000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

風雲 いざなみ日記

全48件 (48件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

判官の多事暴論

2011年04月16日
XML
カテゴリ:判官の多事暴論


災害対策基本法の第105条では、首相に災害緊急事態を布告して、リーダーシップを発揮する権限を明記している。 さらに、第109条では、国会閉会中なら政府は生活必需品の配給、譲渡、物価の統制、債務の支払い延期などの政令を出せることを定義している。



もしも、菅首相に国の危機を乗り切るという気概器量があるなら、国を背負う責任を果たすために政治決断ができただろう。



しかし、彼はただ、「冷静に」とか「国難」とか「命がけで・・・」とかきキレイ事を口にしただけで、今も災害緊急事態を発動していなかった。 実際に、命をかけているのは自衛官警察官消防士、そして自治体の首長や職員だけだ。



今回のような大災害で発動せず、いつ発動するというのだろう。 法治国家において、政治家が法をもって国を主導しないというなら、民主党の政治は暇人の集まりのPTAより無能だ。



3月22日に、災害緊急事態の布告を求めた野党議員に対して、民主党政権は「国民の権利義務を大きく規制する非常に強い措置で適切な判断が必要だ」と答弁しただけだった。



事態は、阪神淡路大震災や関東大震災を上回る大災害だということをまるで理解していない。 こうしているうちにも、被災地で災害弱者の命が削られ、放射線は罪もない国民に不安を与え続けている。 管直人の見識の甘さと決断力のなさは、もう犯罪に近い。 



国難の原因が、災害から人災に代わりつつあると感じる。 無なしの下で、懸命に働く枝野氏蓮邦氏が余りにも可哀想でならない。 



官僚や公務員を恫喝し、自治体や民間にだけ負担を強いて、他党に責任を転嫁してまで政権維持に固執するなら、民主党の全議員が国民の敵とみなされることを覚悟すべきだ。 それとも、亡国の咎人として歴史に自分の名を刻みたいのか・・・




判官は、このブログを書くことで、日記が削除されるならそれで構わない。 民主主義の根本は、法の下の平等主権在民。 その主権者が被災し、生命財産を今も脅かされているんだ。 わだつみ判官が、こうして何が正しくて何が間違っているのかすら述べられないなら、そんな国に未来などない。








最終更新日  2011年04月17日 02時47分11秒
コメント(11) | コメントを書く


2011年02月24日
カテゴリ:判官の多事暴論


今や、瀕死の民主党。 崩壊のはじまりは、そもそも政権奪取直後から。 「最悪でも県外!」と、あの日に確約した言葉はすでに圏外



鳩ポッポが沖縄でしくじって引き篭もり。 巻き返しで見せた、熱血アピールの事業仕分けもボロが出て、当初から財源不足が囁かれていた子供手当ても予想通り雲行きが怪しく、最後は仲間割れで分裂の危機。ほえー



その間も、国政に"民意"はまったく反映されず・・・ 選挙で声高に叫んだ友愛というスローガンはいったいドコへ?



支持率10%台で、それでも政権維持に固執し、首相の座にしがみつく姿は、もう中近東や北アフリカの"独裁者"と幾らも変わりませんね。(笑)








最終更新日  2011年02月24日 02時39分02秒
コメント(8) | コメントを書く
2010年07月06日
カテゴリ:判官の多事暴論

梅雨入り宣言すると雨は降らなくなるし、そうかと思えば被害が出てしまいそうな豪雨になるのがここ数年の傾向です。南九州や首都圏でも、雨の被害が出た様子。 マッチャンさんやマササンは大丈夫だろうか・・・ 判官の幼い記憶に残る梅雨の情景は、里山の青々とした緑とアマガエルの声と、雨の降りはじめの濡れた土の臭いは何処へ行ったのでしょう。


温暖化は問題ではないとする見方と、温暖化は生態系に深刻なダメージを与えるとする二通りの説が入り乱れていますが、年々歳々、四季が失われているのを感じているのは判官だけではないでしょう。


わずか数百年のヒトの営みが地球の自然サイクルを危機に陥れ、わずか、一年余りの政治のブレが日本を没落国家にしては困ります。 自然には『摂理』という、逆らってはいけない普遍の法則がありまず。 過去の歴史に学べば、文明の発祥や民族の繁栄にも法則と条件があるのでは? 


バラ撒きと、直ぐに言い換える空っぽのマニフェストが日本再生の秘策? 消費税10%が内需拡大と国民生活と、福祉や医療改革、地方と農業そして産業再生の切り札?



