000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

三文小説

かぐや姫幻想

かぐや姫幻想  みずのしんじ 愛川京子
kaguya

幸せだった 里での暮し
かぐや姫は この世の人でなく
月に帰らねば なりません

約束の十五夜 やがて来る
この運命(さだめ)出会いと別れ
握り合うその手は 離されて
姫は宙(そら) 登りゆく

「かぐや姫の話しに涙したのは つい昨日のよう
そっと目を閉じると あのころの楽しかったことが
浮かんでくるの たくさんの思い出を ありがとう
人はみな いつかは天に帰るのですね」

幸せだった 二人の暮し
とこしえに 続くと願っても
限りあることを 知りました

*月を見上げれば 走馬灯まわる
幻を 心にだいて
力の限りに 生きてゆく
涙すて 微笑んで*(くり返し)




© Rakuten Group, Inc.