000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

なんか白っぽい感じ♪ z

~猫日記~

家の整理してたら、何年か前の日記が出てきた。



~猫日記~


05/01/30
俺が横になって雑誌を見ていると、1週間ぶりくらいに我が家の猫(オスなのに空子・3才)が帰ってきた。
「よう!久しぶり!」
と声を掛けたが、奴は無視。
その後、何故か俺の読んでいた雑誌の上に箱座り。
「邪魔だよ!どけ!」
と言ったが、完全無視を決め込んでいる。
俺は雑誌を諦めテレビのスイッチを入れた。


05/01/31
昨日、1週間ぶりに帰ってきた空子(♂・3才)が、俺の部屋の柱で爪をバリバリ研いでいる。
「柱がボロボロになるだろ!やめとけ!」
と言うと、一瞬俺の方を見て爪研ぎをやめた。
そして、またすぐに爪研ぎを再開した。
さっきより激しい気がして色んな事が嫌になった…
俺は空子を無視してパソコンの電源を入れた。


05/02/02
空子(♂・3才)を庭で発見した。体を低くしてスズメを狙っていたので、
「おい!頑張れよ!」
と声を掛けると、スズメが逃げた。
猫は何か複雑な目で俺を見た。


05/02/03
親父が猫用の小さい電気カーペットを買ってきた。
部屋の隅に置いていたが、空子(♂・3才)は一度匂いを嗅いだだけで、そのままコタツに入ってしまった。
親父の目は心なしか悲しげだった。


05/02/04
今朝、目が覚めてリビングに行くと、うちのじいさんが電気カーペットに正座をしてテレビを見ていた。


05/02/05
空子があまりうるさいので猫缶を開けてやる。
皿まで持っていってやろうとした一歩目に、冷蔵庫の角に足の小指をぶつけた。
猫缶を床にぶちまけて、悶絶する俺。
気絶しそうな痛みに、転げまくる俺。
薄れ行く意識の中で空子を見ると、
床にぶちまけた猫缶を一心不乱にむさぼり食っていた。


05/02/10
仕事の帰り、近くの公園で汚い猫を二匹見掛ける。
汚いので無視。家に帰る。
「腹減ったなぁー」と言って冷蔵庫を開けると、真っ赤な魚肉ソーセージが5本ある。
それを持って公園に。
なぜか近所のおばさんが公園にいる。
その足元でモンプチゴールドを食うさっきの猫二匹。
何故か急いで魚肉ソーセージを隠す俺。
家に戻ると奴(♂・3才)がいた。
魚肉ソーセージをやった。
見向きもしなかった。
あれ?俺が間違っているのか?と考えてみたりする。


05/02/12
コンビニに行く途中、神社の松の木に猫がいた。
かなり高いところで遠くを見つめて「ニャー」と鳴いていた。
「やっぱり、豹みたいでかっこいいなぁー」と思った。
家に帰ると、お袋が「今日はカレーよ」と言った。


05/02/13
部屋に入ると、空子(♂・3才)が電気カーペットにべたーっと寝ていた。
全く動かない。死んでいるのか?と思って、
「そら子!」と声を掛けた。しっぽをパタパタ動かす。
「そら子!」しっぽをパタパタ。「空子!」パタパタ。
少し嬉しくなった。
試しに、
「ソ連」と言うと、しっぽをパタパタ動かした。
「パソコン」しっぽをパタパタ。「掃除機」→パタパタ。
その後、「ねぎ」→パタパタ。「ねこ」→パタパタ。「肉」→パタパタ…を、10回ほど繰り返すと、反応しなくなった。
いろいろ悲しくなった。


05/02/18
猫(空子♂・3才)が、俺の布団の中で粗相をした。
俺は散々怒鳴り付けてやった!「大バカ!」「間抜け!」「あほ子!」
酷く激昂して、「お前は貰われっ子だ!!」と言ってしまった…。しまった!と思った。
奴は家を出ていった。
もう帰って来ないような予感がした。
俺は激しく後悔した。
夕方帰って来た。


05/02/19
夜、トイレに起きたとき
じいさんの部屋から呻き声が聞こえてきた。
嫌な予感がして、中を覗いてみた。
じいさんの布団の上に空子(♂・3才)が箱座りをしていた。
じいさんは苦悶の寝顔で、う~う~唸っていた。
俺はとりあえず、見なかったことにした。


