000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

岩塩おかあさんの部屋

PR

カレンダー

カテゴリ

プロフィール


岩塩お母さん

お気に入りブログ

はぴはぴママのいえ… New! Yogini,NAOさん

末期 New! VERY WHITEさん

タイ産すいかを使っ… JiM*NYさん

花より団子〜♪ ワンネス整体☆自由が丘さん

コメント新着

いつもHappy。@ Re:39,6ド熱出しました(04/04) こんばんは。 高熱だったんですね。 お…
岩塩お母さん@ ありがとうございます こちらこそよろしくお願いいします。 勉…
いつもHappy@ Re:善き年の御挨拶申し上げます(01/02) 今年もよろしくお願い致します。 お結び…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

ニューストピックス

ランキング市場

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

おいしい生活

2014年11月15日
XML
カテゴリ:おいしい生活
薬膳料理の基礎を、堀内知美先生に教えて頂きました。

ワイワイと、学び、作って食べました♪rblog-20141115090857-00.jpg






最終更新日  2014年11月15日 09時08分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年02月08日
カテゴリ:おいしい生活
rblog-20140208084119-02.pngrblog-20140208084118-01.pngローフードで、ローチョコ作りました。
オーガニックの材料で、ビターなチョコ作りました。

19日、我が家に和歌山から森本マキヨセンセイお招きして、ローチョコ作ります。

11じから、3時、

会費ランチつき、4000円。

rblog-20140208084117-00.png






最終更新日  2014年02月08日 08時41分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年08月08日
カテゴリ:おいしい生活
200808081233000.jpg


今日を感じて、食事会


いい感じ、とっても。


身体は、昨日の五十鈴をふり続けたので、筋肉痛。

満足感、充実感、いい感じ。



いい感じがたくさん。


嬉しいな、楽しいな。



朝も、京都からお客様。


こんなに元気、、。


私の細胞、元気。。すごいんです。。




曼荼羅も喜び200808061932001.jpg


ここの場所に、定まりました。


ありがとうございます。。









最終更新日  2008年08月08日 23時59分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年05月27日
カテゴリ:おいしい生活

簡単に漬けます。

2週間ぐらいから食べられます。

ラッキョウのスは、応用がききます。

 

30日、10時から作ります。

 

限定4名様まで。

お結びランチできますよ。

 

2時までの予定です。

1キロのラッキョウを漬けていただきます。

入れ物も、こちらで用意いたします。

材料費、実費いただきます。。

 

腸の掃除にもいいですね。

この時期、楽しみましょう。。 

 







最終更新日  2008年05月28日 00時39分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年05月02日
カテゴリ:おいしい生活

ばら寿司の食材が、そろわないことから

ばら寿司の会は、取りやめます。

岡山、岡崎さんの身体に優しい料理をいただきます。

あとお一人まで、受け付けます。

 

ご希望の方は、メールください。

詳しく、ご案内いたします。

 

shionowa-sekine@tcn.zaq.ne.jp

 

お待ちしています。







最終更新日  2008年05月02日 16時58分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年05月01日
カテゴリ:おいしい生活

タンポポの会を主催されている岡崎和子さんが発行されている、タンポポ通信より抜粋して転記しております。



岡山名物 備前ばらずし

腹をたてた酔っ払いが濁酒(さけ)をぶち込んで「ばらずし」が生まれ、殿様の目を盗むための

悪知恵jから重箱に隠して豪華に仕上げた」の言い伝えはともかく

岡山の先人たちが豊かな山海の恵みを巧みに処理し、調和させた「備前ばらずし」はまさに郷土の珠玉である。

しかも
岡山のばらずしは、かつて姑から嫁へ、そして娘へと代々受け継がれ、大量に作ったものを家族が揃って箸をつけ、また隣近所へも配られるなど縦横に大活躍してきた名物であった。

ちらしずしとは
以って非なるこの岡山名物が今置き去りになれようとしている。
今、改めて見直し、手塩にかけてやることで
廃れていく、郷土料理をいま、一度甦らせたいと窪田清一さん(福寿司会長)は「岡山の備前ばらすし」(日本文教出版(株))のあとがきで述べておられます。(ご自身の著書)

窪田さんとの出会いは

平成の年の阪神大震災の時、岡山タンポポの会が賛同し、会食用に120人ぶんのばらすしを

引き受け、その指導を窪田さんにしていただいたのがきっかけです。

以後会員の要望で、3、4回仕事の合間を縫って、ポイントを指導して頂き、そのご縁で民放、NHK教育テレビ、マガジンハウス「クウネル」出演、取材をに応じました。

私たちの年代は(6,70歳代)はばらすしといえば、おふくろの味と答える人が多いのでは?オリンピックで活躍した、木原光知子さん(故人)有森裕子さんも岡山に帰る楽しみを

「母がばらずしを作って待っていてくれる」と言われていました。

私のばらすしの思い出は、こども(小学4、5年から)の頃、秋祭りになると祖母が近くの山で

松茸をひいて(獲って)きて二日がかりで母と二人でばらすし(まつりずし)を

大きな飯盆(はんぼん)に一杯作り、松茸が一面に飾られていました。(今では幻のばらすしですが)

