援等に主に使用され、国債と同程度の金利(0.25%)程度が支払われるというもので、そこに住んでいる人しか買えないそうです。

 ご当地ファンドというのはその地域で活動してる企業に投資をするというもので、その中の何分の1かを寄付や復興金にあてるというものもあるらしいです。このファンドが上手くいけば、地域企業の株価が安定し、資金調達が容易になり、雇用が増え、次いで消費や税収が上がる、というものらしいです。いくつか種類があり、外国債券や外国株式を組み込んでいるものもあるそうです。

 ただ、良くも悪くも一つの地域に集中しての投資なので、ポートフォリオという観点からはリスクが高いとは思います。 おそらくそれを補うために全く関係の無い外国債券や外国株が入ってるものがあるという話なのだろうな、とは思います。
 確かに、外国債券であれば、利回りを確保しやすいというのは理解はできますが、わざわざご当地ファンドを購入されてる方に取ってみれば、正直、少し安易すぎるのではないかな、とは思いますね。  







Last updated  2007.05.19 19:32:44
コメント(0) | コメントを書く
[資産運用] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Headline News


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.