3527421 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ホームメイドの資材紹介 ~Home Made~

ホームメイドの資材紹介 ~Home Made~

PR

Category

Profile

Home Made

Home Made

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

Home Made@ Re[1]:カチカチ言うなら、修理は可能?(04/04) わたなべさんへ コメント、有難うござい…
わたなべ@ Re:カチカチ言うなら、修理は可能?(04/04) ロジェールの手前 2口が火が付きません 修…
Home Made@ Re[1]:ドアクローザーの下地がない(04/02) 赤毛のアンさんへ そうですね、輸入住宅…
赤毛のアン@ Re:ドアクローザーの下地がない(04/02) 数か月読ませてもらいましたが、修理補修…
久保田 美香@ Re[4]:ハワイアンな照明器具(11/04) 村瀬 雄三さんへ ご連絡が遅れ失礼しま…

Freepage List

Headline News

Free Space

輸入住宅の施工・メンテナンスや資材の購入については、私たち ホームメイドにお問い合わせ下さい。

輸入住宅通信 powered by ブログ新聞maker

輸入住宅通信
by ブログ新聞maker




Favorite Blog

まだ登録されていません

Archives

2022年07月07日
XML
カテゴリ:水栓金具




大府のお客様から30年近く前に取り付けたヤスダプロモーション製の
洗面水栓を直したいというご相談を頂きました。

水栓金具は、サンタフェというシリーズのもので、クラシックな金色の
ボディに白いレバーハンドルが付いた如何にも輸入水栓らしい逸品です。

この製品は、昔から非常に人気があって、今でも多くの輸入住宅で
使われています。

今回は、水側を止めても吐水口からポタポタ水が落ちるということでしたから、
止水パッキンであるカートリッジバルブを交換しさえすれば、元通りに直る
というものでした。

ただ、この製品に使われているカートリッジバルブは、途中仕様変更があって
古い仕様のバルブは既に生産中止になっている状況です。

それを見分けるのは、カートリッジバルブのトップに付いているギザギザ山
の部分の形。

レバーハンドルを外すと、写真のようにカートリッジバルブの上部のみが
露出するので、ギザギザ山の形状を確認することが可能です。

その結果、このカートリッジバルブは、古いタイプのもので交換部材は
手に入れることが難しく、水栓金具そのものを交換する以外方法は
ありません。

ただ、このデザインの洗面水栓は、今でも新品を調達することが出来ますので、
洗面の雰囲気を変えることなく、新しい水栓金具に装換しようと思います。

お客様も気に入っていらっしゃる水栓金具ですから、また20年くらいは
同じようにお使い頂きたいと思います。

それにしても、30年も使い続けることが出来、またその当時のデザインの
ものが今でも手に入るなんて、息の長い製品ですよね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2022年07月07日 15時57分05秒
コメント(0) | コメントを書く
[水栓金具] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.