2499600 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ホームメイドの資材紹介 ~Home Made~

PR

全1261件 (1261件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >

家のメンテナンス

2020年09月04日
XML
カテゴリ:家のメンテナンス




先日、大阪府吹田市でローウェン(Loewen)のスライディング・パティオドア
の戸車部品を交換してきたという記事を書かせて頂きましたが、そこから
外してきた古い戸車がこちらです。

ローラー部分を含めて、全て鉄で出来ているのが分かりますね。また、
一見しただけでは分かりませんが、ローラーが多少変形していました。

100kg近い大きなドアを支えていたのですから、その堅牢さは推して測る
べしですが、金属でも歪むんですね。

掃出しサッシのドアや網戸には、こうしたローラー部品が取付けられて
いるのですが、その多くは高さを調整する機能が付属しています。

写真上が最大限ローラーを本体から出した様子で、下がローラーを引っ込めた
状態です。

その出し入れの差は、おおよそ10mm。つまり、これだけドアや網戸の高さを
上下させることが出来るということです。

また、こうした戸車部品は、建具下の2ヶ所に付いていますから、建具の
左右で高さを変えることも可能です。

万一ドアや網戸が傾いたりしてきても、こうした調整機能で水平・垂直を
保つことが出来るということです。

ただ、ドアの重量が相当ある場合、この戸車に掛かる力も相当なものに
なってきますから、そう簡単に戸車を上げ下げするという訳にはいかない
かも知れません。

また、それを無理やりやろうとすると、調整ビスの穴を舐めてしまう
恐れがありますから、そうなったら調整が出来なくなります。

お客様自身でトライするのはいいことですが、道具や知識がない状態
であれば、私たちのような専門家に一度任せてみることも必要ですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2020年09月04日 14時26分25秒
コメント(0) | コメントを書く


2020年09月03日
カテゴリ:家のメンテナンス




気象観測上最強クラスの台風10号が、九州方面に近づいています。

地球温暖化でそのうちこのクラスの台風は、年に何度か来るように
なると思いますが、未だに政府は石炭火力発電所は必要だし、プラント
輸出も続けると言っています。(政府は災害が起こってからでしか、
全力で復旧に努力するとしか言いません。・・・不思議です)

総裁選挙で大騒ぎしている場合じゃないと思いますが、そういう人たちを
選んでしまった私たち 国民に責任がありますね。

さて、今回はミルガード(Milgard)製シングルハング・サッシに付いて
いるトップガイドと呼ばれる部品を交換してきました。

この部品は、可動する下窓建具(障子)の両サイドに付いているのですが、
チャネルバランサーを建具内に固定する為に不可欠な部品です。

この場所には常にバランサーが上に上がろうとする力が掛かりますから、
劣化や破損する可能性があります。

そこで、そうなった時にいつでも交換が出来るように、取外しが可能な
樹脂部品であるトップガイドを装着しています。

この部品の交換頻度は、10~15年程度。もし建具とサッシ枠との間から
バランサーが顔を出してきたら、トップガイドが傷んできた証拠です。

逆に、建具の下からバランサーが落ちてくるようなら、それはバランサー
自体のバネやヒモが不具合を起していますから、バランサーを交換すべき。

シングルハングのトップガイドやバランサーは、窓メーカーによって形状や
大きさが違いますから、適合するサイズのものを選ぶことを忘れずに。

他にもシングルハングがおうちに付いているようなら、不具合のある窓
と一緒に正常な窓も部品交換しておきましょう。

部品の寿命はおおよそ同じですから、正常なものもすぐに交換が必要と
なりますので、一緒に交換した方が輸入経費や取付け代もお値打ちです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2020年09月03日 17時57分00秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年08月31日
カテゴリ:家のメンテナンス




台風9号の暴風圏が沖縄に掛かりそうな状況で、ここ名古屋でも
何某か風が少し吹いてきているような気がします。

さて、今回岐阜県大垣市のお客様から、トイレの輸入サッシのガラスが
割れたので、修理がしたいというご相談を頂きました。

このサッシは、マーヴィン(Marvin)製のオーニング・サッシで、建具の
下側が外にせり出してくる形式の窓です。

トイレということもあって、透明なペアガラスの室内側には目隠し用の
フィルムが張ってありました。

本来ペアガラスは、熱割れを防止する観点からフィルムを張ることは
お勧め出来ないので、型ガラスが入ったものをメーカーに依頼して作って
もらうのが普通です。

今回割れたのは外側のガラスですから、内側にフィルムが張ってあっても
飛散防止にはならないのですが、トイレから割れたガラスがはっきり見えない
というのは、精神衛生上少しいいかも知れません。

