1935770 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ホームメイドの資材紹介 ~Home Made~

PR

Category

Profile


Home Made

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

Home Made@ Re[1]:ここまで教えてもらえると助かります(05/07) 葉月 生さんへ 世間に出回っている大量生…
葉月 生@ Re:ここまで教えてもらえると助かります(05/07) 効率的な注文の仕方というものがやはりあ…
村瀬雄三@ Re[1]:後付けだって、大丈夫(02/17) 葉月 生さんへ 輸入ドアでは、どんなもの…

Freepage List

Headline News

Free Space

輸入住宅の施工・メンテナンスや資材の購入については、私たち ホームメイドにお問い合わせ下さい。

輸入住宅通信 powered by ブログ新聞maker

輸入住宅通信
by ブログ新聞maker




Favorite Blog

まだ登録されていません

Archives

2019年06月24日
XML
カテゴリ:家のメンテナンス




サッシ・バランサーの不具合について記事に書かせて頂く場合の多くは、
輸入シングルハング(下窓だけが開閉する上げ下げ窓)の樹脂サッシ
だとお考えかも知れません。

でも、実際は上げ下げ窓であれば、シングルハングでもダブルハングでも、
樹脂サッシでもアルミクラッドの木製サッシでも、全てにおいてバランサー
が装着されています。

勿論、サッシ・メーカーによって、その形状や強度は様々です。

今回は、愛知県小牧市にある輸入住宅に取り付けられたハード(Hurd)社
のダブルハング・サッシの不具合でした。

下窓(ボトムサッシュ)のバランサーのバネが切れて、建具を持ち上げる
ことが出来なくなっています。

(尚、このバランサーは、ジャムライナー内に隠れている為、お客様には
トラブルが何かがはっきり分からない状況です)

ですから、下窓を上げても自然と落ちてきてしまいますので、可動する上窓
(アッパーサッシュ)を下へ降して室内に風が入るようにしていました。

このおうちは竣工して既に20年以上経っていますから、バランサーの寿命
である約15年は既に過ぎています。

固くて動かないという不具合のある上げ下げ窓はもう1つありますし、
これからも次々トラブルが発生することでしょうから、この機会に
全てのバランサーを交換しておくことも必要かも知れません。

まあ、今回の不具合を直すだけでもいいのですが、悪くなった度に
交通費や時間を掛けて直すということをしていれば、それだけで経費は
余分に掛かってきますからね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年06月24日 11時17分36秒
コメント(0) | コメントを書く
[家のメンテナンス] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.