1888660 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ホームメイドの資材紹介 ~Home Made~

PR

Category

Profile


Home Made

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

Home Made@ Re[1]:ここまで教えてもらえると助かります(05/07) 葉月 生さんへ 世間に出回っている大量生…
葉月 生@ Re:ここまで教えてもらえると助かります(05/07) 効率的な注文の仕方というものがやはりあ…
村瀬雄三@ Re[1]:後付けだって、大丈夫(02/17) 葉月 生さんへ 輸入ドアでは、どんなもの…
葉月 生@ Re:後付けだって、大丈夫(02/17) このようなドアでも後付けでいろいろと鍵…
村瀬 雄三@ Re[1]:トリプル・ロックの人もいます(01/07) 葉月 生さんへ 北米製の輸入ドアのステ…

Freepage List

Headline News

Free Space

輸入住宅の施工・メンテナンスや資材の購入については、私たち ホームメイドにお問い合わせ下さい。

輸入住宅通信 powered by ブログ新聞maker

輸入住宅通信
by ブログ新聞maker




Favorite Blog

まだ登録されていません

Archives

2018年12月26日
XML
カテゴリ:家のメンテナンス




輸入サッシのペアガラスが割れてしまった場合、樹脂サッシであれば
建具(障子)からガラスを外して交換することが可能です。

ただ、ペアガラスは正確に寸法を測らないと、サッシにうまく装着
出来なかったり、隙間が出来て気密性がなくなるかも知れません。

輸入サッシに装着されたペアガラスは、建具の防水性や気密性を
保つ為にシーリング材で建具枠にガッチリ固定されていますから、
それを外してガラスの厚さを測るのはなかなか大変です。

であれば、建具からペアガラスを外さないでガラスの厚みを
測れないかといつも考えていました。

そこで見つけた器具が、このペアガラス専用ノギス。

掃出しサッシのような大きなドア枠であっても、そこを飛び越えて
ガラス部分に届くだけの奥行があるのです。

寸法の目盛もインチで刻まれていますから、輸入サッシには
もってこいなんです。

やっぱり、アメリカ人も私と同じことを考えるんですねぇ。

確かに方法はいくつかあるとは思いますが、出来るだけ時間を
セーブして正確に計測出来る道具を持つことが、専門家に要求
されるのだと思います。

それにしても、こんなマニアックな工具を持っているのは、
日本にどれだけいるんでしょうね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2018年12月26日 09時23分47秒
コメント(2) | コメントを書く
[家のメンテナンス] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:新兵器、登場!(12/26)   葉月 生 さん
便利な道具があるのですね。輸入の窓ガラスの交換・・・そうですね。そういうこともありますね。新築の家などですと、あとのメンテを考えないことも多いです。 (2018年12月27日 04時27分14秒)

Re[1]:新兵器、登場!(12/26)   村瀬 雄三 さん
葉月 生さんへ

輸入サッシのガラスは、国産サッシのものとは厚みが違いますから、縦横の寸法だけだとうまくサッシに入らないんです。

ですから、こうした道具があるかないかでは、手間や時間、精度が相当違ってくるかも知れませんね。
(2018年12月27日 18時26分15秒)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.