割れた部分はピンポイントで小さいのですが、それでもそこから雨や
湿気がペアガラス内に侵入します。

そうなるとどんどんガラスが曇ったり、苔のような緑色のものは覆ってきたり
しますから、早めに建具を交換すべきかも知れません。

マーヴィンのサッシは基本ガラスのみの交換が出来ませんから、建具をメーカー
に依頼して作ってもらわなければなりませんが、昨今のコロナの影響からか、
納期が4~5ヶ月も掛かるようになりました。

ですから、すぐに何とかして欲しいとなっても、それに十分お応えする
ことは難しいのです。

これからの台風シーズンを前にして輸入サッシが問題を抱えていると、
雨風が室内に侵入したり、風でガラスが割れたりする危険性もありますから、
修理や養生・メンテナンスをしておいて損はありません。

あと、加入している火災保険で保障が利くかも、念の為確認しておいた方が
いいかも知れませんよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2020年08月31日 19時04分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年08月30日
カテゴリ:家のメンテナンス




私共が以前に書いた記事をご覧になったお客様から、同じサッシと思われる
掃出しサッシの鍵の調子が悪いとのご相談を頂きました。

その掃出しサッシは、サミット(Summit)の樹脂サッシで、既に会社は
他社に吸収合併されています。

新築した工務店は、当然そんなサッシの部品手配や修理などは出来ない
ようで、お客様ご自身で交換作業をするので、部品だけ調達出来ないか
とのお問い合わせでした。

ロックレバーを上下に動かしても、ロックラッチ(鍵爪)が十分出て
こなかったり、出ていても今度は中に入らなかったりするようです。

まだ動いているうちはいいですが、内蔵されたバネが完全に切れて
レバーとラッチが同調しなくなったりしたら、鍵が掛からないとか
鍵が開かないとかいうことになりますから、すぐに対処が必要です。

こういう場合、鍵爪が内蔵されているロックケースと呼ばれる金物を
交換すれば直りますが、サッシ・フレームの中に入ってしまっているので
素人の方では作業を躊躇してしまうかも知れません。

また、ロックラッチが破損した原因というものがありますから、部品だけを
交換しても根本的な問題は残されたままになります。

何故壊れたのか、壊れる前はどうだったのか、どういうことをしたら
壊れたのか、といったことをよく考えてメンテナンスをすることが大切です。

このお客様は、ロックレバーも将来破損するリスクがあるので、そちらも
一緒に手配をして欲しいとのご依頼でした。

よ~く私共のブログ記事をご覧になっていらっしゃる方ですねぇ。

輸入住宅にお住まいの皆さんも、出来るだけたくさんの記事を読んで
今後発生するであろうメンテナンスを予防したり、備えたりして
頂けると、毎日記事を書かせて頂く意味があると思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2020年08月30日 19時39分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年08月29日
カテゴリ:家のメンテナンス




昨日、20年以上前に取り付けられたトステムのアルミサッシを修理して
きました。

輸入住宅ビルダーの私がどうして国産サッシのメンテナンスに行くのか
と思われた方もいると思いますが、当時の上げ下げ窓には輸入のパーツが
一部使われていたのです。

それが、スパイラルバランサーと呼ばれる建具の吊り金物。

金属の棒状のものがそれなんですが、実は古いバランサーはこの形状の
ものとは少し違うものが付いていました。

勿論、古いバランサーと同じものは、今でも手に入れることは可能なんですが、
その先に取り付ける樹脂製のバランス・シューの形状から考えると、
既存のものと同じでは取付けが難しいと考えました。

そこで、このサッシの溝の中に入る大きさのバランス・シューとそれに
適合するスパイラルバランサーを、ダメ元でいくつかピックアップして
輸入しました。

それらを持ち込んで、実際にサッシに合わせてみると、既存のものと
組み合わせて使う部品類はことごとく使えませんでした。

そこで、全く違う部品類を使って、既存のサッシ枠や建具に装着出来るか
試行錯誤を繰り返してみた処、このようにうまくバランサーを交換し、
窓を復旧することが出来ました。