美しい言葉、目先コテ先の変化に酔いしれ希望を託した投票は、イザとなればご覧の通りです。 日本の末来を数や政党にしがみつく、『群れの政治』に本当に託すべきか?  たまに更新すれば、またしても政治ネタになってしまった。(反省)







最終更新日  2010年07月06日 22時40分00秒
コメント(4) | コメントを書く
2010年03月02日
カテゴリ:判官の多事暴論

これまで、民主党が主張してきた主な政策で課題ですが、民主党の掲げてきた、その他のマニフェストと同様に、どう財源を確保するかについては明確でないことが大きな問題点として指摘されていましたね。

 

私は、この国の子育て支援の政策そのものに反対している訳ではありません。 ただ、民主党の法案があまりにもずさんで偏っていると思う問題点と、財源についての欠陥部分を指摘し、代案を提案ているだけです。 つまり、子育て支援の各政策は、少子化対策に有効で、意義のある政策ですから、もっと議論と試算を尽くして行なうべきだと言いたいだけなのです。

 

支給するメリットばかりがクローズアップされ、リスクは度外視。 私には、そのように見えて仕方がないのです。 それに一番の問題は、ただ子供がいるという家庭に対しての単なるバラ撒き政策であって、低所得の夫婦だけの世帯にとっては配偶者控除が廃止され、生活の困難が助長されることになることは懸念すらされておらず、ある意味、これは生活権の侵害ではないかと思うのです。

 

また、支給対象に、所得制限がほとんどないに等しい状況では、やはり生活格差は必然的に拡大してしまう恐れがあり、それが本当に気になりますね。

 

所得格差、生活格差は年々拡大しています。 今の日本の現状を踏まえれば、個人世帯への給付ではなく、例えば、低所得家庭の幼児を受け入れる保育所の設備充実と助成、同じく低所得家庭の児童や生徒の小・中学校高等学校への政府の就学支援や、将来の優秀な人材確保も兼ねて、国公立大学あるいは技術者を育成する高等専門学校への苦学生の就学支援などに特化してはどうなのか・・・? 

 

政治は、政権維持のためのウケ狙いや思いつきでするものであってはいけません! 今のままでは、赤字国債が増えるか、社会弱者の誰かにだけ負担を強いてしまうのは明らかです。わからん

 

そして、財源の対策としては、基金を設立して市民からの寄付や、一定水準以上の富裕層に対し、一定額を「子育て・教育」と、目的を限定した暫定税として徴収。 同時に、教育文化振興」目的の宝くじを発行など、財源を確保する方法は幾らでも見出せるはず。

 

仕分けや増税、福祉予算のカットで捻出するなどはもってのほかだと判官は思います。 ここしばらく、民主党の政治と金の問題が噴出する中、お坊ちゃま首相や日教組が支持母体の社会主義者議員は、世の中の実情が見えていないのが情けないことです・・・(寒)

 

判官は、いつも投資やお金儲けの事ばかり考えている訳ではありませんし、いつも、のん気にお座敷遊びにふけっている訳でもありません。 たまには、真面目に世の中の事も考えたりします。(笑) でも、久しぶりの更新で、またしても政治的な事を書いてしまいました・・・ 元官僚の悪いクセ・・・ ちょっと、反省です。(汗) 







最終更新日  2010年03月02日 23時06分53秒
コメント(7) | コメントを書く
2010年01月17日
カテゴリ:判官の多事暴論



さっきまで一緒に笑い合ってた・・・




眠りに就くまで 身近に存在した・・・




そんな




自分の周囲に存在する 当たり前の日常が




僅か1分足らずで 目の前から砕けて崩れた




光のない暗闇の中に放り出され




色彩のない夜明けの光景に絶望した




あのとき 起きた事を現実とは思えず




誰もが 自分に起きた出来事を直ぐにはのみ込めなかった・・・




受け入れ難かった・・・




だけど




受け入れなければはじまらなかった




暗闇に聞こえるうめき声と泣き声




今も耳に残る




助けを求める最期の声




死臭と炎 埃まみれの髪 汚れた服 空っぽの心で…




灰色の瓦礫から15年




神戸の街は整備され 外観を取り戻した




ある人は 奇跡の復興だと胸を張る




だけど あの日から




一変した暮らしの中で




神戸の誰もが "失う"という言葉の




本当の意味を知った





今日で、阪神淡路大震災から15年。 あの日、6,434人が命を失い、4万3,792人が負傷。 未だに後遺症に苦しむ人も数多くいます。 震災では、犠牲者の80%が、建物の倒壊や家具の転倒による圧死でした。



