000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

諸行無常

PR

Calendar

Freepage List

Category

Archives

2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11
2018.10
2018.09

Recent Posts

Rakuten Ranking

全49件 (49件中 41-49件目)

< 1 2 3 4 5

ニュース

2007.01.09
XML
テーマ:ニュース(75488)
カテゴリ:ニュース

 今日、防衛庁が防衛省になったそうです。
 まあ・・主権国家であれば、当然、「有事の際に自国のために戦わなくてはならないという時に備えなくてはならない」というのは当然なので、良いことだとは思います。

 ただ、力を持つ事は、同時に力の使い方を考えねばならないということだと思います。
 以前のイラク戦争は最たる例、アメリカの戦争には、ほとんどいいがかかり、というか、イラクの石油権益を狙って戦争ありきの外交だったようにもみえますが・・、間違いなく正義は無かったですよね・・、フセイン大統領も死刑にされ、よりいっそう、間違いなく、治安は乱れていくことになるでしょう・・。

 日本の現状を考えると「アメリカ盲従も止む無し」というのは理解できますが・・願わくば、「アメリカ盲従も止む無し」という現状を変えてくれれば・・とは思います、が、それは厳しいかな・・とも思います。
 ただ、日本の正義は無いんですかね・・と思う、教科書通りなら、イラク戦争には間違いなく賛成できないでしょうに・・、昔の日本は本当に大したものだと思います・・。

 今回、防衛庁から防衛省に格上げされるに当たり、自衛隊のPKOが国防と並び、本来任務になったそうです、これを、アメリカに盲従するための大義名分ではなくて、アメリカに盲従しないための大儀名分に使ってくれればな・・・そのための布石だったらな・・とは思っています・・。

 







Last updated  2007.01.09 23:32:04
コメント(0) | コメントを書く
2007.01.06
テーマ:ニュース(75488)
カテゴリ:ニュース

 2007年スケジュールにあったので調べてみました、安部首相の所信表明演説で登場したもので、「使い勝手も含めた日本の国際空港などの機能強化も早急に進め、ヒト・モノ・カネ・文化・情報の流れにおいて、日本がアジアと世界の架け橋となる」、「アジアの活力を取り込み、かつ日本の文化、歴史、伝統をアジアに発信していこう」という構想らしいです。

で、中身としては
●アジア・ゲートウエイ構想基本理念
1.開放的で魅力ある日本を創る
2.開かれたアジアをつくる
3.互いを尊重し共に生きる

●重点政策として
1.人流・物流ビックバン
2.国際人材育成・受入戦略
3.日本・アジアの金融資本市場機能強化
4.国内市場型産業の競争力強化
5.アジアの活力を取り組む地域戦略(対日投資、国際会議誘致、観光戦略等)
6.日本の魅力の向上・発信 
7.アジアの共通発展基盤の整備(EPA、環境、エネルギー等)

とのことです・・、
 が、中にある、EPAの意味自体が、EU、ASEAN等にみられるように、「FTA(自由貿易協定)を核とした、人・モノ・カネの移動を含め自由化し、幅広い経済関係強化を目指す」というものですので、 平たくいえば、アジア・ゲートウエイ構想というのは日本を中心としたアジア全体のEPAを目指し、その準備をしていこうという考え方だと思われます・・
 現段階では基本理念、政策をどう実行していくかというとこまでは進んでないと思うので、当然、いい面、悪い面はあると思いますが基本的にはなんともいえないです・・

 ただ、しっかり抑えるとこさえ抑えて実行するのであれば、いい政策だとは思います、が、当然議題がアジアの事だけに、中国、韓国との話もでてくる事はまちがいないでしょうし・・かなり大変な作業で、間違いなくかなりの能力が必要になる事だと思います・・
 その実力が今の日本にあれば間違いなく、いい話だとは思うんですけどね・・。
 
 







Last updated  2007.01.07 00:58:43
コメント(0) | コメントを書く
2007.01.04
カテゴリ:ニュース

 2006年もいろいろありましたが、
遂に2007年です、正月休みも今日で終了です・・
2007年以降の大まかなスケジュールをまとめてみました。

2007年
1月
○大阪と中部の商品取引所合併
○ブルガリアとルーマニアEU加盟
○ウインドウズ・ビスタ発売

2月
○G8財務相会談
○夕張市総務相に財政再建団体入り申請

3月
○総務省完全失業率発表
○教育再生審議会中間発表
○OPEC総会
○公示地価

4月
○改正容器包装リサイクル法施行(レジ袋有料化)
○セブン&Iホールディングが電子マネー「nanaco」導入開始予定
○フランス大統領選
○浜松市、新潟市が政令指定都市に

