1997371 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ホームメイドの資材紹介 ~Home Made~

PR

Category

Profile


Home Made

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

Home Made@ Re[1]:珍しいですが、今でも購入出来ます(09/07) 葉月 生さんへ 最近は、メッキの技術が…
葉月 生@ Re:珍しいですが、今でも購入出来ます(09/07) 水栓って水さえ出れば用は足りるのですが…
Home Made@ Re[1]:気密パッキンは、消耗品(08/21) 葉月 生さんへ はい、新築時に目一杯の…
葉月 生@ Re:気密パッキンは、消耗品(08/21) マイホームを購入するときはもう舞い上が…

Freepage List

Headline News

Free Space

輸入住宅の施工・メンテナンスや資材の購入については、私たち ホームメイドにお問い合わせ下さい。

輸入住宅通信 powered by ブログ新聞maker

輸入住宅通信
by ブログ新聞maker




Favorite Blog

まだ登録されていません

Archives

全3325件 (3325件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2019年09月19日
XML




今日は、韓国企業を日本に紹介している大阪のNPO法人の担当者の
方と韓国で外壁用レンガを作っている会社の社長さんに来社頂きました。

先日、突然電話で紹介したいと言われ、断る理由もないので都合のいい
時でしたらOKですという返事をさせて頂きました。

政府同士がいがみ合うような状況ではありますが、民間である企業同士は
何ら交流を否定するものではないと思います。

製造方法やデザイン、副資材についていろいろ意見交換をしましたが、
東南アジアのレンガとは違い、寸法も正確でデザインも悪くはありません。

実際には実物を見てみる必要はありますが、お客様の好みや予算が合えば
こうしたレンガを外壁に使ってみるのもいいように思います。

お互い英語でのメールのやりとりになるかも知れませんが、今後いろいろ
お話をしていきたいと思います。

やっぱり、日本人も韓国人も個人としては、いい人が多いと思いますから、
商品や商道徳を尊重しながら、いい関係が出来るといいですよね。

そうそう、私たちと同じでいくら安いものを要求されても、品質を下げて
安くするなんてことは絶対しないという点はよかったです。

日本の工務店や住宅メーカーは、安けりゃ何でもいいって処も
ありますからねぇ・・・。

また、レンガのサンプルなどが来ましたら、詳細を記事に書かせて頂きます。

それにしても、名古屋の小さな輸入住宅ビルダーの処に来てもらうだけでも
ちょっと気が引けてしまいます。だって、購入するにしても家1軒分程度の
全然少ない量しか買えないですもんね。

こんな逆風の時期に日本でセールスをする勇気や根性も、素晴らしいです。
私を含めた日本人にも、見習わないといけない人がたくさんいるでしょうね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年09月19日 15時24分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年09月18日
カテゴリ:家のデザイン




