1995310 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ホームメイドの資材紹介 ~Home Made~

PR

Category

Profile


Home Made

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

Home Made@ Re[1]:珍しいですが、今でも購入出来ます(09/07) 葉月 生さんへ 最近は、メッキの技術が…
葉月 生@ Re:珍しいですが、今でも購入出来ます(09/07) 水栓って水さえ出れば用は足りるのですが…
Home Made@ Re[1]:気密パッキンは、消耗品(08/21) 葉月 生さんへ はい、新築時に目一杯の…
葉月 生@ Re:気密パッキンは、消耗品(08/21) マイホームを購入するときはもう舞い上が…

Freepage List

Headline News

Free Space

輸入住宅の施工・メンテナンスや資材の購入については、私たち ホームメイドにお問い合わせ下さい。

輸入住宅通信 powered by ブログ新聞maker

輸入住宅通信
by ブログ新聞maker




Favorite Blog

まだ登録されていません

Archives

2015年11月21日
XML
劣化したペラのダブルハング・サッシ


こちらは、ペラ(Pella)社製のダブルハング・サッシです。

13年前に新築施工されたものですが、上側の建具(障子)本体
の下枠部分のアルミ被覆材が、内部の木部腐食により脱落してきて
しまったそうです。

一番下のアルミ板だけでなく、建具の木製下枠も側枠から外れて
いる状態ですから、ここまでなるには相当な時間が掛かっていると
思われます。

この部分以外は新品のように傷みがない状況のようですから、
もう少し早めにご相談頂いていれば、修理も簡単なもので済んでいた
かも知れません。

ペラの古い窓は、比較的雨や結露に弱かったように思いますから、
防水塗装や外部のコーキング処理をしっかりやらないと、こういう
トラブルは避けられないと思います。

ただ、アルミクラッドの輸入木製サッシで防火認定を取得した先駆けは
Pellaでしたから、防火・準防火の都市部の輸入住宅ではよく使われた
サッシでした。

最近のペラの窓については、雨仕舞が悪いという噂をあまり耳に
しませんから、改善されたようにも思いますが10年以上前の
ものについては、注意が必要です。

先程述べたように、塗装やコーキングをやり直したり、雨の次の日
にはサッシを開けて木部を乾かすようにして下さい。

まだ雨が付いているようなら、雑巾で軽く拭き取ることも大切です。

今回のものは、建具を新しいものに交換すれば元に戻るはずですが、
そうならないように皆さんもメンテナンスを心掛けて下さいね。

自然のものは手間・暇が掛かりますが、その分室内環境を
整えたり、結露を防止したりする役目を果たしてくれるのです。

いいものは、大切に使えば長持ちもしますからね。

輸入住宅の新築やメンテナンスをお考えの方は、ご相談下さい。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






Last updated  2015年11月21日 09時57分55秒
コメント(0) | コメントを書く
[自然素材・摂理を考えた施工] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.