1911624 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ホームメイドの資材紹介 ~Home Made~

PR

Category

Profile


Home Made

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

Home Made@ Re[1]:ここまで教えてもらえると助かります(05/07) 葉月 生さんへ 世間に出回っている大量生…
葉月 生@ Re:ここまで教えてもらえると助かります(05/07) 効率的な注文の仕方というものがやはりあ…
村瀬雄三@ Re[1]:後付けだって、大丈夫(02/17) 葉月 生さんへ 輸入ドアでは、どんなもの…
葉月 生@ Re:後付けだって、大丈夫(02/17) このようなドアでも後付けでいろいろと鍵…
村瀬 雄三@ Re[1]:トリプル・ロックの人もいます(01/07) 葉月 生さんへ 北米製の輸入ドアのステ…

Freepage List

Headline News

Free Space

輸入住宅の施工・メンテナンスや資材の購入については、私たち ホームメイドにお問い合わせ下さい。

輸入住宅通信 powered by ブログ新聞maker

輸入住宅通信
by ブログ新聞maker




Favorite Blog

まだ登録されていません

Archives

2012年08月16日
XML
綺麗なレンガ目地



写真は、窓下にボトムシルを取り付ける前のレンガ積み。

ボトムシルの幅に合せて、レンガがカットされているのが
分かりますね。面倒な仕事ですが、こういうディテールが
長く愛着を持ってもらう為には大切なんです。

さて、今回は、レンガとレンガとをつなぐ為のモルタル目地
についてお話ししましょう。

モルタルとは、セメントの粉と細かな砂、ライムと呼ばれる石灰、
そして水を混ぜることによって出来る接着剤のことを言います。

接着剤と聞くと、プラスチック系やゴム系のものを思い起こす
人が多いと思いますが、レンガやブロック、コンクリートを接着
する場合は、このモルタルが使われます。

このモルタル目地には、適当な幅があるというのをご存知ですか。

通常は、10~12mm程度で目地を作るというのがいいとされています。

目地の強度を上げたり、雨が内部に入り込まないようにしたりする為に
ジョインターと呼ばれる目地押えを使って仕上げるのですが、この
道具は目地よりも若干大きめのものを使うというのも覚えておいて下さい。

ですから、20mmとか30mmとかといったあまりにも広い目地幅に
するとジョインターで押えられないばかりか、レンガ積み自体の強度も
落とすことになってしまいます。

プラモデルで接着剤をたくさん塗っても、そこがすぐに取れてしまうのと
似ています。

モルタル目地は、あくまで接着する為のものであって、外壁の材料では
ないのです。目地の幅を広くして、積みレンガの数を少しでも減らそう
とするのは、大きな間違い。

そんなところでケチらないで下さいね。せっかくのレンガの輸入住宅が
台無しですから(笑)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。






Last updated  2017年09月24日 18時20分43秒
コメント(0) | コメントを書く
[レンガ積み(Brick)] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.