193479 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

信州・里山のほほん生活

PR

X

全26件 (26件中 1-10件目)

1 2 3 >

Nov 18, 2009
XML
いよいよ今年もストーブシーズン到来です。
昨年紹介した「逆風止め煙突トップ」ですが
今年はあの”ホンマ製作所”で同じ機能のものを販売始めました。
機能の紹介がありましたので紹介します。
w_top.jpg
煙突サイズがφ120とφ160しかないのと高価であることが難点ですが
薪ストーブの方にはオススメです。

そんなにお金を出さなくても私の購入したものは¥1980で売っています。
こちらで購入できます。
下北半島の大半の煙突にこれが付いていましたので実証済みのものです。

14654205.jpg

↓ここは煙突グッズが豊富なDIYショップです。












Last updated  Nov 18, 2009 08:02:13 AM
コメント(0) | コメントを書く


Jun 3, 2009
環境ブームの昨今。気になる話題を見つけた。
なんとこれから地球温暖化が地球を救うかもしれないのだ。

太陽の活動が200年ぶりに低水準でこのままだと「ミニ氷河期」が
訪れるというのだ。
このニュースによると国立天文台は今月下旬に研究者を集めた検討会を開くというのだからただ事ではなさそう。

数年たったら地球温暖化などと言う人がいなくなったりして・・・








Last updated  Jun 3, 2009 08:09:09 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 31, 2009
紙薪って知っていますか?
新聞紙を原料にした薪代替燃料をよくそう呼びます。
2種類の紙薪をホクダンのD2縦で使ってみましたのでその使用感を書きます。

まずは<紙与作>
これは家にある新聞紙を自分で薪にします。(つまり薪代は¥0)
kamiyasaku.JPG
水でふやかしてこの機械で圧縮します。
燃料は尽きることはありません。(毎日薪を購入している事になるのです)
燃焼結果は問題なく燃えますしそこそこ持ちます。
継ぎ足して使うときは、薪と一緒に入れると隙間に入るのでとてもいい感じです。
難点としては紙薪を乾燥させるのに結構時間がかかる事です。
冬になってから購入したのでなおさらですが、来夏作り置きしておこうと思います。

【楽天最安値挑戦中!!】T&T 紙与作(紙薪つくり機・ペーパーログメーカー)
【除雪・冬場商品】【アウトドア】紙与作(ペーパーログメーカー)新聞紙が薪のように使える、エコロジーなアイディア商品!薪ストーブで使うのにぴったりです!

次は<紙薪>
こちらの長野電波研究所さんで扱ってます。
リサイクルの時に出る紙のカス?を120トンの力で圧縮して固めてあります。
25キロで¥600。社長さんも言っていましたが、燃料コストは送料が問題です
500キロ以上で購入すると実質ほとんど送料になるとの事ですが、置き場所に困ります。
P1040164.JPG
比重が重くこのコンテナで25キロくらいあります。とても硬いので我が家では紙の石と呼び始めました。
ペレットと混ぜて燃やすと問題なく燃えます。
特徴は火がつきにくくゆっくり燃える事
普段燃えやすいものを空気を絞って使っているのですが、これはむしろ空気を多めに入れて積極的に燃やしてあげます。それでも6時間以上平気でもちます。
1週間使ってみましたが難点としては
・灰
 高圧縮で固めている為灰がそのままの形で残るのです。増えると処理が大変
・臭い
 紙与作も匂うのですが、紙の燃える臭いがします。体に害は無いらしいのですが木の燃える臭いと違って鼻につく刺激臭があります。

