078660 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

諸行無常

PR

Calendar

Freepage List

Category

Archives

2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02

Recent Posts

Rakuten Ranking

2007.06.24
XML
テーマ:ニュース(78190)
カテゴリ:環境

 日本政策投資銀行と大阪ガスが「エナジーバンク」となずけたファンドを設立、運用する事で中小企業のCO2削減を設備の改善により促進し、削減したCO2を大手企業に販売するというCO2削減フアンドを実行していくとの事です。

 モデル的にはエナジーバンクが機器を購入・保有し、中小企業にサービスを提供する。
それで削減したCO2を販売するというビジネスモデルだそうです。
 その設備改善機器の料金をペイができ、利益がどれくらい残るのかが気になる所ではありますが、それで十分な利益が残るというのであれば、面白い試みであるとは思います。

 以前までは米国がCO2排出量で断突の世界1(58億トン)だったのが、オランダの政府系環境機関MNPによると中国が2006年実績で米国を抜いて世界最大の排出国になり(62億トン)

 貨物会社の広告には貨物輸送機関のCO2排出原単位が載っており、鉄道貨物が環境に優しい事をPRしています。

(国土交通省平成16年度版)
 鉄道         22 (gCO2/t・km)
 内航船舶    38
  トラック   173

 本当に少しの間に世の中は変化していってるな、とは感じます。
世界的なCO2削減の取り組みの基準もGDPを考慮するであるとか、削減しなくてはいけない将来の数値を基準にしなくてはいけないとか様々な議論がでてきております。

 本当に良い事だと思います、上手くまわっていけばいいな、と心から思いますね。
 







Last updated  2007.06.24 23:36:55
コメント(0) | コメントを書く

Headline News


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.