077966 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

諸行無常

PR

Calendar

Freepage List

Category

Archives

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01

Recent Posts

Rakuten Ranking

2009.08.29
XML
カテゴリ:ニュース

 厚生労働省は28日、新型インフルエンザの今後の流行に関する試算を発表したそうです。10月の流行ピーク時には1日当たり約76万人の患者が新たに出て、全国の入院患者は最大時で4万6400人に上る可能性があるとしたそうで、国民の3割が感染すると、入院患者は6万9800人に上り、死者数の試算はしていないそうですが、米国の想定では入院患者の約30人に1人が死亡するとしているとのことです・・。

(試算は海外の流行状況や感染率などから、季節性インフルエンザ感染者の約2倍にあたる国民の平均2割、都市部などでは同3割が発症すると想定。今シーズンの入院率を全患者の1・5~2・5%(38万人~64万人)、インフルエンザ脳症や肺炎など重症者の発生率を同0・15~0・5%(3万8000人~12万8000人)として算出。)

 患者数のピークは流行開始8週間後になるとし、国内での流行開始(今月10~16日)に当てはめると、10月上旬ごろに来るとのこと。

都道府県には、診療所での夜間診療延長なども準備するよう指導。ぜんそくや糖尿病など持病がある人は医療機関で感染する恐れがあるため、医療機関に対して電話による診療、持病の薬を長期間使えるよう一度に処方することも求めているとの事です・・。

 通常は夏にかけて報告が少なくなるにもかかわらず、現状このような話になっていることに加え、当初はそれほどひどい症状もでないという話でしたが、現在は急性脳症や人工呼吸器が必要になる場合も僅かながら報告されているそうです。

まあ、冬に向かう10月にピークを迎えた場合、冬に入る手前に収束に向かうとは考えにくいとは思いますので、今回はさすがに注意が必要ですね・・。

 

 

 







Last updated  2009.08.29 13:30:56
コメント(0) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Headline News


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.