1965658 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ホームメイドの資材紹介 ~Home Made~

PR

Category

Profile


Home Made

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

Home Made@ Re[1]:ここまで教えてもらえると助かります(05/07) 葉月 生さんへ 世間に出回っている大量生…
葉月 生@ Re:ここまで教えてもらえると助かります(05/07) 効率的な注文の仕方というものがやはりあ…
村瀬雄三@ Re[1]:後付けだって、大丈夫(02/17) 葉月 生さんへ 輸入ドアでは、どんなもの…

Freepage List

Headline News

Free Space

輸入住宅の施工・メンテナンスや資材の購入については、私たち ホームメイドにお問い合わせ下さい。

輸入住宅通信 powered by ブログ新聞maker

輸入住宅通信
by ブログ新聞maker




Favorite Blog

まだ登録されていません

Archives

2018年06月21日
XML
カテゴリ:水栓金具




こちらは、名古屋市緑区のお客様からご相談を頂いたアメリカン
スタンダード社の古い洗面水栓。

白いレバーハンドルが付いたオーソドックスなデザインの水栓です。

15年前に施工された水栓金具ということですが、レバーを閉めても
水がポタポタ落ちるというトラブルです。

こういう場合、基本的に内蔵されたセラミックバルブを交換すれば
直ってしまうのですが、水栓金具の特定が必要となります。

お客様ではメーカー名の把握は出来ているようですが、製品の
品番や品名はよく分からないということでした。

私の方でアメリカのメーカーに直接問い合わせをして、先日
サービスの担当者からこの商品ではないかという回答を頂きました。

ただ、水栓の吐水口のデザインが微妙に違っているようですし、
本当にこの水栓に適合するバルブであれば交換出来るかどうかは、
私の方では判断が出来ません。

メーカーからの回答だから、多分大丈夫だろうとしか言えないのです。

私共が調べた限りでは、この水栓金具に適合するバルブの調達は
可能のようですから、お客様にもその旨お伝えしました。

あとは、そのリスクを承知の上でお客様自身がバルブの調達を
決断されるか、全くリスクのない新しい水栓金具に交換するか、
どちらかをお選び頂くしかありません。

こういう時は、既存の水栓金具に対してどれだけ愛着があるか
どうかに掛かってきます。

だって、もし新しいバルブが既存の水栓に適合しなければ、
バルブの調達費用プラス新しい水栓金具の調達・交換費用の両方を
ご負担頂かなければなりませんから・・・。

でも、うまくバルブが取付け出来れば、儲けもんです(笑)
いや~、悩みますよね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。






Last updated  2018年06月21日 12時00分21秒
コメント(0) | コメントを書く
[水栓金具] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.