5月
○アジア・ゲートウェイ戦略会議が第1次報告

6月
○国際バイオEXPO(東京)
○ドイツでサミット

7月
○APEC貿易担当相会議
○参議院議員選挙

8月
○路線価

9月
○APEC首脳会議

10月
○日本郵政公社民営化、郵便貯金銀行など発足

11月
○小型2輪車などに新排ガス規制適用
○FAO(国連食料農業機関)総会

12月
○銀行窓口での保険商品販売が全面解禁

2008年
6月  東京・池袋~渋谷間で地下鉄13号線開業
8月  北京オリンピック
11月 アメリカ大統領選挙

・・という感じになると思います、
予想していたよりも知らない予定がたくさんありました・・
2006年に引き続き、2007年も順調に成長の年とする内容が多かったように感じましたけど、はてさて、今年はどんな年になりますでしょうか??







Last updated  2007.01.04 14:49:12
コメント(0) | コメントを書く
2006.12.23
テーマ:ニュース(75488)
カテゴリ:ニュース

 12月20日、2007年度予算の財務省原案が発表されました。
内容は
○一般会計が82兆9088億円
○税収は過去最高を見込み
○国債の新規発行額が25兆4320億円で4兆5000億円の削減
○社会保障額が21兆1341億円で2.7%増
○公共事業費が6兆9473億円で3.5%減
○教育が3兆9256億円で0.3%減
○中小企業で1617億円で0.1%増
○経済協力(ODA等)で7293億円で4%減
○防衛で4兆7293億円で0.3%減
○少子化対策で1兆4800億円で13.0%増
 など等です・・詳細はわかりませんが、方向性では、正しい方向性なのではないかと思っています、個人的には、もっとODA、国債などをへらしていいのではないかと思います。

 よく一般会計のニュースをきくと、年収800万円くらいの人が1億4000万円くらいの借金を背負っている、利払いで、年500万円、破綻は目前だ!!的な内容が多いようにかんじましたが・・・
 全く持って違うと思いますよね、確かにその人的には厳しいと思いますが、その人が、借金額に近い、不動産等資産を所有していたとしたら、どうでしょうか??厳しいにはかわりませんが破綻しなくてはいけない水準でしょうか??いざとなれば、不動産を売却、もしくはリース等に変えて現金化すれば、問題ない水準ですよね・・

 更に、最近のニュース等を見てると、個人的な不始末があったので、首相が退陣だとかするべきだとか・・・
 本来、全くないとはいいませんが、政治的な能力と個人的なスキャンダルは別ですよね、それを何もかも一緒に批判するってキリがない、完璧な人間なんてそんなにいないいと思いますけどね・・・
 もう少し考えた意味のあるニュースにして欲しいですよね。  

  







Last updated  2006.12.23 19:50:51
コメント(0) | コメントを書く
2006.12.13
カテゴリ:ニュース

 少し前までは、就職・転職は「空前の売り手市場」ということでしたが、最近はどーなんでしょうか??
 私が見てきた感じですと、やはり、専門職IT関連・医療等)、特殊なスキル、経験を持つ方々のスキルアップという求人が圧倒的に多かった気がします、基本的にこうゆうスキルアップの転職は、人が足りないという状況らしいので、年収が上がるということも、多々あるそうです、流行の人材紹介会社もこうゆう求人をかかえている場合が圧倒的に多いようです。
 逆の言い方をすれば、売り手市場のほとんどがこうゆう求人なのではないか、とさえ思っちゃいますよね・・。

 未経験の分野に転職する場合は、人材紹介会社=採用時に手数料かかる、ということもあるのでしょうが、サイトで直に申し込んだ方が、反応はいいような気がします、結果論サイトで直に申し込んだ企業の方が選考が進みました・・

 そして、いよいよ明日から、新生活です・・。

各種求職情報







Last updated  2006.12.13 20:58:09
コメント(0) | コメントを書く
2006.12.10
テーマ:ニュース(75488)
カテゴリ:ニュース