05/02/20
今朝、じいさんが「俺はもう駄目だ。昨日、死ぬ夢を見た。」
と言って1万円をくれた。

05/02/21
空子(♂・3才)がネズミを捕まえてきた。
俺の前までくると、ボトッと鼠を足元に落とす。
落ちた瞬間、凄まじいスピードで走り出す鼠。
テレビ台の下に逃げ込む鼠。
呆然とする俺。
猛烈な勢いで追いかける猫。
テレビ台の下に鼻を突っ込む猫。
「シャーッ」と奇声をあげる猫。
手を突っ込んで、引っ掻きまわす猫。
あきらめる猫。
その場に座り込むと、毛繕いを始めた。
俺は、「よし!殴ろう!と決心した。」


05/02/22
電気のヒモでシャドウボクシングしている所をお袋に見られた。
お袋の目が痛かった。
悲しい気持ちで部屋に戻ると、空子(♂・3才)が自分のしっぽを追いかけてグルグル回っていた。
昨日よりも今日、少しだけ優しい気持ちになれるかもしれない。
「空子。今日は一緒に寝るか?」と声を掛けると、空子は「ニャーン」と鳴いた。
15分後、親父が「寒い寒い…」と叫びながら部屋に入ってきて、空子を強奪していった。


05/02/23
じいさんの部屋から、もの凄い音がして叫び声が聞こえてきた。
何事かとじいさんの部屋に向かう途中、廊下で空子(♂・3才)とすれ違った。
じいさんは「あの痩せ猫を、殺してやる!」と物騒なことを言っている。
手に持った、コケシの首がもげていた。
今日一日、空子は姿を見せなかった。

夜、何か心配になってじいさんの部屋の様子を見に行った。
やっぱり、奴はじいさんの布団の上で箱座りをしていた。
やっぱり、じいさんは苦悶の寝顔でう~う~言っていた。
奴は、殺られる前に、殺る気だ!


05/02/27
親父は、空子(♂・3才)が好きで好きで、たまに発作を起こす。
空子を捕まえると、両手で持ち上げ、顔をすりすり押し付ける。たまに口をペロペロ嘗めたりもする。
猛烈に抵抗する猫。
親父は多少引っ掻かれたぐらいではびくともしない。
顔がグシャグシャになった頃には、手も足も尻尾も力なくぶら下がっている状態。
親父は満足すると手を離す。
その場に崩れ落ち、ぐったりして動かない猫。
陵辱された猫を見て、何故かニヤニヤするじいさん。
満足そうな親父を見て何故かニヤニヤするお袋。
「なんか、嫌な家族だなぁ…」としみじみ思う。


05/02/28
じいさんが猫カーペットに正座してテレビを見ていたとき、後ろから歩いてきた空子(♂・3才)がリモコンを踏んだ。
テレビの画面が変わった。
じいさんが「ばっ婆さんかっ?!」と叫んだ。


05/03/01
夜中、腹が減って起きた。
台所を物色していると、どこからか空子(♂・3才)がやってきた。
「にゃーにゃー」うるさく鳴いて、何か喰わせろと言っているらしい。
とりあえず、冷飯にかつおぶしをかけてやったが見向きもしない。
猫缶の場所を知っているお袋は親戚の家に出掛けてるし…
途方にくれて、酔っ払っている親父を起こすと何故かぶちギレ。
「うるさいぞ息子!おい、空子が泣いている!お前のせいだ、何とかしろ!人でなしめ」
むちゃくちゃ言ってまた寝てしまった。
俺は水槽から親父の飼っている金魚(ランチュウ)を捕まえて空子にやった。
空子は少し匂っただけで行ってしまった。
「すまない。」と言ってランチュウ(金魚・♀)を水槽にもどした。
空子は俺があげたかつおぶしご飯のかつおぶしだけ、きれいに食べていた。


05/03/02
朝、目が覚めると顔の5cm横に空子(♂・3才)が座っていた。
なぜか俺の顔をジィーっと見ている。
俺は、ちょっと照れ臭くなって
「いつからそこにいたんだ?ほんとに空子は俺のことが好きだなー。」
の、「い…」を口にした瞬間
いきなり俺の左目にネコパンチを喰らせる猫。
…もう何がなんだか、意味が分からない。


05/03/25
3月5日ぐらいから、空子が家を出たきり帰って来ない。
1週間程度帰って来ないことは何度かあった。
が、こんなに長いのは初めてだ。
親父はプチ廃人になっている。


05/03/26
今日の朝、じいさんが猫を探しに行ってくるといって家を出て、夜遅くにパトカーで帰って来た。
それから、じいさんはカーペットに座らなくなった。
「わしが空子のカーペットを奪ったのが悪かったのか…。」
と、頻りに気にしている。
「それは関係ないんじゃないの?」
と言ったが、また猫を探してくると言って出掛けていった。

俺は少しだけじいさんが好きになった。


今日も、空子は帰って来ない。










つづく…



Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.