こちらの写真は、シンプソン(Simpson)社製のダブルサイドライト付き
の豪華な木製玄関ドアです。

塗装が酷くなってきたので、途中ご自身で濃いベージュ色の塗装を
塗られたそうですが、それも剥がれ掛けてきて塗り直すことになりました。

雨による塗装の劣化もありますが、木自体も腐ってきているようで
ドアやサイドライトの下の方には数か所穴も開いていました。

そこから黒いアリなども室内へ侵入していたようで、状態はあまりよくない
感じでした。

そこで、穴の開いた木部をパテで埋めて、表面を紙ヤスリできれいに
均してから、パラペイントの外部用セミグロスで塗装をしました。

8分ツヤの塗装は、雨や汚れを弾くばかりか、高級感も蘇らせて
くれますから、汚れやすいツヤ消しや下品な感じの10分ツヤの塗料とは
仕上がりが全然違います。

この写真はまだ塗りたてですから、色が落ち着いていませんが、
1週間もするといい感じになってくると思います。

お客様曰く、もう少し濃いえび茶色を選んだつもりだったとのことですが、
実際に日の当たる大きな面に塗るのと、色見本で見るのとでは若干見え方が
違ってきます。

曇りの日や雨の日だと、逆に濃い感じに見えてきますから、私としては
この色は正解な気がします。

こんなに美しい色彩や塗装の載りは、国産の塗料では出せないものだと
思いますから、きっと馴染んできたらお客様も喜んで頂けると思います。

因みに、色を選んだ子供さんたちには、メッチャいいと好評を頂きました。

そうそう、このパラペイントですが、私たちはパラの中でも最高品質の
アクリル100%の塗料を使っています。

混ぜ物がしてある国産のアクリル塗料と違い、耐久性はウレタン塗装
以上。また、塗装面にミクロの穴が明いていますから、木の呼吸を
止めないばかりか、分子の大きな水は通さない(防水)という素晴らしい
性質を持っているのも特徴です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年09月18日 19時19分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年09月17日




こちらの写真は、クレストライン(Crestline)社製のケースメントサッシ
を開けた処です。

建具(障子)の下端の右角辺りが黒ずんで損傷しているのが分かります。

この窓は、吹き抜けのあるリビングの2階の高さに取り付けられた
ケースメントなんですが、高さが5m程度になるような場所ですから、
素人のお客様が開け閉め出来る感じではありません。

こんな場所であれば、ハメ殺しのFIX窓にすべきかも知れませんが、
時には空気の入れ替えなどをするだろうと考えたのでしょうか、
開閉可能な窓が施工されていました。
(尚、ハメ殺しでもサッシの雨漏れはしますから、注意が必要です)

でも、そういう考えは、実際には現実的ではありません。

お客様が新築してから一度も開けたことがない「開かずの窓」と
化してしまったという訳です。

ただ、そんな窓でも触っていないのですから、問題が起こる可能性は
低いように思うのですが、実はサッシのロックがされていない状況で
僅かに建具が開いていた状況でした。

それも南側の風当たりの強い場所でしたから、台風の強い雨風の際は
そこから雨が侵入していたことは十分に考えられます。

勿論、それだけではこうはなりませんから、ペアガラスの周囲から
雨が内部に侵入して、徐々に木部を腐らせてしまったのが原因です。

そこに窓が開いた状態が重なった為に、木の腐れの進行を早めたという
ことが言えるでしょう。

現状としては、あまり状態がよくないとは思いますが、このまま
あまり触らないということであれば、劣化した木部や塗装を少し
落としてやって、そこに防水塗料のティンバーケアを塗ってやれば、
ある程度このままの状態を維持出来るかも知れません。

更に、足場を使って外側からガラスの周囲などに防水処理をして
やれば、ベストでなくともベターな状況は作れるように思います。

ただ、これで安心するのは禁物です。常にこの窓を気にして、
状況が変だなと感じたらすぐに対処する必要があると思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年09月17日 21時21分00秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年09月16日
カテゴリ:家のメンテナンス




こちらの写真は、ハメ殺しのベルックス(Velux)・トップライトを
メンテナンスしている作業風景です。

台風で損傷したアスファルト・シングルの屋根材を葺き替えるという
工事に合わせて、一度も触ったことがない天窓についても点検・補修を
行おうということになりました。

古い屋根材を剥がして、しっかりした下地になるようにゴム製のアスファルト
・ルーフィングを敷き詰めた段階で、この作業を行いました。

ですから、トップライトの周囲の鈑金も露出した状態になっていますから、
鈑金材の状況も確認しながら補修が出来るので最適な時期に作業が可能
となるのです。

それに、屋根材を載せてしまってからではそれを踏んで作業することに
なりますから、屋根材を傷めないという点でも最適なんです。

この写真では、職人さんが天窓の周囲を覆っていたカバーを外して、
FIX(ハメ殺し)になったガラスの周囲の古いシーリング材をきれいに
除去している処です。

丁度手が見える辺りに天窓の上カバーの鈑金が見えますが、何故か5cm
くらい不自然に立ち上がった状態で浮いているのが分かりますか。

実は、このカバーの高さまで天窓本体を持ち上げて据え付けなければ
いけなかったのですが、新築時に天窓の高さを十分に取らずに施工した
結果、ヒサシのような鈑金カバーになってしまったのです。