また、市内の多くの病院も被災しました。 スタッフの不足や負傷者の殺到、交通網の通信網の寸断や渋滞による転送の遅れが重なって、助かるべき多くの命が失われました。



神戸の教訓は、未だに十分には生かされてはいません。 民主党政権下では、子育て支援や高校の授業料無償化を優先して、公立学校の耐震化予算を6割削減。 これにより、全国の学校では平成20年度予算での耐震工事が終わっても、震度6強の揺れで倒壊の危険がある施設が2万5,000棟もあるのです。 友愛という政治理念は、いったい誰のために掲げているのか・・・




国の未来を語り、日本再生を謳うなら、政権の人気獲得のための"ばら撒き"は根絶して、必要な人に必要な支援のできる国家づくりを目指して欲しいものです。







最終更新日  2010年01月17日 12時02分26秒
コメント(8) | コメントを書く
2009年12月10日
カテゴリ:判官の多事暴論
(神戸ルミナリエ わだつみ判官撮影)


オスロ時事によれば、オバマ大統領が10日、ノルウェーのオスロ市庁舎で行ったノーベル平和賞受賞演説で「平和の維持のため、戦争という手段には一定の役割がある」と演説し、「平和は義務を必要とし犠牲を伴う」とアピールし、世界を戦いに駆り立てながら"テロとの戦い"というアメリカ式スローガンを振りかざして堂々の受賞。わからん



ノーベル平和賞は泥棒に追い銭?



平和のために戦争という手段を使うという"強者の論理"には、正直、違和感を覚えます。 それは、かつて小泉元首相が言及した「改革には痛みが伴う」というのに似て、あれ以降、国民はずっと痛みを感じ続けている気もします。 弱者は強者のための踏み台ではありません。




かつて、人類の平和的発展を願って創設されたノーベル賞。 今では、強者の論理がまかり通るノーベル平和賞は、地に落ちましたね。








最終更新日  2009年12月11日 00時18分40秒
コメント(11) | コメントを書く
2009年11月23日
カテゴリ:判官の多事暴論


経営再建に向けて、再出発するハズのJALは、未だに"視界不良"で離陸できず。飛行機



今日の争点は、巨額の債務超過。そして、その中で大きい割合を占めているのが、OBへ保障していた巨額の手厚い年金の存在です。



そもそも、日本の各企業が社員に保障していた企業年金という制度が、徐々に経営負担になりつつある厳しい社会情勢下で、しかも、各業界で正規雇用者と非正規雇用者との格差が拡がる中、JALは未だに企業年金維持にこだわるとは・・・怒ってる よほど"空気"が読めない体質のようです。 JALは、飛べない鳥になるのか・・・




航空会社が、世の中の風や空気を読めないとは飛ぶ以前の問題。 飛べない鳥は、もはや鶴ではなくニワトリになるしかありません。ひよこ 炭火で焼いて酒の肴にしますか?(笑)







最終更新日  2009年11月23日 23時35分34秒
コメント(6) | コメントを書く
2009年11月16日
カテゴリ:判官の多事暴論


14日、シンガポール時事によると、鳩山首相はアジア太平洋経済協力会議(APEC)に合わせて開かれた最高経営責任者(CEO)サミットで講演し、紛争や災害の被災者を救援するため、海上自衛艦を活用する「友愛ボート」構想を明らかにしています。



紛争地域に自衛隊を派遣するとも取れる発言で、国内で物議を醸しそうですが・・・ 首相はこの構想について「日本の自衛艦に自衛隊のみならず、NGO(非政府組織)あるいはアジアの多くの人たちが協力して乗り組み、紛争があって人の命が危ないとなれば、その船が行って医療などの協力を行う」などと説明。 



「柔軟に動くことができる船を活用することによって、人の命を救うための体制をアジア太平洋地域の人たちが協力して行う発想だ」と語りました。
 



悪くないアイディアではあります。 けれども、なぜ紛争だけが対象なのでしょう? 発生率や救命頻度の高いと思われる大規模災害や事故をなぜ対象としないんでしょう? アジア太平洋地域にとっては、災害被害が過去最大となっているのです。



大規模災害や事故も含めれば、この構想は意味を持ち、画期的な活動となります。 旨く運用すれば多くの命を救え、日本のASEAN諸国に対する存在感もアピールできるハズ。ひらめき 一歩踏み込んで、アジア太平洋地域のどこかに活動拠点を設ければ、海賊対策やシーレーン確保がさらに容易となり、アジアの様々な地域に迅速に救援や医療支援もより円滑に行えます。



