000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

自由なししま 愛されブログ

PR

全3件 (3件中 1-3件目)

1

B'z

2020.09.21
XML
カテゴリ:B'z
PVアクセスランキング にほんブログ村


9月21日はB'zの誕生日です。

1988年9月21日にデビューしたので
結成32年。

今日が33年目のスタートとなりました。



この記念日に
B'z愛を語らせて下さい(笑)



*****


私が中学3年生だった1998年の5月に
10周年記念のベストアルバム

「Pleasure」「Treasure」が
発売されました。




【中古】B’z The Best Pleasure/B’zCDアルバム/邦楽





【中古】B’z The Best Treasure/B’zCDアルバム/邦楽



B'zの存在は知っていたけれど
ちゃんと聞いたことはなくて

でも従兄弟に借りてCDを聞いてみたら
ものすごくハマってしまって


本当に何回聞いても飽きなくて
高校以降、ひたすらB'zを聞いています。


初めてライブ行ったのは2000年夏のツアー。


高校3年でした。

2000年8月6日の千葉マリンスタジアム公演です。
忘れません(笑)



その翌日、ライブの興奮を日記にしたためました。

日記だけでなく、誰に見せるでもない
ライブレポまで書いた気がします。


↑これは日記の方。



その最後に

「18歳の私がこんなに感動したことを、ずっと覚えていたい」

と書きましたが


まさか20年経っても同じ熱量で彼らのファンでいるとは
18歳の私は想像もしてませんでした(笑)



全350曲程度ある中で
私が一番好きなのは

2002年発売の「野性のENERGY」の2nd beat

「旅☆EVERYDAY」という曲です。




野性のENERGY/B'z[CD]【返品種別A】




メロディーやハーモニーも好きなのですが
一番好きなのはコーラス


🎶ぱっぱらん、ぱらっぱっぱらん
ぱっぱらん、ぱらっぱっぱっぱらん🎶



というコーラスなんです。


稲葉さんと松本さんが

「よし、この曲のコーラスは


🎶ぱっぱらん、にしようぜ😎!」



って決めたのかなぁ

と思うと、二人の可愛さに胸がキュンキュンします( *´艸`)💓


どなたかが作った動画ですが
曲の一部が聞けます↓
https://youtu.be/q-aFoFpJ0jo




お二人がストイックに
精力的に活動をしてくれているので
今後しばらくの不安はありませんが

たまに
「もしもB'zが解散とか、どちらかが急死したりして新曲が聞けない、二人での姿が見られなくなってしまったら
私はどうなってしまうだろう?」

と考えることがあります。



稲葉さんソロも、松本さんソロも好きですが
やっぱり二人が揃っていないと

何だか物足りない感じ
寂しさを感じます。



↑我が家のB'z箱



普段は松本さんが作曲
稲葉さんが作詞をしています。


稲葉さんがソロで作詞作曲する曲も
名曲が多いですが

B'zとはやはり
松本さんがいなければ成り立たないと思っています。

松本さんが、B'zのプロデューサー的な存在ですから✨



お若く見えても

松本さんは59歳
稲葉さんは55歳。
(明後日の9月23日で56歳になります)


こんなに音楽への熱量と方向性が
同じ二人が出会えたなんて
本当に奇跡的。


ライブで走れなくても
時間が多少短くなってもいいから

ずっと二人の姿を見ていたい
と願っています✨



ししまの日常ブログ - にほんブログ村






ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします↓


にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

星と心がつながる講座_【募集用】(紹介サービス)


女性のための無料タロット占い講座 申込み_【募集用】






最終更新日  2020.09.21 12:19:46
コメント(2) | コメントを書く


2020.08.21
カテゴリ:B'z
昨日、お風呂を沸かそうと給湯器のスイッチを入れたら




去年の同月より光熱費178円オーバー。


B'zファンだと、178という数字は必ず
「イナバ」
脳内で自動変換されてしまいます。



「今日は稲葉さん漬けになれというサインか!」  


(どんなだ)


と勝手に解釈し、お風呂から夕飯、寝かしつけ前までずっとB'zを聞いて過ごしました🎧🎶



B'zを聞きながら
つらつらと昔のことを思い出していました。



高校1年生の時からずっとB'zファンの私です。

友人の中でも
「B'zファンのししまちゃん」になっていて

高校2年生のとき

当時英語を教わっていたN先生が
横浜国立大教育学部で稲葉さんと同窓だったらしい。
先生が持っている大学の卒アルに
稲葉さんが載っているらしい


と友人に教えてもらった私は

職員室に行って先生に
「アルバムを見せて頂きたいんですが…」
と言うと


「アルバムとは、このことですね😁?」


とデスクの引き出しから
大学時代のアルバムを出してくれて

稲葉さんの個人写真のページを見せて下さいました。






22歳の稲葉さんは
今と変わらず素敵で、初々しい感じが
とても可愛かったです。


「この当時からカッコよかったですよー」
とN先生の談。
(ちなみに女性の先生です)