こうなると、本体を雨から守るというカバーの役目を果たしませんから、
カバーと本体とが接する部分に防水剤を入れて天窓が雨漏れしないように
補修します。

天窓の立ち上がりが少ないと、本体の周囲に回してあるゴム製の防水シート
が変に丸まってしまい、隙間を多く作ってしまいます。

本来なら天窓を外して位置を上げてやるということをしたいのですが、
そうなると内装側をも触ることになりますから、結構大ごとになって
しまいます。

今回は、お客様とも相談をして、このままの状態でトップライトを納めて
ガラスや鈑金カバーの防水処理を十分行うということで対処することに
なりました。

ただ、コーキングなどは一生持つものではありませんから、10年ごとに
外壁や屋根を補修する際に天窓のメンテナンスも一緒にやることが大切です。

私たちもベストな施工をしたいのは山々ですが、現状を理解してお客様
にとってベターな方法を模索するのも必要なことだと考えています。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年09月16日 12時24分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年09月15日
カテゴリ:家のデザイン




こちらの写真は、メーカー不明のシングルハング・サッシで不具合を
起していたバランサーを交換した際に窓枠辺りを撮影したものです。

窓枠のレール部分にある長細いパーツが、バランサーを外す時だけに
使う金属製のテイクアウト・クリップ。

そして、ハメ殺し(FIX)になっているアッパー・サッシュの枠に
付けられているのは、ベント・ラッチ。

テイクアウト・クリップは、先日紹介した樹脂製のものもありますが、
どちらか言えばこの金属製のものの方が一般的かも知れません。

ただ、湯気が充満する浴室の窓にこれが付いていると、10年もすると
錆びて使えなくなりますから、注意が必要です。
(とは言っても、バランサーを交換する時以外の普段では全く使わない
部品ですから、その存在すら見過ごされていると思います)

次に、ベント・ラッチですが、これは可動する下窓の建具をこれ以上
上の方に開かないようにする為の換気用ストッパーです。

つまり、ほんの少し風が入るくらい窓を開けてどこか別の場所へ
行ってしまっても、空き巣などが外から窓を開けられないように
防御するといった機能を果たすのです。

なかなか便利な部品ですが、新築時に住宅メーカーから何ら説明を受けて
いなかったということで、使い方を全く知らずにいたというお客様も多い
かも知れません。

確かにこんな細かいことまで、いちいち説明するということはなかなか
出来ないかも知れませんが、お客様から質問された時くらいは、ちゃんと
受け応えが出来るようにしておいて欲しいものです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年09月15日 14時53分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年09月14日
カテゴリ:家のメンテナンス




こちらの写真は、マーヴィン(Marvin)社製ボウウィンドウに付いている
ケースメント・サッシの一つを下から見上げた様子です。

建具の右半分の白い方が屋外側のアルミ部分。左半分が室内側の木製部分。

アルミの部分には、細いスリットが入っていて、そこに気密パッキン材の
ウェザーストリップが差し込まれています。

随分家を建ててから時間が経っていますから、ウェザーストリップも汚れが
付着して素材自体も固くなってきています。

また、劣化のせいか少し縮んでしまったようで、ウェザーストリップで
隠れていたコーナー部分の錆びたビスが見えていますね。

建具の木部については、雨漏れ等による損傷もないようで、定期的に
防水塗装をしてやればまだまだお使い頂けそうです。
(現状は、外部用の防水塗装といったことはしていない感じです)