トステムは、既にこのタイプの窓のアフターサービスをしていませんし、
部品類の在庫もありません。

国産サッシに輸入の窓部品。こんな組み合わせでサッシを直せる人間は、
恐らく日本でも私だけかも知れませんね。

でも、この組み合わせを思い付くに当たって、その他多くの部品を調達して
いましたから、それらの調達費は勉強代ですね。まあ、何かに使える
時も、そのうち来るかも知れませんし・・・。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2020年08月29日 11時23分37秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年08月28日
カテゴリ:家のメンテナンス




昨日、クイックセット(Kwikset)社製玄関ハンドルセット「アーリントン」
の不具合で、玄関ドアが使えなくなって困っているという相談がありました。

写真を送って頂くと、ハンドルの上に装着されているはずの開閉レバーが、
脱落しているではないですか。

こうなると、屋外レバーでドアラッチを操作することが出来ませんから、
室内側のドアノブでしかドアが開けられなくなってしまいます。

ですから、うっかり玄関ドアから外にお出かけしようものなら、家から
締め出されてしまう状態になってしまいます。

勿論、勝手口ドア等の別の出入り口を使って外に行けばいいのですが、
家族が玄関ドア用のキー以外持っていないという場合は、困ってしまいます。

まあ、そんな時は勝手口の合鍵を家族分作れば済みますが、それも結構
面倒ですし、第一勝手口などがないという場合はどうしようもありません。

こうした不具合は、何らかの原因でドアハンドル内部の部品にトラブルが
発生して、レバー部品との連結が切れてしまったことが原因です。

こういう場合、不具合のある部品だけを交換出来ないかという人がいますが、
メーカーは小部品のみの供給はしてくれません。

また、もし運よくその部品だけを手に入れられたにしても、長年の使用で
その他の部品も金属疲労や経年劣化を起しています。

ですから、一時的に直ったとしても、近い将来別の部品に不具合が生じて、
また修理を頼まなければならなくなりますから、交通費や施工費だけでも
何度も負担をしなければなりません。

こういう時は、ちょっともったいないと感じても、新しいハンドルセットに
交換してもらうことの方が、遥かに安心ですし長持ちします。

愛着があっても、機械ものには寿命があります。よく使うものは、
定期的に新しくするようにしたいものです。

今回は、部材が来るまでの間、一時的に玄関ドアを使えるようにして
差し上げましたから、取り敢えず出入りに支障は出ませんでした。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2020年08月28日 23時00分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年08月27日
カテゴリ:家のメンテナンス




昨日、ヴァイスロイ(Viceroy)社の掃出しサッシのドアハンドルについて
記事に書かせて頂きましたが、今回は同社の開き窓のケースメント。

庭の芝生に粉々になった窓の白い建具が落ちていますが、お客様曰く
2階の窓を開閉していたら、突然建具が外れて庭へ落下したそうです。

通常ケースメントサッシの建具は、建具の上下に付いたウィンドウヒンジと
呼ばれる金物によって支えられています。

この金物が錆びてくるということはよくありますが、この錆びが金物の
金属疲労を起こして脱落してしまうというのは、あまり記憶にありません。

勿論、脱落しそうなくらい酷いことはよくありますが、例えそうであっても
それは建具の下端に付いているものだけであって、上端に付いているものは
そう簡単には外れません。

でも、今回はその両方が外れて落下してしまったということです。

ペアガラスが割れているのは仕方ないですが、ご覧の通り白いフレームまで
割れています。

このサッシは、樹脂で出来ていますし、ヴァイスロイは既にありませんから、
同じような形状のサッシを製造している輸入窓メーカーにお願いして
適合する大きさで再製作してもらう必要があります。

勿論、気密や防水の為のウェザーストリップやウィンドウヒンジ等の金物類も
新しく調達する必要はありますが・・・。

それにしても、何の前兆もなく建具が外れるというのは、本当に珍しい
ことだと思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2020年08月27日 19時34分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年08月26日
カテゴリ:家のメンテナンス




最近、カナダ ヴァイスロイ(Viceroy)社の輸入サッシで、いくつか
お問い合わせを頂いております。

以前何度か記事に書きましたが、ヴァイスロイは既に会社がなく、
同社の窓を輸入・施工していたセルコホームを始め、国内の輸入住宅
メーカーは、アフターサービスをほぼ中止・終了している状況のようです。

