224556 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

  徒"然草 ~づれづれなるままに~  by 整体処 明響庵(めいきょうあん)

PR

Freepage List

Category

Archives

Calendar

Comments

田端 久士@ Re:卒園式。(03/30)  コメントに対する返信を、誠実にお礼申…
かがや@ Re[1]:花粉症とか。(03/05) 田端さん、ご無沙汰しております。 コメン…
田端 久士@ Re:花粉症とか。(03/05)  毎年、同窓である、そちらを誠実に応援…
田端 久士@ Re:整体と按摩1。(05/25)  コメントに返信を下さって、お礼申し上…
なまはげ侍@ Re[1]:今年も稲作が。(05/19) 田端さん ご無沙汰しております。お元気そ…

Favorite Blog

ワイル博士だってワ… 野見山 文宏さん

・・・・・・・・半… 塩見直紀(半農半X研究所)さん

Profile


なまはげ侍

2018.01.25
XML
カテゴリ:医、健康、からだ

治療を難しくするものの一つに、被害者意識、というものが挙げられる。

 

簡単に言うと、あいつのせいでこうなった、という、誰か何かのせいにする、という意識である。

 

これは大方、だから誰か何とかしてくれ、あるいは誰かが何とかしてくれる、という自らを欠いた物語を夢想させる。依存心をくすぐるのだ。

 

 

だが、現実につらいのは自分であり、治るのもまた自分である。

そして、治る過程において、自分に対する観察とそれを踏まえた行動の変化(例えば、ある動きをしたら痛いから、別のやり方をしてみる、といった)が経過を速やかにするとともに、自身を強く、賢く成長させる。

 

 

例えば、インフルエンザの原因として、ウィルスばかりに落としどころをあてつけようとするのも、被害者意識の構築を促すものであり、結果、盲目的に人はクスリやワクチンを求める。

 

かかる人とかからない人がいることをかんがみれば、当然起こりうる疑問、自分あるいは家族がなぜインフルエンザにかかりやすいのだろう?と自分たちに目を向けるには至らない。

 

 

ところで、これを少し広く社会的・経済的な視野で眺めてみる。

 

ウィルスという仮想の敵を用意し、人とウィルスの対立構造を作り出せば、人の被害者意識から依存心が求める産物、クスリ・ワクチンがバカ売れする、という図が見えてくる。

 

これは、対立構造を作れば、武器が売れる、という戦争の構図と実は等しい。

 

不便を敵とすれば、家電が売れる、というのも同じかもしれない。

 

 

何がいい、悪い、という話では無いのだが、この構図において、問題になるのは、大方の人が、クスリに依存していく人よろしく、弱くなっていくところである。

 

医療技術は発達しているにもかかわらず、病院に通う人が減らないどころか、増えている、という現実が物語っている。

 

社会保障や保険制度があって、一見弱くても誰かが助けてくれるようなシステムに見えるかもしれない。が、気をつけなければ、依存心を煽られて、知らず知らず搾り取られていくことを、現代の日本に生きるならば知っておいた方がよい。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

身体から自分を知り、自分を変える

 

整体処 明響庵めいきょうあん)

http://meikyoan.jimdo.com/
755-0151 宇部市西岐波4604-8
受付 918(予約制)、不定休

ご予約・お問い合わせ0836396275

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

楽しく、自ら整う力を育む

整体体操教室

毎週火曜日10:3012:00

@宇部市常盤ふれあいセンターくりす

 

感覚を磨き、しなやかな体を培う

武道で和の体づくり

毎週土曜日14:0016:00

@宇部市常盤ふれあいセンター

 

お問い合わせ0836-39-6275

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★







Last updated  2018.01.25 16:04:36
コメント(0) | コメントを書く
[医、健康、からだ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.