168241 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

  徒"然草 ~づれづれなるままに~  by 整体処 明響庵(めいきょうあん)

PR

Freepage List

Category

Archives

Calendar

Comments

田端 久士@ Re:整体と按摩1。(05/25)  コメントに返信を下さって、お礼申し上…
なまはげ侍@ Re[1]:今年も稲作が。(05/19) 田端さん ご無沙汰しております。お元気そ…
田端 久士@ Re:今年も稲作が。(05/19)  前の文章で、最初の段落が一字下げをし…
田端 久士@ Re:今年も稲作が。(05/19) 久しぶりでございます。誠実に訪問致しま…
なまはげ侍@ Re:最年長の力の次(10/03) >やぎねぇさん >これもまた、他人の評…

Favorite Blog

ブルーオーシャン New! 野見山 文宏さん

スモールビジネス女… 塩見直紀(半農半X研究所)さん

Rakuten Profile


なまはげ侍さん

死中に活あり

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
自然農  古武術  医術  自然観察  釣り  採集  生命  言葉    子育て 
2017.02.11
XML

明響庵月刊紙「からだの自然」より抜粋記事を紹介します

~春の訪れ、発散し整う身体~

まだ寒さは残るものの、日中の陽気に、高まる生命の息吹に、春の訪れを感じる今日この頃。

 

私たちの体もまた、春の訪れとともに緩み、エネルギーを外に出そうとする現象が活発に起こってきます。今頃流行るインフルエンザもまたその表れでしょう。冬の間溜め込んだ余分なエネルギーが春の身体の変化とともに溢れて出ていきます。

 

風邪などで小出しにしていれば良いのですが、出てくるものをクスリで抑えるようなことをしていると、身体もどこかで調整のための発散を欲し、春の機に乗じて、やや大規模な発散(排泄)現象を表すことになります。

 

ですから、身体の側から見れば、インフルエンザをはじめ、多くの病気とされているものは、生理現象であって、自然治癒、調整機能の表れに過ぎません。

 

溜まったものが、何かの拍子に溢れる。それだけのごく身近な現象ですが、インフルエンザを「ウィルスが悪さをする病気」と固定された視点でのみで見ていると、突飛な話に聞こえるでしょう。

 

病気とか、ウィルスとかいう言葉は恐ろしいイメージを膨らませます。その膨らませたイメージ、意識の過剰というものが曲者で、不安をかきたて、体にも影響を及ぼす。体が実際に感じている以上のことを頭が錯覚させてしまう。痛みや苦しみを自分で大きくしてしまうことも往々にあるのです。

 

例えば、子どもが転んで泣いている時に、「どうしましょう」と親もいっしょになって慌てふためいていれば、子どもは不安を大きくし、なかなか泣き止まないもの。

 

逆に、「痛いの痛いのとんでいけ!」で大方泣き止み、過剰に痛がることもありません(ただし、この呪文も本気でやらないと効かぬものです)。

 

それにしても、なぜゆえ恐ろしいイメージを喚起させる情報にとらわれるのか。もちろん、科学的根拠を妄信してしまう傾向、自分で考えることができず、大勢に流されてしまう傾向はあるでしょう。

 

もう少し深く見ていくと、加えて、そういう情報を選んだ方が実は都合がよい、という場合もあります。保護の対象になりたい、という幼児性。暇をもてあましているゆえの、火事を喜ぶ如き野次馬根性。関係の希薄から、病気で存在を主張しようとする人もいる。何というか、人の弱さをくすぐるんですね。

 

そういう人の弱さに応えて、医療業界は膨み続けていますが、その過保護がまた人を弱くする、という泥沼で、結果的に病人は増える一方ときています。

 

人は生き物ですから、自ら整う力を持って生まれてきています。そして、経験を重ね、乗り越える中でその力を発揮しつつ、強くなっていくことができるのです。







Last updated  2017.02.11 17:50:26
コメント(0) | コメントを書く
[明響庵からのお知らせ] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.