「紙を燃やすので、害は無いが煙が出ます」と聞いていましたが、どちらも思ったよりは煙は
気になりませんでした。
どちらもうまく使っていけたらと思います。






Last updated  Jan 31, 2009 08:20:32 AM
コメント(13) | コメントを書く
Jan 25, 2009
ようやく竹をチップ状にして燃やしてみました!
正直言って半信半疑でしたが思わぬ感動がありました。
<運搬とチップ化>
まず竹ですが、伐採後3年以上経った乾燥しきった竹
直径3~5センチ位の孟宗竹(孟宗竹の北限?のこの辺では
孟宗竹でも直径5センチ位にしかなりません)
P1040161.JPG
ガーデンシュレッターは「サイレントシュレッダー」という名で売られている
ギア式のものを使用しています。竹は硬いので回転刃式ではちょっときついかも
sairennt.JPG
竹をまとめて運びチップ状にする訳ですが、作業を始めて感動したのは
"何と言っても作業が楽!!”
山から伐採木を運んで薪にした事のある人なら分かると思いますが、想像を絶する重労働
です。それに比べて楽なことこの上ないです。各作業を比較してみると
☆切り出し運搬作業
木:運び出せる(持てる)重さに切る必要がある
  (直径30cmほどの丸太だと1m位の長さが限界)
竹:軽いのでトラックに乗れば切る必要が無い(数メートル)。抱えて持ってこれる。
☆玉切り
木:チェーンソーで1本1本
竹:基本的に必要ないし、必要な場合もまとめて縛って10本ぐらいまとめて切れる
  木と比べてあまりおがくずが出ません
 注)竹をチェーンソーで切ると刃が傷むという人がいますので、自己責任で
☆薪割り
木:斧or薪割り機(これも重労働)
竹:ナタでの軽作業(うちには無いが竹割り機という竹を一気に6~8分割出来る物も
売っている)
☆小枝のチップ化
木:小枝って意外と真っ直ぐでないのです。シュレッダーに入るように枝別れの部分で
  切る必要がある。また、小枝は直径2cm位が限界
竹:中が空洞なので直径3センチ位の物はがんがん砕けます。
  小枝が付いていても何の問題も無くチップになります。3メートル超の竹がそのまま
粉砕機に吸い込まれていく姿は爽快感があります。
P1040162.JPG
P1040171.JPG
<さて燃焼ですが>
予想通り着火はとてもいいです。すぐに火が付きます
焚き始め若干煙が多い気がします。竹のあくのせいでしょうか?
やはり火力は強いのでぼんぼん燃えて行きます。臭いは木の燃える臭い
ですが少し燻製のような臭いが強いです。
問題の燃焼時間ですが・・・
P1040179.JPG
吸気口を絞って燃やして2時間ぐらい・・小枝&ペレットの時より1時間くらい早く燃え尽きてしまいます。中間ダンパーを併用すると3時間は燃えると思います。
驚いたのが灰!ほとんど残りません。ペレットの時以上に無くなります。
<継ぎ足し>
竹の姿のままでの継ぎ足しは中が空洞のせいですぐに燃え尽きてしまうので、チップ状での使用がよさそうです。チップ状にすると小枝と比重は変わらなくなります。
チップ状ですと少量しか継ぎ足すことが出来ません(多量に入れるとくすぶってバックドラフトが起きます。)
このストーブで使用する際は正規の使用通り二つの燃焼筒を交互に使うほうがよさそうです。

<感想>
竹はかさばるので同じ量を運ぶのに手間かも知れません。また乾燥させるのに置き場所も
必要です。が!それを上回る作業の楽さ!!気に入りました。
同じ量のチップを作るなら竹のほうが断然早く楽に作れます。
よく庭にウッドチップを敷いている人がいますが、竹のほうが腐らないしいいのではと思ってしまいました。
燃焼時間は早いので、ペレットや薪と混ぜて使えば有効な燃料となる事間違いありません。
今後併用していきたいと思います。有効な提案をしてくれた。竹燃料さんに感謝!!






