000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Channel Shinzo しんぞうチャンネル

2008.12.15
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
「へえ?あれからもう18年も経ったんだ?。」と思った。

娘が高校生の時に、父娘の2人親子旅でフランスに行ったのが1990
年の夏休みシーズンだった。
パリはそんなに暑くはなかった記憶がある。
エッフェル塔近くのホテルにチェックインして付けたテレビがニュース
で「GULF!」「GULF!」と「LIVE」のテロップで生中継を始めていた。

「なんだか、イラクとかクエートとかで戦争になっているようだなあ」

と、娘にとって初ヨーロッパの1日目が、いわゆる湾岸戦争のニュース
で出迎えられた次第だった。

この日の翌日の8月3日には、早やばやとアメリカのパパブッシュ大統
領がアメリカ軍の派遣を決定して後のイラク戦争へと突入して行ったの
である。

息子のジュニアブッシュが電撃訪問をして、イラクのマリキ首相と並ん
での記者発表の席で、現地の記者から靴を投げられるシーンは、
この18年間のイラク人の一部か大多数か解らないけど、お節介なアメ
リカへのせめてもののジャーナリストらしい爆発表現だったんだろう。
(本気だったらピストルを選んでただろうから。ボディチェックがあっ
たとしてもかいくぐって)

就任時の選挙得票からミソがついて、9、11、アフガン侵攻、イラク侵
攻、国連へのネオコン投入、北朝鮮対策、そして100年間に一度と云
われる金融パニック等々。軍事、外交、経済の3本柱の政策にことごと
く失敗。これは紛れもない事実。

もうすでに色々な評論が出ているけど、やはりジョージ・ブッシュは後
世あまり評価されない大統領として記録されると思う。
任期最後の訪問国で靴を投げられた大統領として。

ジョージのブログさんで紹介されていたが、今回の記者が叫んだ言葉は
「This in farewell kiss,yuo dog!」…これがさよならのキスだ!犬め!
だったとか。

靴が米国大統領に向かってミサイルのように飛んでいった。






Last updated  2008.12.16 10:48:18
コメント(0) | コメントを書く


PR

Profile


しんぞうおじさん

Calendar

Comments

匿名。@ Re:福岡デザイン専門学校の卒業制作展のごあんない(02/06) コメントが少ないようだが 都合の悪いコメ…
Kimiko@ Re:デンマーク北欧マンス(10/22) ポスター展行きました。感動しました。 …
春うらら@ Re:1)ダーウィンという概念(02/12) 当たり前になっているダーウインの名だが…
kwhats@ Re:転倒の顛末(12/14) 気をつけてくださいね。 まだまだ長生き…
模索のひと@ Re:寄り道の楽しみ(04/23) 人生の醍醐味は、寄り道にある

Favorite Blog


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.