 日経新聞によると、厚生労働省が8日、労働政策審議会労働条件分科会に働き方の多様化に対応した新たな雇用ルールに対して報告案を提出したそうです。

 一般的に「日本版ホワイトカラー・エグゼンプション」といわれてるもので、中身は、労働時間(一日8時間、週40時間)にしばられない自由な働き方を可能にするものらしい・・・
 報告案では、
1.労働時間の長さで成果を評価できない業務に従事
2.権限、責任を相当程度伴う地位
3.仕事の時間配分を使用者が指示しない
の3点を明示しており

 年収の明示(経営側の主張は400円以上、労働側は導入認めず)と、残業代(現行は25%以上なのを、組合側は50%を希望している)の2点が主な焦点で、バランスをとりながら最終的に決定するということらしいです。

 まあ・・、現段階ではなんともいえないですね、経営者側はそりゃ導入したいに決ってると思いますが、やはり、この制度の対象者はごく一部の人に限られるべきだと思います、経営者側の年収400万円以上が対象というのは、お話になんないですよね、これだと、「400万円以上もらう営業の管理者は死ぬまで働け」というのと同義語だということになりかねないと思うんですよね・・
 現在、少子化の問題がよくとりざたされてますけど、個人的には問題のかなりの部分は、労働時間にあると思うんですよね・・、常識的な法案にしてほしいですよね。

 ・・で、そこから調整があり、12月16日現在では年収制限は800万円~900万円以上を対象に絞って最終調整をするとのことです・・、いや~関係ない世界の話になりそうで、本当に良かったです。







Last updated  2006.12.10 19:01:40
コメント(0) | コメントを書く
2006.11.28
カテゴリ:ニュース

 今日、ソフトバンクに社名変更して、初めてSHOPに行きました・・・
外装も綺麗ですし、カタログが情報誌になってるのは画期的だと思いましたね、MyYAHOOが携帯でも使えるのもかなり便利ですしね、
 まあ、携帯の会社自体は大前提メールアドレス変えるのがめんどくさいですし、孫さんを日本で最も尊敬できる経営者の一人だと思ってますんで、変えるつもりは毛頭無いですし、携帯自体も新しい機能ができるまでは当分変えるつもりはないですけど、問題は料金ですよね、
 あの例のCMは、結局以前からあるソフトバンク内同士で登録した携帯番号に・・という事でしょうし、行って驚いたのは、au、ドコモユーザー向けに同じような料金体系もあるんですよね・・なのに、今自分が入ってる料金体系の説明はほとんど書いてないんですよね・・、変えるつもりがないので店員さんにわざわざ聞くのもどうかと思いましたし・・
 で、YAHOO自体は、やはり、WEB3.0の概念がこれからの課題で、eコマース(電子商取引)と広告収入が主な収益と考えているそうです、携帯サイトでは既に検索エンジンがかなり進んで、公式サイトがあまり調子がよくなく、今まで人気のなかった非公式サイトが流行りだしてるとも聞きますが・・そこまでの市場になるんですかね・・・
 攻めもいいですけど、守りをちゃんとしてから、攻めてもらいたいですよね・・。
後、関係ないですけど、ホームページ更新しました







Last updated  2006.11.28 22:55:28
コメント(0) | コメントを書く
2006.11.21
テーマ:ニュース(75488)
カテゴリ:ニュース

 少し前からWEB2.0、WEB3.0という言葉がよくきかれますが、なんでも米国の出版社のオライリー・メディアのCEOが提唱した概念との事で、特定のサービスを指し示すものではないそうです。
 では、WEB2.0の概念とは何かというと、ユーザーが受信、発信、検索、共有の4つをうまく使ってる状態、1.0では受信と検索しかなかったのが、2.0では、発信、共有の概念が加わったとのことです、成功例として、グーグル、アマゾン、ipod等があげられてます、多分、現在私たちが意図せずに使っているサービス、ブログのサービスにプラスアルファした、動画、音楽、声なんかのサービスの提供なのでないかと思います。
 で、それよりも先に進んだ、WEB3.0というのは携帯電話や家電、等でもいつでもどこでもつながる時代になり、どこからアクセスしてもサービスを提供してもらえる状態になるということらしいです。

 なるほど・・それで、あんなに携帯のアフリエイトがどこも多いのだな~という感想です、正直いうと私的には、今のままで十分既存のサービスを使いきれてないですけどね・・それにプラスアルファして、いろんなサービスがでてくると・・取り残されないことで精一杯ですよね・・
 どちらかというとイメージ的には、サーバーがネット社会の国というような概念で、その中で、その国の人どうしは同じサービスを使える・・的なイメージではないでしょうか?
(現段階でも、楽天ブログ内は楽天アフリエイトのみ、ヤフーであればヤフーのアフリエイトのみですもんね・・最近、他の人のブログを見るようになり、よーやくきずきました・・)