ただ、これで安心してしまってはいけません。いつガラスの周囲から
建具内に雨が侵入するか分かりませんから、ガラスやアルミ部分の
防水処理もしておくべきです。

今回、このお客様にはパラペイントの木部専用防水塗料、ティンバーケア
をご購入頂きましたので、ご自身で塗装をして下さるようです。

防水塗装は、遅いということはありません。気付いたら適正な塗料で
ケアして頂くようにお願いします。勿論、ウェザーストリップの交換も
お忘れなく。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年09月14日 18時49分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年09月13日
カテゴリ:ニュース




子供が大きくなったからと、カギをいくつか作っておきたいと思っても、
輸入の玄関ドアのカギは鍵屋さんで取り扱っていないことが多いかも
知れません。

古い輸入住宅に取り付けられているドアハンドルで多いのは、タイタン
(Titan)というロゴのあるロックです。

今はタイタンという製品はなくなってしまったのですが、今でもちゃんと
合鍵を作ることは可能です。

実は、タイタンというブランドは、クイックセット(Kwikset)社の
昔のシリーズであり、合鍵を作る為のブランクキー(鍵の山が加工されて
いないベース・キー)の在庫を私たちは持っています。

現在のクイックセットは、数字の「5」が刻印された5ピン対応のカギが
使われていますが、古いクイックセットやタイタンでは「6」が刻印
された6ピン対応のものとなります。

デッドロックに内蔵されているキー・シリンダーには、鍵山を読み取る為の
小さなピストンが仕込まれているのですが、そのピストンが6つあるという
ことで「6」の刻印がされているのです。

国産のカギのキー・シリンダーは、一般的に4つ。タイタンが6つですから、
空き巣が鍵山を読み取ってロックを解除するのは、国産のものより難しく
なります。

今のクイックセットが5つですので、防犯上は少し劣っているようにも
思いますが、スマート・キーという新たな仕掛けを設けていますから、
それはそれでいいのかも知れません。(スマート・キーの詳細については、
以前書かせて頂いた記事をご覧下さい)

6ピン用と5ピン用のブランクキーは、シリンダー内のピストンの数に
応じて長さが若干違います。

ですから、似たように見えて互換性はありませんから、タイタンの
ロック用に今のクイックセットのブランクキーを使うことは出来ません。

合鍵を作りたいという皆さんは、自分のキーがどういったものかを
しっかり確認して、それに適合するブランクキーを手に入れるように
して下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年09月13日 22時05分55秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年09月12日




こちらの写真は、先日ハリケーン「ドリアン」が直撃したバハマの
様子を伝えるものです。

貧乏な住まいもあったと思いますが、バハマと言えば北米の人々の
リゾート地。

日本でも地震に強いということで採用されている2x4工法の木造住宅も
たくさん建っていたと思われます。

勿論、鉄筋コンクリート造りの建物だってあったでしょう。

でも、写真を見ると一面がれきだらけで、建物の姿を残した建造物は
見当たりません。

停電が4日目に入っても復旧の目処が立たない千葉県を襲った台風15号は、
最大勢力の時風速60m前後を記録しました。

でも、ハリケーン「ドリアン」は、風速100mという記録だったと
ニュースでやっていましたよね。

で、バハマはこの有り様なんですよ。

私が想像するに、地球温暖化の進み方は尋常ではなくなってきています。

恐らく私が死ぬまでに、台風はこの「ドリアン」をも上回るくらいの
800ヘクトパスカル台の勢力のものが登場すると思います。

多くの日本の住宅メーカーは、地震に強いということしか考えて
きませんでした。

ですから、台風や竜巻・突風などについては、全くと言っていい程
無防備な材料でしか造られていません。

台風15号ですら、屋根が吹っ飛び窓ガラスが割れるという被害を
出していますから、猛烈を超える最強のスーパー台風では、なす術は
ないと言ってもいいでしょう。

やはり日本でも地震に備えるだけでなく、フロリダの高級住宅に
採用されるようなスーパー台風に対抗し得る強固なサッシを施工したり、
屋根の軒をあまり出さないで、屋根垂木をハリケーン・タイで強く固定
するといった工夫をすべきだと思います。

