1916176 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ホームメイドの資材紹介 ~Home Made~

PR

Category

Profile


Home Made

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

Home Made@ Re[1]:ここまで教えてもらえると助かります(05/07) 葉月 生さんへ 世間に出回っている大量生…
葉月 生@ Re:ここまで教えてもらえると助かります(05/07) 効率的な注文の仕方というものがやはりあ…
村瀬雄三@ Re[1]:後付けだって、大丈夫(02/17) 葉月 生さんへ 輸入ドアでは、どんなもの…

Freepage List

Headline News

Free Space

輸入住宅の施工・メンテナンスや資材の購入については、私たち ホームメイドにお問い合わせ下さい。

輸入住宅通信 powered by ブログ新聞maker

輸入住宅通信
by ブログ新聞maker




Favorite Blog

まだ登録されていません

Archives

全3240件 (3240件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 >

2019年06月14日
XML
カテゴリ:家のメンテナンス




今日は、愛知県幸田町のお客様の処に輸入サッシのメンテナンスに
伺ってきました。

25年近く経ったアンダーセン社製のダブルハング・サッシですから、
家中の窓全てのバランサーを交換しますが、数が多いので一日では
完了出来ません。

また、昨今は梅雨ということで雨が多いですから、天気と相談しながら
バランサーの交換をする予定です。

多分、Andersenのバランサーだけでれば、2日もあれば十分交換可能
なんだと思いますが、サッシ外部の防水処理や防水塗装も一緒に行う
予定ですから、その乾燥時間も含めるとそんな簡単にはやれません。

何故そんな手間を掛けるのかと言えば、この写真を見て頂ければ
分かると思います。

これは、今日上げ下げ窓のバランサーを交換した際に、外してきた
ボトム・サッシュ(木製建具)です。

今日、防水処理等をした新しい建具に入れ替えてきましたから
もう安心ですが、25年でこんな状態になっていました。

一見すると木部の変色と塗装の劣化程度に見えますが、既に木枠の
つなぎ目が外れ、下枠部分が脱落してくる状態でした。

もう少し放置すると、下枠がなくなりガラスの下の方が露出する
状況になりますから、危機的な状態だったと言えます。

これは、窓が3階で周囲に障害物がない状況で南向きであったが
為に、雨がどんどん当たっていたというのが原因です。

また、そういう状態では、建具枠とガラスとの間の防水が切れて、
次第に水が木枠の内部へと侵入します。

そうなると、木が内部から腐り始め、最後にはこのような状態を
作り出すのです。

皆さん、古いサッシの防水処理が如何に必要かが分かりますか?

ペアガラスの内部結露を防ぐ為にも、輸入サッシの防水工事を
行うことをお勧めします。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年06月14日 21時12分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年06月13日
カテゴリ:家のメンテナンス




輸入サッシの網戸の張替えを行った際の写真です。

古くなったグラスファイバーの網(スクリーン)を外そうとして
いる様子ですが、黒い小さなゴムがたくさんあるのが見えますよね。

これ、実は網をフレームに押え付ける為のゴムなんです。

本来は1本の長い糸状のゴムだったんですが、経年劣化でボソボソに
なって千切れてしまったという訳です。

輸入網戸を張り替える場合、耐久性のある網については10~15年で
交換するのが適当ですが、網押さえのゴムについては交換したり、
しなかったりという人が様々います。

私たちは、網を2回張り替える毎にゴムも1回交換しましょうという
提案をしています。

ただ、この写真のように20年以上網もゴムも交換したことがないという
場合には、両方一度に交換する以外に方法はありません。

ただ、こんなにブツブツに切れてしまう状況では、ゴムをフレームから
外すのも一苦労。

キリのような先の尖ったもの溝に差して、少しずつゴムを取り出して
いかなければなりません。

ただ、こうして取り出したはいいが、日本で売っているゴムではうまく
網を押さえられないことがありますから、注意が必要です。

ホームセンターで売っているゴムは、直径3.5mm又は4.5mmしかない
のですが、輸入網戸では約4mmのものの場合が結構あります。

3.5mmだとゴムが緩くて網が外れそうになるし、逆に4.5mmだと
太すぎてゴムが溝に入りづらいなんてことがよくあります。
(この0.5mmの違いは、小さいようで意外と大きいんですよ)

