000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

なんか白っぽい感じ♪ z

~猫日記~【その2】


2005/3/27
神社の脇でこちらをじっと見る野良猫を見掛ける。
「よう!空子知らないか?」と声を掛けた。
くるりと向きを変え、歩き始める猫。
振り返って俺の顔を見る猫。
「着いて来い」と言っているようだ。
俺はそいつを追いかけてみることにした。
何度も振り返り、俺の顔を見ては歩き出す猫。
慎重に後を追う俺。
「どこに連れて行くんだ?」と思った瞬間
一軒の家へ入っていく猫。
中から「あらー、お帰りーマロちゃん」と聞こえた。
あれ?ただ自分の家に帰っただけなのか?
いやそんなはずはない、必ず何かある!と確信した。
何も起こらなかった。



2005/3/28
今日の朝、じいさんが「久しぶりに死ぬ夢を見た」
と言ってコップの水を一気飲みしていた。
ん?空子か?帰ってきたのか?
俺は「まさかな…」と思ったが、少しだけ嬉しくなった。


2005/3/30
残業で遅くに帰宅。
台所へ行くと、親父がテーブルに顔をうずめて寝ている。
邪魔だ。
テーブルに目をやると、汚い字で「猫探しています」とチラシが作ってあった。親父の字だ。
「・茶と白色の3才のオス猫・痩せ型・赤い首輪をしています・見掛けたら連絡ください・名前はキャサリン。」
…キャサリン?
親父は「空子」が恥ずかしいと思っているのか?
オスなのに「空子」が恥ずかしいのか?
キャサリンでもメスの名前じゃないのか…と考えてみたりする。


2005/3/31
朝からあわただしく玄関を飛び出す親父。
どうやら寝坊したようだ。
その様子を二階から眺める俺。
カバンからキーを出し→車のドアを開ける→なぜかカバンにキーをしまう→車に乗り込む親父。
「さぁ、行ってくるぞ!」窓の向こうのお袋にそう言って、エンジンをかけようとするが、キーが無い。
「あれ?ドアに刺しっぱなしか?」と言いながら
車の窓を開ける→鍵穴に手をやって捜す→ちょっと焦りだす親父。
座席の下を覗き込む→車の下を覗き込む→やっぱり無いらしい。
俺は「カバンの中だろ?」と思ったがあえて無視。
「家に忘れたか?」そう言いながら親父はカバンからキーを出し、車に鍵をかけた。
…手に持ったキーをしばらく見つめる親父。
何事も無かったようにまた車に乗り込んで行ってしまった。
俺はなんだか悲しくなった。


2005/4/2
公園の前を通りかかると、砂場の中に空子を見つけた。
「そら子!!」
無心で駆け出す俺。
「何やってたんだよ!心配させやがって!いったい今までどこ行ってたんだよー!!」
と叫びながら空子を抱き上げようとした瞬間
はっ!とする俺。空子に見えたのは、茶と白色のカバンだった。
俺は笑い崩れた。

夕方、飯を食っているとじいさんが帰ってきて
「空子を見つけた!」と言った。
「と、思ったらこれだった…」
じいさんは茶色と白のカバンを持っていた。
茶色と白のカバンとじいさんは、親父によって警察に連れて行かれた。


2005/4/5
空子がいなくなって1ヶ月が経つ。
奴はまだ帰って来ない。いったい何処に行ったんだ?
あいつがいなくなった前って何があったんだ?
日記を読み返す俺。
嫌なことを思い出した。
家出をするのは俺の方じゃないのか…と本気で思った。


2005/4/6
近所のスーパーに、空子の大好きな猫缶を買いに行ってみたりする。
家に帰ると、家の周りをウロウロ徘徊するじいさんを見掛けた。
じいさんも空子を探しているようだ。
「今日も空子探してるのか?」と声を掛けると、
じいさんは はっ! として家へ入っていった。
どうやらただの徘徊だったようだ。


2005/4/8
公園のベンチで、右目が金で左目が銀の白猫を見つけた。
背中を撫でる俺。
首だけくるりと振り返って俺の手をガブリと噛み付く猫。
避けず警告も無しに噛んでくる猫。
いろんな意味で痛かった。


2005/4/9
夜中、腹が減って起きた。
台所でゴソゴソと物色していると、
じいさんが「そ、空子か?」と叫びながら入ってきた。


2005/4/12
空子がいつ帰ってきてもいいように、台所には水とカリカリが置いてある。
毎朝まめに水を替える親父。
「水が蒸発するのは分かるが、カリカリも蒸発するのか?」
と、わけの分からないことを言っている。
カリカリが昨日より減っているというのか?
「ネズミよ」というお袋。
「そ、空子か!」というじいさん。
「気のせいか?」という親父。
俺も空子じゃないのかな、と考えてみたりする。
今日はいつもより、少しだけ空が青く感じた。


2005/4/15
親父が風水の本を買ってきた。
真剣に読む親父。
メモを取る親父。
メモには「南に緑」と書かれていた。
風呂から上がった親父は何故か鼻歌を歌っていた。
何かをたくらんでいるようだ。


2005/4/16
親父が小さな観葉植物を二つ買ってきた。
それを南の窓に並べる親父。
「いいか、息子。これが二つ同じように育てば、待ち人が帰ってくる」と言った。
鼻歌を歌いながら風呂へ入る親父。
じいさんが水をたっぷりあげていた。


2005/4/17
朝、リビングに行くと親父の観葉植物が二つとも枯れていた。
親父は今日、会社を休んだ。


2005/4/18
仕事場の近くで空子にそっくりな仔猫を見掛けた。
なんとなく、空子が家にやってきた日を思い出す。

ある夏の朝のこと。
新聞を取りに郵便ポストを開けるお袋。
郵便ポストには仔猫が丸くなって入っていた。
お袋はびっくりもしない。
「あら、消印が無いわねえ」とか言って家に入れたのだ。
俺の横でミルクを美味しそうになめる猫。
「いんじゃないか」となぜかニタニタする親父。
「目が青いからこの子は空子じゃな」と勝手に名前を付けるじいさん。



俺は空を見上げて空子のことを考えた・・・







もうそろそろ、帰って来いよ空子・・・。









つづく…



Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.