1939362 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ホームメイドの資材紹介 ~Home Made~

PR

Category

Profile


Home Made

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

Home Made@ Re[1]:ここまで教えてもらえると助かります(05/07) 葉月 生さんへ 世間に出回っている大量生…
葉月 生@ Re:ここまで教えてもらえると助かります(05/07) 効率的な注文の仕方というものがやはりあ…
村瀬雄三@ Re[1]:後付けだって、大丈夫(02/17) 葉月 生さんへ 輸入ドアでは、どんなもの…

Freepage List

Headline News

Free Space

輸入住宅の施工・メンテナンスや資材の購入については、私たち ホームメイドにお問い合わせ下さい。

輸入住宅通信 powered by ブログ新聞maker

輸入住宅通信
by ブログ新聞maker




Favorite Blog

まだ登録されていません

Archives

2018年03月08日
XML
カテゴリ:家具&インテリア




北米のインテリアデザイナー、サラ・リチャードソンのピンタレスト
に掲載された写真です。

2つ並んだベッドの上に、更に2つのベッドが配置されていますね。

壁は、上にあるベッドの高さで、デザインが切り替わっていて、
2段ベッドの上で寝る子供たちは、黄色い部屋で寝ている感じが
すると思います。

フロアに置かれたベッドは、恐らく市販されているものだと思いますが、
上に上がる階段や上側のベッドは、大工さんか家具職人の手作りでは
ないでしょうか。

素朴でシンプルなデザインですが、お部屋のナチュラルな感じには
よく合っている気がしますね。

恐らく一家4人の全てが、ここの寝室で眠るのだと思いますが、
私はこうやって家族全員で1つの部屋をシェアするという生活スタイル
には賛成です。

確かにご夫婦のプライベートという問題はあるでしょうが、それより
子供たちと両親とが一緒に過ごすことで、家族としての強い絆が
生まれるような気がするのです。

また、子供たちもパパやママと一緒だと、安心して寝ることが
出来るのではないでしょうか。これは、小さい時期の精神安定という
点では素晴らしいことのように思うのです。

私たちの世代では、家を建てる時にはそれぞれに子供部屋を持たせる
ことが当たり前でしたが、敢えて個室を作らないというスタイルが、
これからのトレンドのように思います。

勿論、勉強部屋も個々に持たせるのではなく、お母さんの近くに
いることが出来るダイニングやキッチンのスペースに座って
勉強やおしゃべりをするという間取りがいいとも思います。

時代によって、住宅に対する考え方も変化すると思いますが、
何を家づくりのテーマにするか、将来どう暮らしていきたいか
によって、新築・リフォームをすべきではないでしょうか。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。






Last updated  2018年03月08日 11時23分29秒
コメント(0) | コメントを書く
[家具&インテリア] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.