ですから、グラスファイバーの輸入の網を調達するだけでなく、
網押さえのゴムや取っ手、窓に固定する部品、フレームのコーナー
部品なども一緒に調達した方がいいのかどうか、事前にチェック
してから、私たち 専門家にご相談頂くといいかも知れません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年06月13日 18時35分45秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年06月12日
カテゴリ:家のメンテナンス




こちらは、鍵のない室内ドアや玄関ハンドル、内鍵のあるトイレの
ドアに使われるドア・ラッチ。

頭の先にフェースプレートが付いた一般的なラッチではなく、日本では
滅多に見かけなくなった寸胴型のドライブイン・ラッチです。

ドアノブ・メーカーによって、ドア・ラッチの形状は異なるのですが、
こちらはTITAN(現Kwikset)のものになります。

現行のクイックセットのドアノブも、フェースプレートが付いた
ものしか国内では販売されていませんから、このタイプのラッチを
探している人は困っているはずです。

今回もそういうお客様から相談を頂き、予備を含めて3個の
ドライブイン・ラッチをご購入頂きました。

20年以上前に取り付けられた鍵爪のラッチですから、普通なら
ドアノブごと新しいものに交換というのが国産品なんでしょうが、
今でも古い形式の交換部品が手に入るというのは輸入資材ならでは
かも知れませんね。

20年近く前に建てた輸入住宅にお住まいの皆さん、もし調子が悪い
部分があるようなら、交換・修理について一度ご相談頂くといい
かも知れませんよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年06月12日 11時47分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年06月11日




日本の玄関ドアは、ほぼ100%外開きです。

そういうドアの場合、ドアヒンジの心棒や噛み合わせの部分は
外から丸見えの状態となってしまいます。

ということは、ヒンジプレートの噛み合わせ部分を壊されたり、
中心の心棒を抜かれたりすると、ドアヒンジはバラバラになって
ドアは簡単に開いてしまいます。

そういった意味で、欧米では安全な内開きを玄関ドアに採用して
いるのですが、安全意識の薄い日本では未だに外開きにしています。

そこで考え出されたのが、このドアヒンジ取付け型セキュリティ・ピン。

ヒンジのビスを1本外して、この金属製のピンをそこにねじ込みます。

また、その反対側のヒンジプレートのビスを外して、このピンが
差し込めるだけの大きさでそこに穴を明けます。

そうなると、ヒンジが閉じた状態の時にピンは穴に差さりますから、
ピンの周囲を金属製のドアヒンジがガードする状態になります。

つまり、ドアを閉めた時には、この防犯ピンがカンヌキのような
役目を果たして、心棒がなくてもヒンジが固定されてしまうので
万一ヒンジを壊されてもドアは開かないということになります。

また、ドアが閉じた状態ではピンはヒンジに隠れてしまいますから、
ピンを破壊することも出来ません。

これって、空き巣や泥棒にとっては、相当厄介なことですよね。

デッドロックバーを隠すガードプレートとセットにすれば、玄関ドア
の防犯対策としては更に強固になりますから、やっておいて損は
ありません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年06月11日 16時36分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年06月10日
カテゴリ:家のメンテナンス




インシュレート(Insulate)のシングルハングサッシのガラスが
割れたので、交換出来るかとの問い合わせを頂きました。

可動するボトムサッシュ(下側の建具)のペアガラスにヒビが
入っている感じだ。また、よく見ると外側の網戸も同じ場所で
破れているようにも見える。

こういう状況からすると、石や鳥などがぶつかって屋外側のガラスが
割れたと考えるのが普通でしょう。

幸い室内側のガラスの方は無事のようですから、部屋に雨や風が入って
くる心配はなさそうです。

そういった点では緊急性はなさそうですが、ペアガラスの中に水が入って
金属スペーサーを腐食させますし、防犯上も少々気になるでしょうから、
このまま放置する訳にはいきません。

