1912390 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ホームメイドの資材紹介 ~Home Made~

PR

Category

Profile


Home Made

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

Home Made@ Re[1]:ここまで教えてもらえると助かります(05/07) 葉月 生さんへ 世間に出回っている大量生…
葉月 生@ Re:ここまで教えてもらえると助かります(05/07) 効率的な注文の仕方というものがやはりあ…
村瀬雄三@ Re[1]:後付けだって、大丈夫(02/17) 葉月 生さんへ 輸入ドアでは、どんなもの…
葉月 生@ Re:後付けだって、大丈夫(02/17) このようなドアでも後付けでいろいろと鍵…
村瀬 雄三@ Re[1]:トリプル・ロックの人もいます(01/07) 葉月 生さんへ 北米製の輸入ドアのステ…

Freepage List

Headline News

Free Space

輸入住宅の施工・メンテナンスや資材の購入については、私たち ホームメイドにお問い合わせ下さい。

輸入住宅通信 powered by ブログ新聞maker

輸入住宅通信
by ブログ新聞maker




Favorite Blog

まだ登録されていません

Archives

2019年03月19日
XML
カテゴリ:家のメンテナンス




今日、名古屋市南区の輸入住宅でカナダ ローウェン(Loewen)社の
サッシのメンテナンスを行ってきました。

窓を開けられなくなったダブルハングの上げ下げ窓2ヶ所と固くて
開けられない片引きの引き違い窓(グライダー)の修理です。

当時の防火対応の為にサッシには網入りのペアガラスが挿入されていて、
通常の建具(障子)の倍近い重さがあります。

こんな重い建具を支える為には、相当強度が高いバランサーを使う
必要がありますが、標準的な強度のバランサーが付けられていて、
重いせいかご家族もあまり窓を開けない習慣が付いていたようです。

ですから、バランサーのバネも錆びて固着してしまいますから、
更に窓が開かない状況へと陥ってしまいます。

そんな時間が20年も流れてしまったローウェンのダブルハング
ですから、サッシの周囲も砂やホコリが固着していました。

今回は、窓枠に装着されていた写真のバランサーを外して、新しい
バランサーに交換するという作業でしたが、なかなか建具が外れない
といった問題やバランサー・ブリックがサイドジャムに引っ掛かって
取れなかったりと相当苦労しましたが、無事交換することが出来ました。

勿論、バランサーも建具の重量に耐えられるだけの強度があるものを
調達しましたから、女性でも簡単に窓の開け閉めが可能となりました。

(尚、交換時に最悪サイドジャムが破損するかも知れないということで、
新しいジャムも準備しましたが、こちらは今回交換せずに済みました)

引き違い窓については、やれる調整が限られていましたが、
出来るだけの調整を行って、窓が開かないという状況は脱しました。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年03月19日 19時05分05秒
コメント(0) | コメントを書く
[家のメンテナンス] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.