2031872 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ホームメイドの資材紹介 ~Home Made~

PR

Category

Profile


Home Made

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

Home Made@ Re[1]:ちょっと大きめですが・・・(10/12) 葉月 生さんへ 資材調査は、なかなか面倒…
葉月 生@ Re:ちょっと大きめですが・・・(10/12) 建具はいろいろですから、意外と大変です…
Home Made@ Re[1]:こういう余分な仕事が大切です(10/10) 葉月 生さんへ そういう職人さんが少ない…
葉月 生@ Re:こういう余分な仕事が大切です(10/10) 素晴らしい気づかいですね。 こういう余分…
Home Made@ Re[1]:珍しいですが、今でも購入出来ます(09/07) 葉月 生さんへ 最近は、メッキの技術が…

Freepage List

Headline News

Free Space

輸入住宅の施工・メンテナンスや資材の購入については、私たち ホームメイドにお問い合わせ下さい。

輸入住宅通信 powered by ブログ新聞maker

輸入住宅通信
by ブログ新聞maker




Favorite Blog

まだ登録されていません

Archives

2019年09月17日
XML




こちらの写真は、クレストライン(Crestline)社製のケースメントサッシ
を開けた処です。

建具(障子)の下端の右角辺りが黒ずんで損傷しているのが分かります。

この窓は、吹き抜けのあるリビングの2階の高さに取り付けられた
ケースメントなんですが、高さが5m程度になるような場所ですから、
素人のお客様が開け閉め出来る感じではありません。

こんな場所であれば、ハメ殺しのFIX窓にすべきかも知れませんが、
時には空気の入れ替えなどをするだろうと考えたのでしょうか、
開閉可能な窓が施工されていました。
(尚、ハメ殺しでもサッシの雨漏れはしますから、注意が必要です)

でも、そういう考えは、実際には現実的ではありません。

お客様が新築してから一度も開けたことがない「開かずの窓」と
化してしまったという訳です。

ただ、そんな窓でも触っていないのですから、問題が起こる可能性は
低いように思うのですが、実はサッシのロックがされていない状況で
僅かに建具が開いていた状況でした。

それも南側の風当たりの強い場所でしたから、台風の強い雨風の際は
そこから雨が侵入していたことは十分に考えられます。

勿論、それだけではこうはなりませんから、ペアガラスの周囲から
雨が内部に侵入して、徐々に木部を腐らせてしまったのが原因です。

そこに窓が開いた状態が重なった為に、木の腐れの進行を早めたという
ことが言えるでしょう。

現状としては、あまり状態がよくないとは思いますが、このまま
あまり触らないということであれば、劣化した木部や塗装を少し
落としてやって、そこに防水塗料のティンバーケアを塗ってやれば、
ある程度このままの状態を維持出来るかも知れません。

更に、足場を使って外側からガラスの周囲などに防水処理をして
やれば、ベストでなくともベターな状況は作れるように思います。

ただ、これで安心するのは禁物です。常にこの窓を気にして、
状況が変だなと感じたらすぐに対処する必要があると思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年09月17日 21時21分00秒
コメント(0) | コメントを書く
[自然素材・摂理を考えた施工] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.