歴代の卒業アルバムが保管されている
横浜国立大図書館ですが

稲葉さんの代のアルバムは
稲葉さんの個人写真のページが破り去られていて
(けしからんファンですね)

今や大学にも残っていないそう。


そんな貴重な写真を見られたのが
本当に嬉しかった💖



ちなみに、その数年後に私が銀行の窓口で働いていたところ
私の勤務支店の近くの高校に転任されていた
N先生と再会。


当時のお礼を改めてしたのでした(^_^)v



高校時代、日本史よりも
B'zの歴史を覚えることに一生懸命で
従兄弟にCDを借りて
歌詞をメモしていました。




受験の時も
英語の勉強と称してB'zの英語詞の歌を
和訳したりして
身になったんだか何だか。
←だから希望大学落ちるんだ


嬉しかった時も
辛かった時も(大学落ちた時も)
常にB'zが私の人生にいます。


そんな二人の偉大さを
昨日はじっくり味わっていました✨




引き寄せのことを常々考えている私。

ファンクラブに入っていると
運が良ければライブの時に
「Meet&Greet」というイベントが当たり

B'zの楽屋にお邪魔させてもらって
ご挨拶出来る機会に恵まれます。


まぁ…ものすごいレアな確率ですが( ノД`)…


その時には二人に向けて
精一杯愛と感謝を込めた手紙を渡そうと思っています。

今からその内容を考えていて
いつか直接お手紙を渡せたらと夢見ております😍

 


ししまの日常ブログ - にほんブログ村




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします↓



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

星と心がつながる講座_【募集用】(紹介サービス)


女性のための無料タロット占い講座 申込み_【募集用】(紹介サービス)






最終更新日  2020.09.18 21:50:33
コメント(0) | コメントを書く
2020.02.26
カテゴリ:B'z
昨日
B'zの2019年のアルバムツアー作品が届きました✨✨




我慢出来ず
子どもが寝たあと観賞…📺❇️


でも夢中になりすぎると
寝付けなくなりそうなので
横目で見て音だけ楽しむという謎の方法で見てたのですが😂


やっぱりちゃんと見たくて
主人が帰宅するまで見ました💖


案の定興奮して寝付きは悪くなりましたが
途中までだけど
見て後悔はない
素晴らしいパフォーマンスでした✨✨




いつの間にか
B'zファン歴20年以上になっていた私。

16才からのファンです。

高校で習った日本史はもう忘れているのに

稲葉さんは
「マットがふかふかで気持ち良さそうだったから」
との理由で中学一年生の時
器械体操部に入った

というエピソードは忘れないので
人間の記憶って不思議ですね(笑)





正直、ファンになりたての高校生の私は
こんなに長くファンでいることは想像していませんでしたが

結成30年経ってB'zのお二人の
「変化してるところ」
「変化してないところ」
それぞれが私は好きなんだと思います。


お二人は
サポートしてくれるバンドメンバーを年代で替えたり

ソロ活動で様々な人とコラボして
色々なものを吸収し、成長して
それをB'zとしての活動に反映させてきました。

こうして進化し続けてきた30年。


けれど、以前のファンクラブの会報に載ってたんです。
ファンからの質問にお二人が答える
「Q&A 」コーナー。

「お互いの(稲葉さんは松本さんの、松本さんは稲葉さんの)、ここが変わってるなぁと思う所はありますか?」


この質問に、松本さんはこう答えていました。

「30年間、僕に対する態度が変わらないこと」


B'zは
音楽業界に入っていた松本さんが
自分のバンドを作りたくて
ボーカルを探していて
素人の稲葉さんの送ってきたデモテープを聞いて
それを気に入った松本さんが
二人で始めた、という経緯で結成されています🎸


結成当初は先に業界に入っていた松本さんが
稲葉さんを色々導いたという部分も
想像できます。

でも30年も経っていれば
結成当時のように稲葉さんは何も分からない状態ではないし
成功していれば
お互い自分に対する自信も生まれてくると思います。

それでも、30年前と同じく
尊敬をもって
いつもフラットに接する稲葉さん。

また、松本さんも当初から
「俺の方が知ってるんだから
俺の言う通りにしろ」
といった、不遜な態度をとっていなかったから
二人の信頼関係が生まれたのでしょう。



30年間、ヒットを出し続けるのも大変なことだけど

30年間、家族でもない人と
ずっと関係を保って共同作業をしていくことも
とっても大変なことだと思います。

もちろん“音楽”という
共通目標があったから
ここまで出来たというのもあるでしょうが…


そのモチベーションをお互いが
同じように高い状態に保っていることも
奇跡のようなものだと思ってしまいます✨


音楽に対して
また人に対して
真摯なお二人をとっても尊敬すると共に
私の愛情も変わりません✨✨



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ






最終更新日  2020.09.18 21:52:15
コメント(0) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.