2712292 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ホームメイドの資材紹介 ~Home Made~

PR

X

Category

Profile


Home Made

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

久保田 美香@ Re[4]:ハワイアンな照明器具(11/04) 村瀬 雄三さんへ ご連絡が遅れ失礼しま…
村瀬 雄三@ Re[3]:ハワイアンな照明器具(11/04) 久保田 美香さんへ はい、極めて単純な…
久保田 美香@ Re[2]:ハワイアンな照明器具(11/04) 村瀬 雄三さんへ 早速のお返事、感謝いた…
村瀬 雄三@ Re[1]:ハワイアンな照明器具(11/04) 久保田 美香さんへ いや、至ってシンプ…
久保田 美香@ Re:ハワイアンな照明器具(11/04) 初めまして。 現在、新築計画中のものです…

Freepage List

Headline News

Free Space

輸入住宅の施工・メンテナンスや資材の購入については、私たち ホームメイドにお問い合わせ下さい。

輸入住宅通信 powered by ブログ新聞maker

輸入住宅通信
by ブログ新聞maker




Favorite Blog

まだ登録されていません

Archives

2008年09月02日
XML
カテゴリ:屋根材
日本の屋根で一般的なのは瓦ですが、重くて地震の揺れに
対して不利であるという理由で、そのシェアをコンクリート
を主材とした屋根材(スレート瓦)に奪われつつある。

最近は、耐震瓦というものも生まれてきているのだが
ずれにくいというだけで、重いことには変わりがない。

でも、瓦のいいところは、コンクリート瓦より長持ちする
ということ。

表面に使われているのは、ガラス質の釉薬だから
劣化が遅い。だから、20~25年は持つと言われています。

ただ、塗り替えができないので寿命が来たら
全部載せ替えることになるのが大変だ。

その点、カラーベスト等のスレート瓦は表面の塗装の
塗り替えをすれば、60年は持つというのだが、
その頻度が約10年。

そう、新築してから10年で塗り替えが必要になる。

その際、足場も必要となるので、外壁の塗り替えも一緒に
やれば合理的ということで、その出費は約100~150万円。

ガリバリウム等の金属屋根材の耐用年数も、20年。
(また、ウレタン断熱ボードを下地に敷かないような
安価な施工だと、金属は雨音や熱が気になるんだなぁ。)

住宅ローンがまだまだ残っているから結構大変だよね。


アスファルト・シングル屋根


そこで私たちが使っているのが、この輸入のアスファルト
シングルという屋根材。

写真を見ると、薄いものが何枚も重ねて貼ってあるのが
分かります。

また、表面は何かブツブツしているのが分かりますか?

この屋根材は、アスファルトの中にグラスファイバーが
練り込んだ状態で板状にしてあるのですが、その表面には
天然の細かな石をまぶして色を付けてあります。

まだらな色の石ですから、屋根にもアクセントが
あると思いませんか?

天然の石ですから、塗料と違って色落ちしない。
また、屋根材自体の耐久性も30~40年。

太陽の熱で、アスファルトの接着剤が溶けるので
防水性も上がるという優れもの。だから、台風にも
強いんですよ。

勿論、薄い板状ですから重量も軽い。
(と言っても、瓦より軽いというだけで、結構な重量が
あるので、現場へ搬入するのに一汗かきます)

屋根のメンテナンスは、住宅ローンが終わって
余裕が出来てからにしたいもんですよね。

そうそう、この屋根材は寿命が来たら、載せ替えに
なるのですが、予算がない場合には最悪上から
重ね貼りも出来るのです。

厚みが出てしまうので、あまり納まりはよくない
ですが、はがす手間や処分費が抑えられます。

まあ、アスファルトですから、紙をはがすみたいに
ペロ~ンと簡単にはがれますが・・・。

新築する時は、見た目と価格を重視しますので
メンテナンスの必要性を忘れてしまいがちです。

将来計画も、よ~く考えましょうね。






Last updated  2008年09月02日 14時00分01秒
コメント(0) | コメントを書く
[屋根材] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.