 ただ、実社会では、顔が見え、話す態度や、服装、話し方、話す内容等で、大体どんな人かはわかりますが、ネットの社会はわかりにくいですよね・・それこそプロフイールから画像まで自由自在に変えれますからね・・楽天ブログ内の人はイメージ的には良識的な人が多いような気はするんですけど・・こちらも実社会同様経験を積むしかないのでしょうね・・

 







Last updated  2006.11.22 03:04:42
コメント(0) | コメントを書く
2006.11.19
テーマ:ニュース(75488)
カテゴリ:ニュース

 最近ニュースで、未履修問題とかいじめ問題ですとか、教育基本法改正ですとか、教育に関する話題が多いように思えます。
 もし、教育基本法改正の議論の過程でで明るみになってきた・・というのであれば、それはそれでいいことだとは思いますが、さてどうなんでしょうね?

 教育に直に携わっているわけではないので、今の現状、組織等についての問題等はわかりませんが、大前提として教育問題に対して思うのは、自分自身が教育をうけた時にも感じていたんですが、歴史をちゃんと教えてない、もしくはそれはおかしいという歴史認識が多いのではないか、ということです。

 一例をあげるのであれば、西欧の国々がアジア諸国、もしくは日本以外のほとんどの国を植民地化したことに対しては何のコメントもなく、そうゆう時代もありました的な話で、日本軍の大東亜戦争に対しては、世界的な大戦争、まわりの国々はほとんど植民地化されているという時代背景の説明は全くなしで、いけないことをしたという事のみ強調されて教えられますよね・・・、当時も思いまいましたが、せめて、どちらかの見方に統一するべきだとは思いますよね・・ (詳しい内容は「国民の教科書」が一番おもしろいです。)           

 それにプラスして戦後以降の歴史がほとんど教えられないですし、教科書に載ってる古い時代の資料がみんな権力者との闘争の資料ですし・・・他には全く何も残ってないんですかね?

 安部氏の”美しい国へ”によると、教科書に「家族の価値観も様々で犬が家族と思う人もいれば、おじちゃん、おばあちゃんを家族と思わない人もいる」というような意味のことが載ってる教科書もあるらしいです・・・・が、                                

最低限のルールを理解した上での価値観の多様化ですよね・・・今は実際にどうなってるかはわかりませんが、ニュースを聞く限りではあまりかわってないのではないかとは思います。

 まあ、単純に考えて、歴史を、今自分が現時点にいる過程を知らなければ、先人に対する感謝、敬いの感情も当然生まれないでしょうし、ひいては地域に対する愛情、大きなカテゴリーでいうのであれば愛国心も育たない、ということは判ります。

 例をあげるのであれば、苦労に苦労を重ねて創業し、成功した会社を引き継ぐのと、気がつけばそこにあった既に成功してる会社を引き継ぐ場合に、気持ちの部分で、変化する部分はないのか?寧ろ、悪いことばっかりしてこの会社は成功したんだよ、と教えられて引き継ぐのとで、気持ち的な変化はありませんか?という話になるのだと思います。人間であるのであれば、当然それらの事で気持ちの部分で変わってくるというのが当然だとは思いますが・・

 個人的にいうのであれば、国家であるのであれば自衛のための軍隊を持たないという時点で発想が既におかしい、どこかに守られないと存在できない=国家として自立してない=属国ですよね、例はあげるまでもないと思いますけど・・
 その考え方であれば、核を持つことも選択肢として大いに有効だと思いますが、
この意見に対していろいろな反対意見があるというのは理解できます。

 ですが、正直、今いろいろ議論されているような、愛国心というフレーズに対して反対意見がでているというのは正直理解に苦しみます、このフレーズのどこに反対する必要、理由があるんですかね?日本が嫌いなら他の国に行けばいいのに・・というのはいいすぎかもしれませんが、私的には今の教育関連の問題の原因の大部分はここにある、と思うんですけどね・・

 

                                                                               

                              






 

 







Last updated  2006.11.20 04:08:37
コメント(0) | コメントを書く

全49件 (49件中 41-49件目)

< 1 2 3 4 5

Headline News


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.