このサッシは2階部分に設置された窓のようですが、ガラスの交換は
外側の建具フレームからしか出来ない構造です。

ということは、交換には外部足場が必要となるのが一般的ですが、
今回不具合を起したのが可動側の下窓ですから、下窓を外して
室内で作業すれば足場が要らない状況です。

これがハメ殺しの上窓だったら、足場の設置などで費用も施工も
少し大変になったかも知れませんが、不幸中の幸いでした。

何れにしても、窓からガラスを一旦外し、厚みを含めた実際の寸法
を計測してペアガラスの製作が必要です。

ガラスが出来上がったら、それを装着しに行かなければなりませんが、
お客様のおうちは関東方面ですから伺うだけでも大変です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年06月10日 13時43分37秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年06月09日
カテゴリ:家のメンテナンス




シングルハングの上げ下げ窓が、開閉出来なくなったということで
ご相談を頂きました。

サッシは、インシュレート(Insulate)社のものらしく、下側の建具
(障子)を上げると、両サイドの窓枠のところにチャネルバランサーが
顔を出しています。

この金属の棒状のバランサーは、本来であれば下窓と一緒に上下して
普段は全く見えない状態になります。

それが下窓から落ちた状態で露出したのは、吊っている紐(糸)が
切れて、下窓内に留まることが出来なくなったからなんです。

10年以上使い続けてきたシングルハングですから、バランサーも
寿命を迎えたと考えていいでしょう。

適合する新しいバランサーを取り付けてあげれば、新築時のように
スムースに開け閉め出来るようになりますし、建具のガタツキも
なくなりますから、早めに修理したいものですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年06月09日 17時59分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年06月08日
カテゴリ:家のメンテナンス




お客様からアライド・ウィンドウ(Allied Windows)という輸入サッシ
メーカーの窓部品についてお問い合わせを頂きました。

このメーカーの窓を現在国内で取り扱いをしている販売会社は存在して
いないようですが、お使いになっている輸入住宅は多いかも知れません。

ただ、このサッシは輸入住宅の黎明期に施工されたケースが多いようで、
メンテナンス寿命も既に大幅に超えていると考えていいでしょう。

今回相談頂いたのは、手動で開け閉めするケースメントサッシの内側に
装着された網戸の小窓部品。

網戸を閉めたまま、その一部を開けてロックレバーにアクセス出来る
ようにする小窓なんですが、その開閉する小窓のヒンジ部分が脱落して
小窓がフレームだけになっているということでした。

ただ、こうした小窓パーツは、現在国内に入ってきている窓メーカー
では採用されているものはありませんし、アメリカでも少々特殊な
存在になっています。

確かに網戸全体を外したり開閉させたりすると、面倒ですし破損の
リスクも増えますから、こうした小窓は便利かも知れません。

今回、網戸を製作する部品メーカーで同じ形状のものを見付けました
から、サイズが合えば調達することが出来るかも知れません。

それにしても、輸入サッシと一言で言っても、いろいろなデザインの
パーツが存在するもんですねぇ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年06月08日 12時55分55秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年06月07日
カテゴリ:家のメンテナンス