Last updated  Jan 31, 2009 06:46:19 AM
コメント(5) | コメントを書く
Jan 24, 2009
私は毎年冬の北東北に行きます。
今年は岩手、昨年は竜飛~大間まで行きました。
青森岩手は薪ストーブ天国!ホームセンターに行くと
見たことの無い薪ストーブと豊富なストーブグッズがあり
見ているだけでも楽しいです。
enntotu.jpg
そこで色々な物を調達するのですが、中でもお気に入りな煙突関連品を紹介します。
<羽根付煙突トップ>
P1040158.JPG
分かるかなー?この煙突トップは回転式で、風見鶏の様に羽根が風を受けて煙突の出口が常に風下に向かいます。
風が強い時は出口に負圧が生じてドラフトが強く出来ますし、煙突の逆風防止、雨雪の吹き込み防止に威力を発揮します。
下北半島の煙突のある家のほとんどにこれが付いていました。
<煙突ガード>
P1040154.JPG
うちではストーブの周りに洗濯物を干すので煙突の周りをうろうろ歩くことが多く
やけど防止に付けています。
全面網の物と、片面ステンレスで反射板になっている物があります。
南東北以南では見つけるのが至難です。

<中間ダンパー>
P1040159.JPG
昨日のブログにも書きました。
これは近県の”ジョイホ”で購入しましたが、ホーロー製で安価なものが売られていました。







Last updated  Jan 24, 2009 09:41:32 AM
コメント(5) | コメントを書く
Jan 23, 2009
コメントでも書いていましたが、ストーブの煙突の根元に中間ダンパーを付けちゃいました。

点火時は全開にし火がついたら絞って調整します。
P2.JPG
もう少し上でもいいのですが、煙突ガードを付けているためこの位置にしました。

これですと針葉樹の薪もゆっくり燃えます。体感的にストーブの温度がぜんぜん違います。
より高い温度で燃焼しているので効率も良くなっているはずです。
オキ状態でもストーブの温度を保っていられます。

P1.JPG






Last updated  Jan 24, 2009 12:11:21 AM
コメント(2) | コメントを書く
Jan 7, 2009

年も開けて一番寒い季節となりました。最近では朝晩は-5℃以下になります。これでも今年は暖かく、雪も少ないです
最近は灯油の値段も下がってきて、ペレットストーブ人気も少しヒートダウンですね。
先月の日記に対して「竹燃料さん」から竹をチップ状にして燃料にしてみてというコメントを
もらいました。
 竹は使った事が無いですが、普段から小枝をガーデンシュレッダーで砕いて燃料にしていますので、ここで私が普段焚いている方法を紹介します。

1,まず燃料ですが、昨年調達した薪、主流が杉や松です。本当は広葉樹がいい(針葉樹は勢いよく燃え過ぎる為火力の調整がマメに必要)のですが、針葉樹のほうが入手しやすいです。軽トラック2台分で\5000で造林業者からもらいました。
後は山から小枝を拾ってきてガーデンシュレッダーでご覧のように細かくします。
小枝ガーデンシュレッターP1040101.JPG


2,燃焼筒の底にペレットを少々
燃料セット1燃料セット2
 

3,薪を入れます
燃料セット3
4,隙間に砕いた小枝などを入れます。これだけだと隙間が多すぎすぐに燃え尽きてしまうので
ペレットをぱらぱら混ぜながら入れます。
燃料セット4燃料セット5
5,さらに上部には焚き付けやすいようにガーデンシュレッターで砕いた萱(すすき)をぱらぱら蒔いてその上にペレットを敷き詰めます。
燃料セット6燃料セット7
6,これでセット完了。燃料代は実質\100くらいでしょうか
後は火をつけて、火力を調整しながら1~2時間。燃え尽きて炎がおさまり炭状態になったらふたを開けて薪を足します。
燃料セット8燃料セット9
ここから先はもう薪ストーブですね。ずっと家にいる時はこれで薪を継ぎ足し継ぎ足し・・・1日中燃えています。







Last updated  Jan 8, 2009 08:43:32 PM
コメント(13) | コメントを書く
Dec 13, 2008
ホクダンのペレットストーブをばらしてみた。そうすると驚くべきことがわかった。
ただの箱と思っていた二次燃焼室になんと二次燃焼空気を吹き付けるバーナーが仕込まれていたのだ。
焼却筒で燃えた熱は二次燃焼室を通って煙突へ行くわけだが、二次燃焼室にあるバーナーを熱する。そうするとバーナーからは高温な空気が燃焼室に向けて吹き込まれる。
 これって某薪ストーブメーカーでいう「クリーンバーン」と同じではないか。しかも燃焼筒上部の通気口も含めると三次燃焼ではないか。
(オレンジから青白い炎をあげて燃えているところを見ると確かに機能しているようだ。)

