078785 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

諸行無常

PR

Calendar

Freepage List

Category

Archives

2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02

Recent Posts

Rakuten Ranking

2009.07.12
XML
テーマ:ニュース(78326)
カテゴリ:

 ダウ工業株30種平均は3日ぶりに反落し、前日比36.65ドル安の8146.52ドル(終値としては4月下旬以来、約2カ月半ぶりの安値水準)で終了し、日経平均は8営業日続落。週の終値でも9300円を割り込み終値は9,287円と少し前と比べると、大幅に下落をしており、ドル円に関しても92.51円という円高水準に突入。NY原油も6月末の73ドルから59ドル台にまで下落しており、少し前の時期の株安、ドル高、原油高に比べるとましなのかも知れませんが、株安、円高、原油安状況が続いております・・。

要因は明らかで、「6月米雇用統計」だそうですが、

 6月米雇用統計の中身というと、
・6月の非農業部門雇用者数は▲46万7000人
で、市場予想中心を大きく下回る数字で、雇用者数のマイナス幅が縮小する流れが今年2月から5月まで、4カ月連続で続いていたが、今回停止し、5月分は今回改定値で▲32万2000人「リーマン・ショック」が起こった昨年9月分の▲32万1000人と、ほぼ同じ数字とのこと。

 バブル崩壊で過剰供給能力が問題視されており、米企業CEO(最高経営責任者)は雇用に慎重姿勢。しかも、失業率は景気の遅行指標であることから、ホワイトハウスのギブズ報道官でさえも「今後2~3カ月で10%に達する」という見通しを口にせざるを得ない、厳しい状況であるとのことです・・。

 その結果、「6月の雇用統計が事前予想よりも悪化したことで、景気の先行きに対する楽観論が後退したため」にNY株が下落、日経平均株価下落、ドル下落、NY原油下落という図式の様ですね・・。

 まあ・・こればっかりは仕方が無いような観はしますが、来週にかけて、「米国では大手金融機関の決算発表が予定されており、内容が良ければ米株価の上昇につながり、日本株も買われるとの見方が出ている」とのことですので、又、もうしばらく様子見というところでしょうかね・・。

 







Last updated  2009.07.12 20:06:27
コメント(0) | コメントを書く
[株] カテゴリの最新記事

Headline News


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.