2837323 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ホームメイドの資材紹介 ~Home Made~

PR

X

Category

Profile


Home Made

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

Home Made@ Re[1]:ドアクローザーの下地がない(04/02) 赤毛のアンさんへ そうですね、輸入住宅…
赤毛のアン@ Re:ドアクローザーの下地がない(04/02) 数か月読ませてもらいましたが、修理補修…
久保田 美香@ Re[4]:ハワイアンな照明器具(11/04) 村瀬 雄三さんへ ご連絡が遅れ失礼しま…
村瀬 雄三@ Re[3]:ハワイアンな照明器具(11/04) 久保田 美香さんへ はい、極めて単純な…
久保田 美香@ Re[2]:ハワイアンな照明器具(11/04) 村瀬 雄三さんへ 早速のお返事、感謝いた…

Freepage List

Headline News

Free Space

輸入住宅の施工・メンテナンスや資材の購入については、私たち ホームメイドにお問い合わせ下さい。

輸入住宅通信 powered by ブログ新聞maker

輸入住宅通信
by ブログ新聞maker




Favorite Blog

まだ登録されていません

Archives

2021年04月21日
XML




昨日、従来の瓦葺工法について記事に書かせて頂きましたので、
今回は瓦業界が策定した標準設計・施工ガイドラインに基づいた
瓦葺工法をご紹介します。

写真が、耐震対策を施した新しい瓦葺工法の棟瓦の納まりです。

屋根の野地板から棟の一番高い処まで金物を使って緊結しています。

また、それぞれののし瓦は、土や漆喰で固定するのではなく、金物や
防水コーキングのような接着剤を使って固定しています。

こうした対策が施されていれば、重い屋根瓦であっても地震や強風で
外れることはないかも知れません。

ただ、その重量は以前のままという感じですから、軽量な瓦を開発したり
棟瓦の重ね積みを減らしたりして、屋根の軽量化を果たすことが揺れの
軽減につながるような気がします。

しかし、単純に軽量化しても、軸組工法の柱の組付けや緩くなったり、
瓦が割れやすくなったりするかも知れませんから、建物の構造側の
改善も併せて行わなければなりません。

あと、こういった棟の納まりにすると、屋根裏の熱気や結露を棟から
逃がす棟換気(通気)の仕組みが取れませんから、ここも工夫が必要です。

大きな災害が次々に発生する21世紀ですから、様々な業界の知恵を
集めて一歩でも改善された家づくりをしていかなければなりません。

また、構造・工法が強靭になっても、住み心地や健康的な生活が
犠牲になっては意味がありません。人間の感覚を大切にして、
頭でっかちにならない家づくりをしていきたいものです。

何れにしても、古い日本家屋は耐震性・耐風性に問題がありますので、
被害に備えて改修工事を行っておくようにお願いします。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2021年04月21日 19時02分46秒
コメント(0) | コメントを書く
[自然素材・摂理を考えた施工] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.