027046 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

自由なししま 愛されブログ

PR

X

プロフィール


ししま178

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2020.12.12
XML
カテゴリ:オススメ本
PVアクセスランキング にほんブログ村

良い本を読みました。

鴻上尚史さんの「孤独と不安のレッスン」



孤独と不安のレッスン (だいわ文庫) [ 鴻上尚史 ]


「孤独の価値と素晴らしさ」を語ったこの本。


一人でいるのが惨めで、寂しくて、耐えられないと思っている「ニセモノの孤独」ではなく
一人で「孤独って何だろう?」と考えられる「本物の孤独」を生きましょう。
そのための練習をしていきましょう。


という内容です。


・孤独について
・一人暮らしについて
・人間関係の距離感について


様々なパートに分かれていますが
最も私が納得したのが
【自意識】についてのパート。


以下、少し長いですが引用します↓


~~~~~~~
   
  
    
自意識がどんどん強くなれば、自分の言葉や行動、成績や地位に対して、どんどん敏感になっていきます。
そして敏感になればなるほど「今ある自分」と「ありたい自分」が、離れていくのです。
(中略)
「ありたい自分」がどんどん大きくなって、「今ある自分」が否定されるようになったら、とてもやっかいなことになります。
「後ろ向きの不安」に振り回される状態です。
そういう時は「ありたい自分」に、自分自身の体と出会うような機会を作ってあげてください。
「ありたい自分」は、頭で作りあげた自分ですから、万能です。でも、「今ある自分」は体をともなっていますから、ゆっくりとした速度です。
あんまり、「ありたい自分」が大きくなってしまったと感じたら、とにかく、体を動かし、体を活性化し、体の限界を「ありたい自分」に教えてください。
(中略)
「ありたい自分」は、そういう自分の限界を知ることで、少しずつ、小さくなっていくのです。体が自然に感応したら、次にすることは、自然の中で、体の限界を知ることなのです。
  
   
~~~~~~~~~


引用ここまで。



以前に投稿しましたが
10月にプチうつになりました。
(その時の記事はこちら→その1
その2)


まさに、その答えかのような
この文章…


私はずっと

「良い妻でなければ」
「優しい母でなければ」
「人としてもっと成長するために勉強しよう」

と頑張りすぎていました。

色々なことを背負いすぎて
「すべて自分のせい」と
余計な責任を感じ過ぎていてしまった。



鴻上さんのおっしゃる「ありたい自分」が肥大しすぎて
体の限界を超え
結果うつになってしまったんですね。


体の限界を知るために
鴻上さんは運動や自然の中に入ることを勧められていました。
   
    
   
頭だけがヒートアップして、万能の自分を感じているのですから、まず体に思考を渡しましょう。
  
と。
    
       
たっぷり休み、たっぷり寝るというのも、体の復権です。
   
   
私にはこれが足りませんでした。

家事や子育てで
頭と体がパンクしてしまった💣💥


精神科のお医者さまでもカウンセラーでもない鴻上さんですが
今までの人生経験の中で
導かれた教訓なんでしょうね。




まさか劇作家の方の本で
自分のうつの原因と対処法を知るとは(笑)



以前にネットニュースに上がっていたのですが
鴻上さんが回答される人生相談も
相手のことを考えた
とても心に響く素敵な文章でした。



私は今までぼんやりとしか
鴻上さんの存在を知りませんでしたが
こんなに素敵な方なんだなと再発見です✨


他の本も読んでみたいと思います💓



発声と身体のレッスン増補新版 魅力的な「こえ」と「からだ」を作るために [ 鴻上尚史 ]




コミュニケイションのレッスン 聞く・話す・交渉する [ 鴻上尚史 ]


ししまの日常ブログ - にほんブログ村


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします↓


にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

星と心がつながる講座_【募集用】(紹介サービス)


女性のための無料タロット占い講座 申込み_【募集用】






最終更新日  2020.12.12 10:20:23
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.