3961388 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

メモBLOG

リバモア

市場で自らを鍛え、何かを学び取りたいと念じるなら、身銭を投じて、自らの手口を注視し、失敗から教訓をえることだ。ジェシー・リバモア

賢明な相場師は、忍耐の意味を知り、つねに予備の現金を用意しているジェシー・リバモア

相場の動きを漫然と「期待して待つ」のは博打であり、忍耐強く待ち、シグナルを見いだした瞬間「反応する」のが投資・投機である。ジェシー・リバモア

相場には、絶対確実などということはまずないと思うべし。いつ地雷を踏むかわからんのだから。ジェシー・リバモア

情報はすべて危険である。情報はあらゆる形態を装い、採用をもちかける。ジェシー・リバモ

『損が明らかな時には損切り』『利益が見込める時には利喰わない』が鉄則だ。ジェシー・リバモア

頼りになるのは株価であって、思惑ではない。相場に勝つ必要はない、勝つべき相手は自分自身である。ジェシー・リバモア

株価が変動する姿にのみ意識を集中させよ。変動の理由に気をとられるな。(覚書き|リバモアは生粋のテクニカル派の投機家)ジェシー・リバモア

強気か弱気かでもはない。正しいか否かということなのだ。明白なのは上げ相場では強気筋、下げ相場では弱気筋になれということだ。ジェシー・リバモア

良いアイディアが相場で大きな利益を上げる秘訣ではない。最も重要なのは、絶好の時が来るまで静かに座っていることだ。ジェシー・リバモア

証券取引所では、大物相場視だって先のことは見当がつかない。並外れた成功を収めた者も、たいていは小口のトレーダーとして出発した。彼らが闇ブローカーから主に学んだことは、損切りができなければ市場から消えるしかないということだった。 <J・リバモア>

世紀の相場師ジェシー・リバモア

マンガ伝説の相場師リバモア

孤高の相場師リバモア流投機術

オーディオブック サンプル 孤高の相場師リバモア流投機術
http://www.youtube.com/watch?v=lhn9X3KfeDQ

欲望と幻想の市場


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.