2510931 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ホームメイドの資材紹介 ~Home Made~

PR

Category

Profile


Home Made

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

久保田 美香@ Re[4]:ハワイアンな照明器具(11/04) 村瀬 雄三さんへ ご連絡が遅れ失礼しま…
村瀬 雄三@ Re[3]:ハワイアンな照明器具(11/04) 久保田 美香さんへ はい、極めて単純な…
久保田 美香@ Re[2]:ハワイアンな照明器具(11/04) 村瀬 雄三さんへ 早速のお返事、感謝いた…
村瀬 雄三@ Re[1]:ハワイアンな照明器具(11/04) 久保田 美香さんへ いや、至ってシンプ…
久保田 美香@ Re:ハワイアンな照明器具(11/04) 初めまして。 現在、新築計画中のものです…

Freepage List

Headline News

Free Space

輸入住宅の施工・メンテナンスや資材の購入については、私たち ホームメイドにお問い合わせ下さい。

輸入住宅通信 powered by ブログ新聞maker

輸入住宅通信
by ブログ新聞maker




Favorite Blog

まだ登録されていません

Archives

2007年03月29日
XML
ヒノキの土台


丁度、雨が降った日に撮影したので濡れていますが、
私たちは、防蟻処理の薬剤を構造材(材木)に塗りません。

シロアリよりも、住んでいる人間への健康被害が大きいと思うからです。

でも、日本の殆どのメーカーや工務店は、1階の壁1mくらいの
高さまで薬剤を塗ってしまいます。それは、塗らなかったことで
後でシロアリの被害が出た時、問題となることを恐れるからです。

こんなことを当然のこととしている日本の住宅行政も
本質を見誤っているとしか言いようがありません。

だから、私たちは物理的にシロアリがいやがるような工夫をします。

まずは、ベタ基礎。床下全面に鉄筋入りの厚いコンクリートを打ちます。
地震に強いし、土をもぐってきてアリが侵入することがありません。
(シロアリは、飛んでくるより土の中を通ってくることの方が
多いんですよ)

次は、基礎パッキン。これは、基礎と土台となる木の間に
石を練りこんだパッキン材を挟み込むやり方です。

そうすると、土台全体が基礎から浮いている形になって
床下全面に風が入り乾燥します。シロアリは湿気が好きですから、
こういう床下環境は大きらいです。

そして、最後に、ヒノキの土台を使います。それも、木の中心部である心材です。
ヒノキは、ヒノキチオールという虫のきらいな物質を含んでいます。
(ヒノキのよい香りは、この物質なんです。)
また、心材は辺材と比べて固いんですね。だから、食べにくい。

こんなことを考えながら、家づくりは進みます。






Last updated  2007年03月29日 13時35分33秒
コメント(0) | コメントを書く
[自然素材・摂理を考えた施工] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.