3072042 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ホームメイドの資材紹介 ~Home Made~

PR

X

Category

Profile


Home Made

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

Home Made@ Re[1]:カチカチ言うなら、修理は可能?(04/04) わたなべさんへ コメント、有難うござい…
わたなべ@ Re:カチカチ言うなら、修理は可能?(04/04) ロジェールの手前 2口が火が付きません 修…
Home Made@ Re[1]:ドアクローザーの下地がない(04/02) 赤毛のアンさんへ そうですね、輸入住宅…
赤毛のアン@ Re:ドアクローザーの下地がない(04/02) 数か月読ませてもらいましたが、修理補修…
久保田 美香@ Re[4]:ハワイアンな照明器具(11/04) 村瀬 雄三さんへ ご連絡が遅れ失礼しま…

Freepage List

Headline News

Free Space

輸入住宅の施工・メンテナンスや資材の購入については、私たち ホームメイドにお問い合わせ下さい。

輸入住宅通信 powered by ブログ新聞maker

輸入住宅通信
by ブログ新聞maker




Favorite Blog

まだ登録されていません

Archives

2021年07月19日
XML
カテゴリ:家のメンテナンス




今日、豊明市のお客様の処に伺って、ミルガード(Milgard)製掃出しサッシ
(スライディング・パティオドア)の鍵の解除を行ってきました。

先日、修理調査に伺った際に一部をカットしたドアハンドルやロック金物の
交換部品も用意して、万全の体制での作業でした。

ただ、出来るだけ掃出しサッシを傷付けないようにといろいろ工夫してみた
のですが、全く鍵が掛かったまま外れません。

仕方がないので、ドア枠内に隠れている2本の鍵爪(ラッチ)をカットして
外すという方法を取ることにしました。

その為には樹脂で出来たドア枠の一部に、ラッチをカットする為の穴を
明けなければなりません。

穴を明けた時点で穴の中にラッチが確認出来るはずですが、片方のラッチは
見えません。

ということは、そのラッチはロックレバーと連動して鍵は解除されている
というふうに推測しました。

もう一方のラッチが引っ掛かって解除出来ないということなので、マイナス
ドライバーやカッターナイフの先を穴の中に入れて、ラッチの状態を
探っていましたら、カチッという音と共に鍵が解除されました。

このラッチは非常に強固で、通常ならそんなことでは動かないタイプですが、
比較的簡単にドアが開いたのです。

写真は、会社に戻ってロック金物を分解してみた処です。

ロックレバーを回すとギアが一緒に回ります。そのギアとラッチとを連動
させる金属パーツ(鋳物)があるのですが、それが折れて離れていました。

この状況では、いくらロックレバーを上げ下げしようが、ロック金物を
分解出来る状態にするか、ラッチを切断するか、動かすかしないと
鍵の解除は不可能ですね。

防犯性が高く、空き巣や泥棒も容易に鍵を開けられないというのは
素敵なことですが、鍵が掛かった状態ではドアを無傷で修理するのが
難しいという点は痛し痒しです。

鍵が破損する前には必ず変な前兆があるはずです。何かおかしいと
感じたら、すぐに専門家に相談することが損害を最小限にする秘訣です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2021年07月19日 19時30分44秒
コメント(0) | コメントを書く
[家のメンテナンス] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.