ただ、メンテナンスも大丈夫と言われておうちを建てた一般のお客様
にとって、それを了解出来る心境にはならないかも知れません。

勿論、住宅会社自体が倒産・廃業してしまった場合は、仕方ないと
諦めるしかありませんが、事業を継続しているという場合は、最後まで
面倒をみるという気概が欲しいところです。

今回は、一宮市のお客様のおうちですが、スライディング・パティオドア
(片引きの掃出しサッシ)のドアハンドルが破損してしまったというもの。

取っ手が破損すると使い勝手も悪いですし、防犯上も気になる処です。

ヴァイスロイの部材は、結構独特のものが多く、入手するのが難しい
ものも多くあります。

このドアハンドルも同様で、そこに付いているロックレバーやロック金物も
他のサッシ・メーカーでは見掛けないものです。

幸い私たちは部品の入手ルートを確保していますから、調達・修理は
今の処可能です。

今回もハンドルが破損した原因は、経年劣化だけでなく、ロック部材の
不具合や調整不足、ドア自体の建て起こし(水平・垂直)といった問題
ではないかと推測出来ますから、それらの交換・調整が必要です。

ヴァイスロイのサッシでは、ダブルハング等の上げ下げ窓のバランサー
も特殊な交換方法・工具が必要ですから、お困りの方は多いでしょうね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2020年08月26日 14時05分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年08月25日
カテゴリ:家のメンテナンス




新潟市のお客様から幅が80cm以上ありそうなオーニング・サッシについて
ご相談を頂きました。

電話で窓メーカーを聞いたのですが、確かサーティンティード社でなかったか
と思います。

このサッシは、長いアームを持ったオペレーターと呼ばれる開閉金物によって
建具の下側が外へと開いていくという形ですが、そのオペレーターの回転軸が
折れて、クランクハンドルごと抜けてくるといった状態でした。

大きなサッシですから、その重量を支えながら開閉をしなければいけませんから、
オペレーターへの負担は結構あるかも知れません。

また、屋外側の窓枠には、砂やホコリのような汚れが付着しているようですから、
こうしたものがギアや可動部に噛んでしまい、動作に支障を与えたかも知れません。

これ程大きなオペレーターは、あまり見掛ける機会がありませんが、北米から
ちゃんと調達することは可能です。

ただ、このサッシは3階の屋根裏部屋にあるらしく、身を乗り出して金物を
取外し・取付けするという作業は、結構大変です。

小さな部品も付属品でありますから、落とさないように気を付けないと
いけませんね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2020年08月25日 18時52分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年08月24日
カテゴリ:家のメンテナンス




現地調査から10ヶ月以上掛かって取り組んできたミュレシェフェンスター
(Myresjö Fönster)のドア・ロック金物の交換案件。

観音開きのトリプルガラス入りフレンチドアに付いているステンレス製の
マルチロック金物ですが、サッシ・メーカーは既に生産を終了していて、
新しく一から作らなければいけませんでした。

ドアの側面の上から下まである長いステンレス板にいくつもの部品が
付いているというデザインで、その部品類も廃番になっているものが
ありますから、出来るだけ形状が同じものを板の上へスウェーデンの
金物メーカーで取り付けてもらいました。

勿論、同じ大きさではありませんから、ドアの木部をノミやマルチツールで
加工して、どうにか金物をドアに挿入しなければなりません。

今年の4月には製作してもらった金物を取付けに伺いましたが、それが微妙に
寸法が合わず、再度寸法を取ってきただけでお釈迦になってしまいました。

そして、今回再度新しい金物を調達して取付けに伺ってきました。

現場は、兵庫県の神戸市ですから名古屋から行けば4時間近く掛かります。
ですから、再度の失敗は許されません。

全く同じ金物という訳ではありませんから、既存のドアの状況に合わせて
いくつもの部分を調整してはまた外し、また調整しては取り付けるといった
ことを何度もやってようやく使える状態にまで持っていくことが出来ました。

いや~、こんな面倒で大変な作業は、早々お目に掛かれないかも知れません。

でも、私たちがやらなければ、誰もこんな修理はやってくれませんから、
やるしかないといった感じでした。

お陰で私共が負担した費用や時間はたくさん掛かってしまいましたが、
お客様にも喜んで頂けましたから、まずまず成功じゃないでしょうか。

<関連記事>: ミスしてまじで凹みました (2020年4月6日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。






Last updated  2020年08月24日 19時25分55秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1261件 (1261件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.