(パッシブ・ソーラーの考え方で、屋根の軒を長くして太陽の光を遮る
というデザインもありますが、それでは自然災害に対応出来ません)

地震は何百年に一度ですが、台風や竜巻は毎年1回は必ずやってきます。

尚、屋根材については、現状どんな素材でも安心出来るというものは
存在しませんから、表面が剥がれても命だけは守れるということだけに
専念すべきだと思います。

また、重い瓦や屋根のソーラーパネルは、猛烈な風では凶器となって
飛んできます。地震の際の電力確保として太陽光発電を付けたとしても、
猛烈な風で破損すれば危険なだけで意味はなくなります。

そういった点でも、一方的な見方を止めて、あらゆる場面を想像する
ことが日本の家づくりには求められているのかも知れません。

<関連記事>: 台風・竜巻、空き巣に屈しない高耐久サッシ (2018年7月29日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年09月12日 19時43分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年09月11日
カテゴリ:家のメンテナンス




こちらの写真は、不具合のあったインシュレート(Insulate)社の
シングルハングに新しいバランサーを装着している様子です。

白い樹脂製のテイクアウト・クリップにバランサーを固定して、
建具(障子)の両サイドの溝の中にバランサーを滑り込ませます。

比較的簡単な作業ではありますが、バランサーが建具に引っ掛かったり
テイクアウト・クリップの劣化でバランサーが固定出来なかったりと
イレギュラーな問題が出てきたりすると面倒な作業になることも
しばしばです。

サッシ枠に仕込まれた樹脂製のテイクアウト・クリップは、常に太陽の
紫外線に曝されていますから、10~15年程度で経年劣化します。

そうなると、いざバランサー交換の為に使おうとする時、クリップの
一部が欠損してしまうことがあるのです。

テイクアウト・クリップは、バランサーを交換する時以外は出番がない
のですが、交換時には大切な役目を果たす部材ですから、なしでもいい
という訳にはいきません。

上げ下げ窓のメンテナンスでは、適切なバランサーを手に入れることが
重要ですが、こうした付属品にも注意が必要です。

テイクアウト・クリップは、樹脂製と金属製の2種類がありますが、
それぞれの大きさが違う為、金属製を代替にすることは出来ません。

私たちは、樹脂製と金属製の両方を調達することが可能ですから、
バランサーを購入頂く際にはテイクアウト・クリップを一緒に注文
して下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年09月11日 11時41分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年09月10日
カテゴリ:家のメンテナンス




こちらの写真は、ミルガード(Milgard)のスライディング・パティオドア
に装着した新しいハンドルとロックレバーです。

掃出しサッシ用のハンドルは、長い間使っていると結構グラグラしてきたり、
ハンドルの根元が折れてしまったりしますし、ロックレバーがポキンと
欠損することもしばしばです。

今回取り付けたハンドルセットは、鋳物で丈夫に作られていますし、
ロックレバーは以前のものより厚みがあって折れにくくなっています。

既存のデザインのハンドルも手に入らないことはないのですが、
このデザインのものの方が丈夫に出来ているような気がします。

掃出しサッシのハンドルは、消耗品ではありませんから、然程交換を
意識する必要はありませんが、固定するネジ等が緩んだ状態で使い続ける
のは、破損の原因となりますから危険です。

ロックレバーも、鍵が掛かりづらくなった状態で無理にレバーを下げよう
とすると折れてしまいますから、鍵やドアの調整を定期的に行わなければ
なりません。

ただ、そういった調整・メンテナンスが出来るサッシ屋さんやリフォーム屋
さんは、殆ど国内にいないのが実情です。

ご自身で努力してやってみるのは一番ですが、どうしてもやれない場合は
それを放置しないで私たちのような専門家に相談してみて下さい。

きっと、見違えるようにうまく作動するようになりますよ。

<関連記事>: ミルガード製掃出しサッシのハンドル

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年09月10日 12時03分31秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全3325件 (3325件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.