いやはや日本の昔の人はあなどれないと感心するばかりである。


構造2
二次燃焼室






Last updated  Dec 14, 2008 12:45:11 AM
コメント(8) | コメントを書く
Nov 14, 2008

最近よく宣伝しているエコキュートですが、本当に地球に優しいのでしょうか?
<エコキュートのメリット>電力会社のHPより
・ 燃焼式の給湯器に比べて効率が3倍
・ 冷媒にCo2を使い始めた
・ 稼動中にCo2が発生しない
とうたっています。家計には優しいというのは納得しますが、地球に優しいというのは納得がいきません。
反論として燃焼式とエコキュートで比較してみました。
●効率  
・エネルギー1に対して 燃焼式1 エコキュート3 でエコキュートが勝ちか?
   でも発電所から家に来るまでに効率が1/3になっているので    <引き分け>
・お湯を必要な時に必要な分だけ沸かす燃焼式に比べて給湯器は深夜に沸かして保温しているので、
 保温にかかるエネルギー=燃焼式0 エコキュート:沢山 で    <燃焼式の勝ち>
・更に給湯器はお風呂に入らなくても、留守にする時も数百リットルのお湯を沸かす
   沸かしすぎたお湯 燃焼式:0 エコキュート:沢山 で    <燃焼式の勝ち>
●冷媒にCo2
・そもそも燃焼式は冷媒を使っていない、また古いエコキュートはフロンを使っているので
                                 <引き分け>
 
●●●結論としてCO2の排出量はどちらが多いのでしょう?
・結論 <・・・・(+_+)>
調べたけどとても難しい。湯を沸かすエネルギーは電気のほうが使っているし、火力発電の発電効率は40%程度しかないけれど、日本の発電の火力の占める割合は60%足らずで残りは水力と原子力。燃焼式のエネルギーはと言うと燃料を100%給湯燃焼に使うが、LPガスや灯油は各家庭に運ぶまでのトラックの排気ガスも考えなくてはいけない。

1ついえることは、エコキュートが地球に優しいとは一概に言えない事。巨大な電気ポットでお湯を毎日沸かしているのですから地上に出している熱量は断然多いので省エネでない。またヒートアイランドの熱源の1つになっている。
でも、家計に優しいから多くの人が買って普及しているよね。

エコってなんだろう?






Last updated  Nov 14, 2008 08:56:10 PM
コメント(0) | コメントを書く
Oct 16, 2008
カテゴリ:かまどでご飯
ガスコンロで炊飯を始めて半年以上経ちます。
気に入って使っていた「かまどでご飯」釜。テフロン加工が剥げてきてしまいました。

そんな時に、立ち寄ったホームセンターで発見!!

「炊飯厚釜」パール金属製

ついに出ましたマーブルフッ素加工のガスコンロ用炊飯釜
なおかつ値段が手ごろで¥3000切る値段
炊飯厚釜
早速買って使い始めました。
4層構造の厚釜でこげも、こびりつきもなくご飯が炊けます。
今はこれがいちおしです。

釜めしに最適。ふっ素樹脂加工炊飯厚釜 16cm 3合炊(飯ベラ付) H-2810
フッ素樹脂加工炊飯厚釜16cm
【送料無料】 ふっ素樹脂加工炊飯厚釜16cm3合炊き(飯べら付) 【調理器具】【ガス火専用】【釜飯】 送料無料 %OFF【toukai-sale22-30】【インテセールsep3】【インテ送料無料】【interiorSALE】【interiorアウトレット】






Last updated  Oct 20, 2008 05:02:53 AM
コメント(0) | コメントを書く

全26件 (26件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.