1999216 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ホームメイドの資材紹介 ~Home Made~

PR

Category

Profile


Home Made

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

Home Made@ Re[1]:珍しいですが、今でも購入出来ます(09/07) 葉月 生さんへ 最近は、メッキの技術が…
葉月 生@ Re:珍しいですが、今でも購入出来ます(09/07) 水栓って水さえ出れば用は足りるのですが…
Home Made@ Re[1]:気密パッキンは、消耗品(08/21) 葉月 生さんへ はい、新築時に目一杯の…
葉月 生@ Re:気密パッキンは、消耗品(08/21) マイホームを購入するときはもう舞い上が…

Freepage List

Headline News

Free Space

輸入住宅の施工・メンテナンスや資材の購入については、私たち ホームメイドにお問い合わせ下さい。

輸入住宅通信 powered by ブログ新聞maker

輸入住宅通信
by ブログ新聞maker




Favorite Blog

まだ登録されていません

Archives

2012年07月21日
XML
カテゴリ:木のデザイン
今回は、階段のデザイン及び部材の選定・施工についてお話しましょう。

輸入住宅にとって階段周りは大きな見せ場であると言っても過言では
ありませんが、そのやり方はビルダーによって様々です。


Gooseneck with Cap



北米の階段材メーカーは、推奨すべき納まり(納め方)を明示して
いるところもありますが、それ通りに施工するかどうかは、工事をする
工務店の裁量に任せているというのが現状でしょう。

ということで、他社で実際に施工された階段とホームメイドが施工
した階段とでどう違うのかをお見せしたいと思います。


他社階段

ホームメイド階段



この写真の他社さんは、名古屋でも有名な輸入住宅ビルダーですが
こうしたミスを犯してしまうんです。

私たちは、北米で通常行われる施工方法を取っていますが、材料を
間違えたり、費用を安くしようとしたりすると、このように
デザインや施工が変わってしまいます。

階段の美しさには、リズムと秩序が要求されます。

より美しいデザイン、完成された美しさを目指すのであれば、
それ相応の知識とセンス、そして少しの手間と費用が必要なんですね。

他社さんのこうした施工が絶対的にいけないということはありませんが
どちらが好きか、どちらが美しいかは、住み手の価値観だと思います。

ただ、ビルダーは常に勉強し、常にデザインを追究する姿勢を
忘れてはいけませんね。手間を惜しんだら負けですから。






Last updated  2012年07月21日 10時05分41秒
コメント(0) | コメントを書く
[木のデザイン] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.