000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ホームメイドの資材紹介 ~Home Made~

PR

Category

Profile


Home Made

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

Home Made@ Re[1]:ちょっと大きめですが・・・(10/12) 葉月 生さんへ 資材調査は、なかなか面倒…
葉月 生@ Re:ちょっと大きめですが・・・(10/12) 建具はいろいろですから、意外と大変です…
Home Made@ Re[1]:こういう余分な仕事が大切です(10/10) 葉月 生さんへ そういう職人さんが少ない…
葉月 生@ Re:こういう余分な仕事が大切です(10/10) 素晴らしい気づかいですね。 こういう余分…
Home Made@ Re[1]:珍しいですが、今でも購入出来ます(09/07) 葉月 生さんへ 最近は、メッキの技術が…

Freepage List

Headline News

Free Space

輸入住宅の施工・メンテナンスや資材の購入については、私たち ホームメイドにお問い合わせ下さい。

輸入住宅通信 powered by ブログ新聞maker

輸入住宅通信
by ブログ新聞maker




Favorite Blog

まだ登録されていません

Archives

2012年11月25日
XML
軒裏換気口


以前お話した通り、温まった湿気が滞留しやすい屋根裏は
十分な換気が必要です。特に冬は結露を起こす原因にもなります。

屋根の一番高い位置にある棟に換気棟を設置して、屋根裏の
空気を逃がすのですが、湿気がスムースに出ていく為には、
どこからか別の空気が入ってくることが重要となります。

そこで利用されるのが、外壁材と構造体との間に作られた
通気層と写真の軒下換気口。


外部通気層


太陽の熱によって温められた空気が、軒下から入って屋根を
抜けていくと、その空気に引っ張られる形で外壁の通気層にある
空気も一緒に抜けていきます。

外壁の空気、軒下の空気、室内の空気の3つが混在して
棟から抜けていくことで、建物の結露を防ぐことが可能となります。
当然、屋根裏空間は断熱空間としても機能することとなります。

ただ、屋根裏を部屋や収納として利用する場合、屋根に
断熱材を入れなければなりません。でないと屋根裏部屋が
暑くていられませんからね。

でも、断熱材が空気を流通させる通気層を塞いでしまっては
せっかくの結露防止の仕掛けが機能しなくなってしまいます。

断熱を図りながら、結露対策をするにはいろいろな施工が必要に
なるのですが、そこに気付かないビルダーはたくさんいますね。







Last updated  2012年11月25日 15時30分48秒
コメント(0) | コメントを書く
[自然素材・摂理を考えた施工] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.