211817 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

  徒"然草 ~づれづれなるままに~  by 整体処 明響庵(めいきょうあん)

PR

Freepage List

Category

Archives

Calendar

Comments

田端 久士@ Re:卒園式。(03/30)  コメントに対する返信を、誠実にお礼申…
かがや@ Re[1]:花粉症とか。(03/05) 田端さん、ご無沙汰しております。 コメン…
田端 久士@ Re:花粉症とか。(03/05)  毎年、同窓である、そちらを誠実に応援…
田端 久士@ Re:整体と按摩1。(05/25)  コメントに返信を下さって、お礼申し上…
なまはげ侍@ Re[1]:今年も稲作が。(05/19) 田端さん ご無沙汰しております。お元気そ…

Favorite Blog

のみ友通信 第46号「… New! 野見山 文宏さん

福知山AtoZ研究… 塩見直紀(半農半X研究所)さん

Profile


なまはげ侍

2018.03.02
XML
カテゴリ:明響庵月刊誌より

明響庵月刊紙「からだの自然」3月号より抜粋記事をご紹介します。 


梅の花も咲き始めた今日この頃(二月末)。今年は例年より少し遅い?とはいえ、植物は気候の変化を敏感に感じ取って、だいたい毎年、同じぐらいに花を咲かせます。

実は植物だけではなく、私たちの身体にもそういうところはあって、春になると、身体が緩み、開いていこうとする。頭の骨、肩甲骨、骨盤…、筋肉や関節が緩むと開いてきます。逆に、冬は、寒さに応じ、身体は締まることで放熱を抑えています。

 

当然、無意識的な調整なので、わが身とはいえ、なかなか気づきません。ですが、この時期、開いていく身体のはたらきが妨げられると、様々な症状が表れ、そちらを自覚することになります。

 

その際、身体が表す症状はとかく様々。

風邪、インフルエンザ、花粉症、頭痛やぎっくり腰、関節の痛み、うつ病等心の病とされるものなどなど。現代医学ではいちいち名前を付けて分類しますが、身体のはたらきから見れば、別のようで別でない。

 

ところで、緩むべきが緩まない、開くべきが開かない、というのは、突発的に強い緊張を強いられる、あるいは習慣的に同じところに偏らせて負担をかけ続ける、ということから生じます。ですから、この時季は毎年調子が悪い、ということも起こってくる。

 

突発的なものはともかく、習慣的なものとして、時代柄でしょう、頭に疲労が偏り、緊張させている方が多い。スマホの普及も手伝ってか、特に目からの頭の疲労は多いです。そうすると、この時季、頭の骨が開かないことを中心に、先に挙げたような症状が表されます。

 

うつ病等いわゆる心の病とされるものなど、意外かもしれません。が、その全てではないにしろ、軽度なものは特に、心、というよりは頭の偏り疲労による問題であることが少なくありません。

 

春先は気違いが多い、と昔から言われますが、それは究極的な例。頭に疲労が偏り、緊張がとれにくくなってくると、考えがまとまらない、堂々巡りする、空想・妄想が止まらない、モノの見方が卑屈になる等々起こってきます。イライラしたり、クヨクヨしたり、と情緒にも影響を及ぼします。

心の病、とレッテルをはられると、何とも難しいようで、深刻にとらえがち。しかし、中には頭の緊張を中心に身体を緩めていくことで回復していくものもあるのです。

 

便利な時代ですが、道具に頼りすぎれば、逆に疲労を偏らせやすい。社会ではデスクワークが増え、一見身体の疲労は少ないようでも、頭の疲労から、頭痛、肩こりはもちろん、いわゆる心の病など増える一方ときています。

 

これから、寒さも去って、気持ちの良い季節となります。外でお日さまの下、伸びやかに身体を動かしてみては。ジムでマシーンに従って動くのとは、また違った良さがありますよ。










Last updated  2018.03.02 10:40:14
コメント(0) | コメントを書く
[明響庵月刊誌より] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.