白雪姫7

全20件 (20件中 1-10件目)

1 2 >

通販生活。俳句

2020.08.31
XML
カテゴリ:通販生活。俳句
​​​​​​​通販生活 佳作​​
幼き日、​​​井戸とか川で冷やしていたことありました​​​


​​​名水にくるくる回る西瓜かな ​佳作​

指先に響く西瓜の良し悪し​


​流水にくるくる回る西瓜かな ​​​​ ​修正​






​​​
地蔵川の梅花藻 きれいな水でないと育ちません​ 花四つ葉  
​​

​​​​​






最終更新日  2020.08.31 22:25:10
コメント(10) | コメントを書く


2020.06.24
カテゴリ:通販生活。俳句
​​​​​通販俳句 初夏
真白なるレースカーテン初夏の風 ​並選​​

言い過ぎましたね (笑)
​真白なるカーテンが好き初夏の風 ​

「華麗なるギャツビー」の映画に
2階位まである大窓に
レースのカーテンが風に揺れているシーン 




擬宝珠の花が咲きだしました



 ​​​​​






最終更新日  2020.06.24 18:34:08
コメント(4) | コメントを書く
2020.05.21
カテゴリ:通販生活。俳句
​​​​​​通販生活 よ句もわる句も「蛙」 

眠たさを根こそぎさらふ蛙かな​​

​ねむたさを ねこそぎさらふ かへるかな 佳作​

眠たさを根こそぎさらふ鳴く蛙

​​​白川郷​​​​






最終更新日  2020.05.21 19:08:45
コメント(0) | コメントを書く
2020.04.21
カテゴリ:通販生活。俳句
通販生活 よ句もわる句も 
写真は奥入瀬ではなくスマイル
秋田、田沢湖から「鶴の湯温泉」に行く道中で 車

​​​​​小流れの瀬音奥入瀬雪解川 ​​​ ​​佳作​​
こながれの せおとおいらせ ゆきげがわ​
​​
 


田沢湖 車

鶴の湯 ♨ ひよこ















最終更新日  2020.04.21 10:02:07
コメント(2) | コメントを書く
2020.03.23
カテゴリ:通販生活。俳句
​​​通販生活 よ句もわる句も「梅」 


​​​​陰と陽日差しまばらや梅の花​  ​並選​​

​​​陰陽の陽射し重ねて梅の花 ​​​
こちらは未提出

そろそろ引き出しの中が空っぽに......失恋




​​​






最終更新日  2020.03.23 07:13:47
コメント(4) | コメントを書く
2020.02.21
カテゴリ:通販生活。俳句
通販生活 「蒲団」 
蒲団  晩冬
【子季語】

布団、掛蒲団、敷蒲団、藁蒲団、羽蒲団、絹蒲団、蒲団干す、干蒲団、片蒲団
【解説】
​寒さを防ぐための寝具。蒲団のはじめは蒲「がま」の葉を組んだ円座であったという。蒲団には、綿や藁、パンヤ、羽毛などを入れる。干した蒲団はとりわけあたたかく眠りにつきやすい。
​​​​​きごさい歳時記より

​叱られて被る蒲団の暗さかな​​   ​​​人選​​​

​​しかられて かむるふとんの くらさかな​​

叱られたこと沢山思い出しました 涙ぽろり 失恋


あけぼのこどもの森 公園の窓 いろいろスマイル ダブルハート
​​



素敵でしょ







​​

​​​​






最終更新日  2020.02.21 22:11:24
コメント(6) | コメントを書く
2020.01.26
カテゴリ:通販生活。俳句
去年今年 新年
【関連季語】

去年
【解説】
大晦日の一夜にして去年と今年が入れ替わること。去年といい、今年というのであるから、年がすでに改まった新年の季語。
きごさい歳時記より

~~~~~~~~~~​​


通販生活 よ句もわる句も 「去年今年」

シャンパンで祝ふ機上や去年今年​​
​  人選








最終更新日  2020.01.26 18:49:51
コメント(2) | コメントを書く
2019.12.25
カテゴリ:通販生活。俳句
​​​​​​通販生活 よ句もわる句も 「クリスマス」

クリスマス古書店街の馴染み客 ​​​人選​

​クリスマス古書店街の古喫茶

​​​​クリスマス神保町の古喫茶​​​​

​古書店街、知っている人はすぐわかる喫茶店(笑) コーヒー ノート コーヒー ノート
​​






最終更新日  2019.12.25 06:53:39
コメント(4) | コメントを書く
2019.11.21
カテゴリ:通販生活。俳句
​​

時雨 しぐれ 初冬
【子季語】
朝時雨、夕時雨、小夜時雨、村時雨、北時雨、片時雨、時雨雲、時雨傘、時雨心地、時雨の色、月時雨、松風の時雨
【解説】
冬の初め、降ったかと思うと晴れ、また降りだし、短時間で目まぐるしく変わる通り雨。この雨が徐々に自然界の色を消して行く。先人達は、さびれゆくものの中に、美しさと無常の心を養ってきた。
【例句】

一時雨礫や降て小石川
芭蕉 「江戸広小路」

行雲や犬の欠尿(かけばり)むらしぐれ
芭蕉 「六百番俳諧発句合」

​草枕犬も時雨るかよるのこゑ
芭蕉 「甲子吟行」
きごさい歳時記より
~~~~~~~~~~~~
通販生活 人選
落ち合ひて傘は一つや小夜時雨​​
​​​​おちあひて かさはひとつや さよしぐれ​​​​





​レオンの街角 ガウデイと待ち合わせ​大笑い
​​






最終更新日  2019.11.21 06:48:44
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.20
カテゴリ:通販生活。俳句
​​​​通販生活「盆」 人選​ 
​ふと漏らす僧侶の愚痴や盆休み​​

毎日、観光客を乗せて島の中を移動するロバ 馬 馬
愚痴を言っているかも 馬 ほえー







最終更新日  2019.08.20 16:44:26
コメント(6) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全20件 (20件中 1-10件目)

1 2 >

PR


© Rakuten Group, Inc.