民主政権は功を焦るあまり、思いつきでビジョンを展開してはいけません。 広い視野でメリットとデメリットを考察し政策決定をするべきですね。 政権民主党、まだまだ発展途上です。
ウィンク







最終更新日  2009年11月16日 22時24分30秒
コメント(1) | コメントを書く
2009年11月14日
カテゴリ:判官の多事暴論
(YAHOO 報道画像より)


14日は、国連が定めた『世界糖尿病デー』だったそうで、大阪では通天閣、兵庫では姫路城、京都では東寺の五重の塔がライトアップされたとか。 このほか、レインボーブリッジや東京タワーなど90か所でライトアップされたそうです。



国際糖尿病連合では、糖尿病啓発イベントとして、2007年から毎年11月14日の夜には、世界中の有名建造物や名所旧跡でライトアップを実施していて、今年もエンパイアステートビルやナイアガラの滝など63か国、797か所で計画されたそうです。



世界の糖尿病患者は、約2億8500万人いるとみられ、厚生労働省によると2005年現在で、日本国内での糖尿病患者数は約247万人と推計されており、年々増加傾向にあるようです。



放置すると、合併症が怖いのが糖尿病。 それは、地球環境も同じ事ですよね。 対処しなければいけない時期を失すると、二度と取り返しがつきません。
わからん



以前に受けた検診で、やや血糖値が高めといわれたことがありました。 とにかく、生活習慣は大事ですよね。 判官も御家老もちょっとグルメは控えましょう。 さて、血糖値と血圧は上がると困りますが、通天閣のネオンを見ていて、日立製作所の株価が一日も早く上がってくれるようにと、ふと思ってしまいました。(笑)








最終更新日  2009年11月15日 01時20分08秒
コメント(8) | コメントを書く
2009年11月12日
カテゴリ:判官の多事暴論
(野紺菊 09.11.12)


今日10月12日、東京都千代田区の国立劇場に両陛下をお迎えして、政府主催の天皇陛下即位20年記念式典が開かれました。



式典は、三権の長と政府関係者約1,000人が出席して、鳩山首相がお祝いを述べ、天皇陛下が、「即位以来の日々を顧み、私どもを支え続けてくれた国民に心から謝意を表します」とお言葉を述べられました。 NHKの行った世論調査では、天皇は日本国の象徴としての役割を果たしていると答えた人は80%を超えていたとのこと。



式典に関連した談話と会見の中で、天皇陛下は「国と国民の姿を知り、国民と気持ちを分かち合うことを、大切なことであると考えてきました」とし、「これからも、各地に住む人々の生活に心を寄せていくつもりです」とコメントされました。



日本の将来への心配を問われて、陛下は「私がむしろ心配なのは、次第に過去の歴史が忘れられていくのではないかということです」と切り出され、第二次大戦に至る昭和前半を回顧。 「昭和の六十有余年は様々な教訓を与えてくれます。過去の歴史的事実を十分に知って、未来に備えることが大切と思います」と締めくくられました。



また、皇后様が福祉についてコメントされた際、社会で高齢化が進む中、高齢者に関わる様々な事柄について、"高齢者問題"と、"社会問題化"されていることに心苦しさを表明されていました。 これまで両陛下は高齢者福祉施設へ訪問するなど、社会福祉に注力して来られたゆえのお言葉だったと思いました。



まさに皇后様の仰せの通りだと思います。 世の中の高齢者は好きで老いている訳ではないのです。高度経済成長期に働き盛りを迎え、家族を養い、今の社会の土台を築きあげてきた人々なのです。 



高齢者問題は、高齢者が問題なのではなく、高齢者に対する政府の福祉政策、自治体の福祉行政、経財界の対応、国民の高齢者に対する意識など、社会全体の問題なのだということを温和な口調で、我々全員に知らしめてくださったように感じました。ひらめき



皇居前広場で開かれた政財界有志による「国民祭典」では、午後6時半過ぎに天皇、皇后両陛下が二重橋に立ち、会場に集まった約3万人のお祝いにこたえられた。 EXILEのオリジナル奉祝曲のあと、陛下が「本当に楽しいひとときでした。ありがとう」と呼びかけられたのが、印象的でした。
ひらめき



さてさて、誰しも、好き好んで年老いてゆくのではありません。 この国に生まれて良かったと思える国づくりを、一人一人が目指さなければ社会は変わらない。 わだつみ判官には、皇后様のお言葉がこのように胸に届きました。(ちゃんと聞いたか民主党)



天皇皇后両陛下、ご即位20年。 おめでとうございます。










最終更新日  2009年11月12日 23時09分33秒
コメント(2) | コメントを書く

全48件 (48件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.