それをわざわざ、撥ね退けてお皿に盛って食べたものです。

親類が重箱に詰めて、持ち帰った後、置きの貝が無くなったばらすしを、翌日熱いお茶をたっぷりかけて

美味そうに食べていた。祖母や母を真似て食べた記憶があります。



12年前福寿司のばらすしを初めて口にした時、懐かしい母(今から30年前に他界)の味と重なりました。

それもそのはず、福寿司のばらすしは

明治の始めから太平洋戦争まで、備前から西大寺、岡山あたりの一般家庭でたびたび

作られていたものを、文献と聞き込みをもとに集約し、そのまま忠実に再現したものだったのです。

福寿司でこのばらずしを注文すると、ばらずしの説明文(食べ方、調理法

今日の素材(具)を下さるのですが、前記のようにしるしてあります。

それ以後、窪田さんのレシピ(30人分2,5升用)を概ね一升用にアレンジして毎年のように春、秋のお祭シリーズに

母や祖母を偲んでつくり、近隣や友人、知人、親類に配って喜ばれています。



春筍や蕗、さやえんどうが出回ってくると、ばらずしを作ろうとエンジンがかかるのです。

また遠来の友が見えると必ず福寿司へ案内したり、5、6人分注文して持ち帰って

家族と一緒に食べて大変喜ばれ、注文して、お土産に北海道や関東方面に持ち帰る人もいる程です。





毎回の旬の食材により、素材は変わるのですが、39種の素材を使ったことも。

この種類は珍しいことではありません。

福寿司

JR岡山駅西口から徒歩5分 福寿司本店 086-252-2402

悪戯電話などはしないでくださいね。

 

 

岡崎さんのタンポポ通信、ばら寿司です。

 

5月22日、ばら寿司を食べに行きましょう。

 

岡山から30分です。

集合時間など、又おしらせいたします。







最終更新日  2008年05月01日 22時57分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年12月14日
カテゴリ:おいしい生活

おいしいリンゴがたくさん集まったから、久しぶりにアップルパイを焼きました。

昔、息子と作りました。

ひとりで、思い出しながら作りました。

ママのパイはおいしいよ!!パイのお店を作れるよ。。

息子はよくほめてくれました。昔、むかしのはなし。。

おいしくできたから、一人で紅茶にパイ。

 

もうひとつ作って、東京のまりちゃんに送りました。

穏やかな冬の日に、アップルパイは似合います。。。。







最終更新日  2007年12月14日 22時18分52秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年10月18日
カテゴリ:おいしい生活

我が家に集まる娘の一人が、にんじん嫌い!!

何か、おいしくにんじんつくろ~。

麦ごはんに、にんじんすり下ろして炊き込もうかな!

にんじんケーキ!

 

などなど、3時から時間が空いたのデ、考えていました。

今日は、おルターの日。

立派なにんじんが6本、およそ2キロ。

全部使って、ジャム。

黒砂糖入れると、おいしいですよ。。

 

定番のりんごも作りました。

 

おいしいところを、食べにいらしてくださいね。。







最終更新日  2007年10月18日 22時31分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年09月07日
カテゴリ:おいしい生活

おいしく、たのしく、ありがたくが、テーマです。

自然に迷惑をかけない食生活(合成洗剤を使わないことも含めて)

農業後継者が育っていけるように、夢を持っていけるように。

日本の伝統食がすばらしい。(ニューヨーカーの90パーセントは知っていますよ)

自然食によって、生き方が変わると不安がなくなりますよ

 

大好きなことだけして、生きることが幸せになりますよ。

 

などなど、です。

 

私に自信がいただけました。

わからないながらも、私のしていることそのものです。

感謝をして、野菜を洗い、刻み、炊きます。

どんな方が、食べてくださるのかな?

 

なんだか、とっても、うれしい。。

 

ニュージーランドにお住まいだったのに、熊に呼ばれて日本に帰ってきたんだそうです。

日本くま森協会、熊の棲む豊かな森を次世代に残そうとがんばっていらっしゃいます。

日本熊森協会で探してみてください。

私たちに、できること、いたしましょう。

 

家に帰ると、宮崎の松本英揮さんからメールです。

10月13日夕方に伊丹に着くので、高槻で公演会しませんか?

15日は、大阪とうかがっていましたから、ぜひ前後でお目にかかりたいと思っていました。

13日、夜7時くらいから、松本英揮さんをお招きして、公演していただきます。

詳しくは、後ほど。

 

今日も、素敵な1日、ありがとうございます。。

 







最終更新日  2007年09月07日 23時05分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年12月07日
カテゴリ:おいしい生活

社長さんとの出会いは、4年前のシルクロードのたびです。

薬膳を富山大の名誉教授難波恒夫先生に、朝日カルチャーで習っていました。

先生の企画でシルクロードの生薬市場を訪ねるたびで、永原さんと出会いました。

ご家族一同のお写真を見せてくださったり、僕はゴルフしないんですよ!!

とか、疲れが見えるのかさりげなく気遣ってくださり大変助かりました。

醤油のことも、たくさんの視点から見ておいででした。

味噌は手作りしています、と申し上げるとそれはいい!!

全てを肯定されておいでです。

帰ると、早速取り寄せてつかっています。

各方面から、人気で品薄もわかります。

夫は、五穀芳醇醤油がお好み、私は和風おろしポン酢が大好き。

大根、にんじん、カブなどを切ったらその上にかけて野菜の甘さとともにいただきます。

お粥の会やら、お結びの会などもしていますので、たいへん重宝しています。

岡山のキミセ醤油です。

 

 







最終更新日  2006年12月08日 00時07分35秒
コメント(5) | コメントを書く

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.