3030849 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ホームメイドの資材紹介 ~Home Made~

PR

X

Category

Profile


Home Made

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

Home Made@ Re[1]:カチカチ言うなら、修理は可能?(04/04) わたなべさんへ コメント、有難うござい…
わたなべ@ Re:カチカチ言うなら、修理は可能?(04/04) ロジェールの手前 2口が火が付きません 修…
Home Made@ Re[1]:ドアクローザーの下地がない(04/02) 赤毛のアンさんへ そうですね、輸入住宅…
赤毛のアン@ Re:ドアクローザーの下地がない(04/02) 数か月読ませてもらいましたが、修理補修…
久保田 美香@ Re[4]:ハワイアンな照明器具(11/04) 村瀬 雄三さんへ ご連絡が遅れ失礼しま…

Freepage List

Headline News

Free Space

輸入住宅の施工・メンテナンスや資材の購入については、私たち ホームメイドにお問い合わせ下さい。

輸入住宅通信 powered by ブログ新聞maker

輸入住宅通信
by ブログ新聞maker




Favorite Blog

まだ登録されていません

Archives

2021年08月01日
XML
カテゴリ:家のメンテナンス




大府市のお客様からサミット(Summit)社製輸入樹脂掃出しサッシの
ペアガラス内に錆が出てきているので、交換出来ないかというご相談を
頂きました。

不具合が出ているのは、ハメ殺しのFIXドア。

強化ガラスのペアですから、結構な重さと費用が掛かります。

このサッシにピッタリのガラスを調達する必要もありますから、
一度現地調査に伺って、ガラスの押し縁を外しガラス全体を露出させる
必要があります。

ペアガラスの厚みもインチ単位で出来ていますから、国産のガラスと
同じだろうなどと考えると痛い目に遭います。

このサッシのガラスの押し縁は、結構簡易なタイプが採用されていますから、
ガラスの周囲から雨が入ってしまうリスクは大きかったように思います。

ペアガラスは、内部の気密が保たれるように、ガラスの周囲が金属の
スペーサーで密閉されていますが、季節の温度変化によってガラス自体も
伸縮してしまいます。

そんな状況では、どこかで接着が弱くなって、僅かな隙間が生じてしまう
という可能性をなくすことは出来ません。

また、一旦入ってしまった湿気や水分は、その隙間から全て外に出るという
こともほぼ不可能です。

ペアガラス内でそれが循環して、更に錆や曇りを生じさせていくだけです。

そうなる前に、ガラス外側の防水処理を行うことで予防が可能となりますが、
そこまで先に読んで施工をしてくれる住宅メーカーは、ほぼ皆無です。

もしこうした不具合が生じたら、ペアガラスを交換する以外に直す方法は
ありませんから、専門家に相談するようにして下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2021年08月01日 20時22分03秒
コメント(0) | コメントを書く
[家のメンテナンス] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.