2091976 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ホームメイドの資材紹介 ~Home Made~

PR

Category

Profile


Home Made

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

Home Made@ Re[1]:ちょっと大きめですが・・・(10/12) 葉月 生さんへ 資材調査は、なかなか面倒…
葉月 生@ Re:ちょっと大きめですが・・・(10/12) 建具はいろいろですから、意外と大変です…
Home Made@ Re[1]:こういう余分な仕事が大切です(10/10) 葉月 生さんへ そういう職人さんが少ない…
葉月 生@ Re:こういう余分な仕事が大切です(10/10) 素晴らしい気づかいですね。 こういう余分…
Home Made@ Re[1]:珍しいですが、今でも購入出来ます(09/07) 葉月 生さんへ 最近は、メッキの技術が…

Freepage List

Headline News

Free Space

輸入住宅の施工・メンテナンスや資材の購入については、私たち ホームメイドにお問い合わせ下さい。

輸入住宅通信 powered by ブログ新聞maker

輸入住宅通信
by ブログ新聞maker




Favorite Blog

まだ登録されていません

Archives

2019年11月14日
XML
カテゴリ:家のメンテナンス




北海道のお客様からミルガード(Milgard)社製樹脂サッシについて
いくつかご相談を頂きました。

その一つが、ペアガラスの中に水分が入り込んで結露を起して
しまっているということでした。

23年前に新築されたおうちですが、いくつかの輸入サッシでこうした
現象が起きているようで、冬場に内外の温度差が大きくなると
それが顕著に現れます。

(本州でも冬場の内部結露は発生しますが、夏場にクーラーを使う時でも
逆の方向で温度差が出ますので、同様の結露が起きるのです)

温度差がない状況になると結露がなくなるのですが、結露した際に
カビや細菌、藻類が発生するとガラスが曇ってしまい、結露をしない
状況になってもそれが取れることはありません。

こうした現象は、気密が完璧に維持されるように作られたペアガラス
というものの構造的な宿命ですから、国産のサッシであってもそれを
解決することは出来ません。

ペアガラスの中に空気を密閉して、それで断熱性を上げようという
考え方を変えない限り、その不具合は起きてしまうのです。

勿論、それに代わるベターな方法は、現在考え出されていませんから、
如何に雨が侵入しないように手入れをしていくかで対処する以外には
ありません。

アルミクラッドの木製サッシは木枠が腐るから、腐らない素材の
樹脂やアルミのサッシを使うという人が多いですが、ペアガラスの
トラブルはどんなサッシでも起るのです。

普通サッシは何もしなくても大丈夫なんて考えている皆さん、今の
サッシは定期的に防水メンテナンスを実施しないとダメだということを
忘れないで下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年11月14日 16時10分41秒
コメント(0) | コメントを書く
[家のメンテナンス] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.