収納用のドアとしてよく使われるバイフォールドドア(折れ戸)。

このドアを開閉する為の金具が欲しいということで、写真を送って
頂きました。

プラスチックで出来た部分が割れたり欠損していたりしていますし、
上枠にドアを固定する為の金属部品が少し曲がっているようです。

毎日開け閉めする収納ドアですから、こうした金物も劣化してしまう
のは当たり前ですが、このタイプのものは現在国内では流通して
いないように思います。

勿論、アメリカやカナダであれば手に入るのですが、形が同じように
見えてもサイズが微妙に違うものもありますから、調達するには
注意が必要です。

一番の注意点は、金物が適合する上枠のレールの形状やサイズ。

次に注意が必要なのは、ピボット部品を挿入する為にドアに開けられた
取付け穴の直径(ピボットの下半分になる樹脂部品の直径)です。

これを間違えると、せっかく調達した部品がうまく取り付けられません。

勿論、レールを金物に合ったものに交換したり、ドアを加工したり
すれば使えるようになりますが、再度そうした手配が必要となります。

バイフォールドドアの部品は、よく似たものが一杯ありますから、
よ~く見て調達するようにしたいものです。

あと、ドアの位置や高さ、傾きといったことは、これらの金物で
調整しますから、その原理や方法も部品から判断して理解することが
大切ですよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年06月07日 15時35分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年06月06日
カテゴリ:家のメンテナンス




九州のお客様からサッシ・メーカー不明のシングルハングの窓について
メンテナンスの相談を頂きました。

この建具を上げ下げするのに使うゼンマイ式のコイルバランサーが
切れてしまったので、交換をしたいということです。

また、写真にあるプラスチック製のチルトラッチ(建具を窓枠に固定
しておく為のロック部品)も壊れたものがあるので交換したいそうです。

コイルバランサーのバネについては、バネ強度やサッシの大きさを
確認しないと適切な交換部材が手に入りませんので、窓全体や建具
単体での大きさを確認頂くと共に、建具の重量も教えて頂く必要が
あります。

コイルバランサーの取付けについては、当初ご自身でやられるという
ふうに伺っておりましたが、専用の工具も施工手順も分からないと
いうことでしたので、私共が出張して作業をした方がいいように
思いますとお伝えしました。

次に、チルトラッチですが、写真のようにロックレバーとラッチとが
離れた位置で連動するタイプは、最近の輸入サッシではあまり見受け
られません。

いろいろアメリカの部品メーカーを探してみましたが、この手の
チルトラッチはありませんから、最悪一体型の外付け部品を装着して
対応するしかないかも知れません。。

それに交換しておけば、将来チルトラッチがまた壊れても、比較的
簡単に交換部品を調達出来るように思います。

製品寿命の長いアメリカ・カナダの窓部品ですが、こうして姿を
消してしまうものも存在します。

そういう場合でも、代替えとして使える部材が存在するのが輸入サッシの
いい処ですし、高い気密性や断熱性を考えても、安易に国産のアルミ
サッシに交換することはお勧めしません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年06月06日 15時31分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年06月05日
カテゴリ:家のメンテナンス




先日、お近くにお住まいのお客様が突然来社されて、輸入サッシの
網戸を修理出来ないかという相談を頂きました。

当初お客様は、作り直すことをお考えでしたが、網戸の状態を
伺ってみると、壊れたり劣化したりした部品を交換するだけで
網戸を再生出来るかも知れません。

そこで、状態を見る為に、実際の網戸を会社までお持ち頂きました。

修理したい網戸は、3枚。全ての網戸で、スクリーンは白く劣化して
いました。

そして、一番大きな網戸は、フレームのコーナー部品が割れて
四角い形状を維持出来ないという状態でした。

また、小さい網戸は、取っ手部品が脱落してどこかに行って
しまったようです。

コーナー部品や取っ手部品は、プラスチックで出来ていますから、
紫外線によって15年程度で劣化してきます。

ただ、フレームはアルミで出来ていますから、折れ曲がったり
しない限り、そのまま使うことは可能です。

今回は、アルミフレームや網戸を固定するパーツは大丈夫でしたから、
フレーム・サイズに適合するコーナー部品と樹脂製の取っ手を
調達すれば、新しく網戸を作る必要はありません。

勿論、フレームなどの部品に不具合がある場合でも、交換部材が
手に入れば以前の網戸に戻すことは可能ですし、全体的に状態が
悪ければ、新しい網戸を作ることも出来ますよ。

輸入部品は、様々な形状・サイズがありますから、私たちのような
専門家に網戸の補修を相談して下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2019年06月05日 09時35分00秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全3240件 (3240件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.